特徴

製品情報をご確認ください または 認証機関による最新情報に関しましてはお問い合わせください。 

製品のタイプの特徴

  • ヘッダーのタイプ  シュラウド付き

  • コネクタ タイプ  ケーブル対基板

  • シュラウド付き  はい

  • 列間スペーシング (mm) 1.5

  • コネクタのスタイル  パドル ボード

  • プロファイル  標準

  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先  プリント基板

  • ワイヤ/ケーブルのタイプ  リボン ケーブル

  • コネクタのタイプ  コネクタ アセンブリ

  • コネクタのタイプ  Paddleboard

  • ボード スタンドオフ  あり

  • 製品タイプ  コネクタ

構成の特徴

  • 極数  4, 6, 8, 10, 12, 14, 16, 18, 20

  • PCB マウント向き  垂直, 垂直

  • 排出ラッチ  なし

電気的特性

  • 動作電圧 (VAC) 100

  • 絶縁抵抗 (MΩ) 1000

  • 動作電圧 (VDC) 100

ボディの特徴

  • ディジー チェーン  なし

端子の特徴

  • 端子のベース材質  銅合金

  • PCB 端子結線面のめっき材料 

  • 端子の下地めっきの材料  ニッケル

  • Contact Current Rating (Max) (A) 1.3

  • 端子嵌合面のめっき材質  ニッケル下地めっきの上に、錫めっき

  • 端子のタイプ  ピン

  • 端子結線面のめっき厚  3 – 5 µm [ 118.11 – 196.85 µin ]

  • 端子嵌合面のめっき厚  3 – 5 µm [ 118.11 – 196.85 µin ]

  • 真空テープ  なし

  • 端子伝導性 (代表値)  信号 (データ)

  • 端子のデザイン  圧入

  • 端子結線面のめっき材質  ニッケル下地めっきの上に、錫めっき

結線の特徴

  • プリント基板に対する結線方法  スルー ホール

  • ワイヤ & ケーブルへの結線方法  圧接 (IDC)

  • 結線ポストの長さ  3.2 mm [ .125 in ]

機械的アタッチメント

  • パネル マウント機能  なし

  • PCB マウント アラインメント  あり

  • ハウジングによる端子保持  圧入

  • PCB マウント リテンション  あり

  • PCB マウント リテンション タイプ  キンク付きはんだテール

  • 嵌合調整のタイプ  分極

  • 嵌合コネクタ ロック  なし

  • 嵌合調整  なし

  • 嵌合保持  なし

  • 極性  なし

ハウジングの特徴

  • Centerline (Pitch)  1.27 mm [ .05 in ]

  • ハウジングの材質  ポリエステル GF

  • ハウジングの色 

寸法

  • 絶縁直径  .9 mm [ .035 in ]

  • ワイヤ/ケーブルのサイズ  .08 – .09 mm², 28 AWG

  • PCB 厚 (推奨)  1.6 mm [ .062 in ]

  • 高さ  5.1 mm [ .2 in ]

  • 長さ (mm) 11.1, 13.6, 16.2, 18.7, 21.3, 23.8, 26.3, 28.9, 8.6

  • 長さ (in) .339, .437, .535, .638, .736, .838, .937, 1.035, 1.138

使用条件

  • 使用温度範囲 (°C) -30 – 85

業界スタンダード

  • UL 難燃性グレード  UL 94V-0

実装の特徴

  • 実装方法  リール

  • パッケージ数量  2500

関連資料

データ シート/カタログ ページ

利用規約

本データを使用する前に免責事項をご確認ください。本データを使用した場合、以下に示す利用規約に同意いただいたものとみなします。

免責事項:

この情報は、お客様にご利用いただくため無料で提供しておりますが、TE Con​​nectivity Corporation(以下「TE」という)、またはSnapEDA 社 またはUltra Librarian / EMA Design Automation 社(以下総称して「 甲」という)の排他的財産となります。

甲は、正確性を確保するために妥当な努力を払っていますが、正確性を保証するものではなく、情報が完全に正確かつ最新のものであることを保証するものではありません。多くの場合、CADデータは、お客様が使用するために重要なインタフェース幾何学的詳細を維持しながら独自の情報を取り除き簡素化しております。甲は、黙示による保証、商品性の保証、または特定の目的へ適合性の保証を含めて、あらゆる黙示的保証を明確に行わないものとします。