タタ・コミュニケーションズ

ケース スタディ

THE CHALLENGE

シンガポール、香港、東京、ベトナム、およびフィリピンを結ぶマルチテラビット システムを構築すること

状況

SubCom が構築した Tata Communications の 6,700km に及ぶ TGN-IA は、シンガポール、香港、東京、ベトナム、およびフィリピンを結ぶマルチテラビット システムです。このシステムは、アジア太平洋地域全体に経路の多様性を実現し、国際接続をさらに強固にするという継続的な必要性を満たしながら、この地域の開発を促進しています。 

ソリューション

Tata Communications と SubCom は密接に協力し、地震などアジア太平洋地域の危険な場所を避けるように、ケーブルシステムを戦略的に設計して経路を決定しました。 

SubCom の技術は、箱につなげば稼働しました。ケーブルを適切な場所に配置すれば、そこに 25 年間とどまって機能します。
Simon Cooper,
Tata Communications のネットワークおよびソリューション担当上級副社長
タタ・コミュニケーションズ

ケース スタディ

THE CHALLENGE

シンガポール、香港、東京、ベトナム、およびフィリピンを結ぶマルチテラビット システムを構築すること

状況

SubCom が構築した Tata Communications の 6,700km に及ぶ TGN-IA は、シンガポール、香港、東京、ベトナム、およびフィリピンを結ぶマルチテラビット システムです。このシステムは、アジア太平洋地域全体に経路の多様性を実現し、国際接続をさらに強固にするという継続的な必要性を満たしながら、この地域の開発を促進しています。 

ソリューション

Tata Communications と SubCom は密接に協力し、地震などアジア太平洋地域の危険な場所を避けるように、ケーブルシステムを戦略的に設計して経路を決定しました。 

SubCom の技術は、箱につなげば稼働しました。ケーブルを適切な場所に配置すれば、そこに 25 年間とどまって機能します。
Simon Cooper,
Tata Communications のネットワークおよびソリューション担当上級副社長