この製品の構成と価格を今すぐ確認する

概要

PR 812 および PRH 812 シリーズの AC LVDT は、PR 750 シリーズの直径 0.812 インチ (20.6 mm) バージョンで、主にレガシーの OEM 用途で使用することを目的に設計されているため、新しい設計には推奨されません。 PR 750 シリーズはほとんどの用途で、サイズやレンジが同等の競合他社製品を使用している OEM またはユーザにとって、形状、構造的適合性、機能の面でコスト効率の高い代替 LVDT となります。PR 750、PR 812、PRH 812 シリーズ ユニットは、±0.050 インチ (±1.25 mm) ~ ±10 インチ (±250 mm) のフル スケール測定レンジをご用意しています。PR 750 および PR 812 シリーズ ユニットでは芯線からボアまでの半径方向のクリアランスが 0.031 インチ (0.75 mm) で、PRH 812 シリーズでは芯線からボアまでの半径方向のクリアランスが 0.062 インチ (1.6 mm) です。供給される芯線の標準的な直径は 0.25 インチ (6.35 mm) です。PR シリーズ センサは、LVDT 技術に関連する高い分解能、優れた再現性、および低いヒステリシスを備えているだけでなく、良好な線形性と一致する最高の感度を発揮します。PR シリーズ センサの最大線形性誤差は、最小二乗法で統計的に得られる最良適合直線を使用して、フル レンジ出力の ±0.25% となります。 

特長

  • 直径 0.750 インチおよび 0.812 インチを用意
  • レンジは ±0.05 インチ ~ ±10 インチ (±1.25 mm ~ ±250 mm)
  • ±0.25% 未満の非線形性
  • 220°F (105°C) の使用温度
  • IEC IP-61 に準拠して密閉されたコイル アセンブリ
  • 磁気でシールドされた SS ハウジング 

特徴

製品情報をご確認ください または 認証機関による最新情報に関しましてはお問い合わせください。 

電気的特性

  • 供給電圧 (V) 3

  • 電気接続  リード

信号特性

  • 励起周波数 (kHz) 2.5

ボディの特徴

  • スプリング式  セパレート コア, セパレート コア

ハウジングの特徴

  • ハウジングの材料  ステンレス鋼

  • ハウジング直径 (mm) 19.05, 20.6

  • ハウジング直径 (in) .75, .812

使用条件

  • 使用温度  -55 – 105 °C [ -67 – 221 °F ]

業界スタンダード

  • IP 定格  61

その他

  • 幅広いストローク範囲 (mm) ±1.27, ±101.6, ±12.7, ±127, ±190.5, ±2.54, ±25.4, ±254, ±5.08, ±50.8, ±76.2

  • 幅広いストローク範囲 (in) ±.05, ±.1, ±.2, ±.5, ±1, ±10, ±2, ±3, ±4, ±5, ±7.5

  • 線形性 (% of Span) ±.25

関連資料

データ シート/カタログ ページ

利用規約

本データを使用する前に免責事項をご確認ください。本データを使用した場合、以下に示す利用規約に同意いただいたものとみなします。

免責事項:

この情報は、お客様にご利用いただくため無料で提供しておりますが、TE Con​​nectivity Corporation(以下「TE」という)、またはSnapEDA 社 またはUltra Librarian / EMA Design Automation 社(以下総称して「 甲」という)の排他的財産となります。

甲は、正確性を確保するために妥当な努力を払っていますが、正確性を保証するものではなく、情報が完全に正確かつ最新のものであることを保証するものではありません。多くの場合、CADデータは、お客様が使用するために重要なインタフェース幾何学的詳細を維持しながら独自の情報を取り除き簡素化しております。甲は、黙示による保証、商品性の保証、または特定の目的へ適合性の保証を含めて、あらゆる黙示的保証を明確に行わないものとします。