Marta Santamaria
Marta Santamaria
電子試験機器を使用することは、わたしたちの提供するすべてのエンジニアリング ソリューションにとって、お客様に最良の製品性能を提供するために不可欠です。

Marta Santamaria は、TE Rail の HV (高電圧) エンジニアリング部門の学士製品開発エンジニアです。Marta は 2013 年 6 月にサラゴサ大学 (スペイン) の電子工学部を卒業しました。 その後、Marta は エラスムス ムンドゥス学生交換留学プログラムで英国に渡り、レクサムのグリンドゥル大学で電気電子工学を修了しました。

 

HV 鉄道分野の学士製品開発エンジニアとして、2014 年 4 月に TE に入社しました。Marta は、鉄道部門が招聘した鉄道産業に精通した知識を持つ次世代のメンバーの 1 人です。現在の役職では、自社試験の自動化を担当し、HV エンジニアリング チームの他のプロジェクトをサポートしています。

1

仕事をしていて最も楽しいことはどういった点ですか?

一番好きなのは、日々新しい発見があることです。何かしら新しい課題があり、新しい知識を学び、これまでやったことのなかったことを行うのです。 

製品開発エンジニアとしての私の仕事は進行中であり、経験と実生活の用途を通して継続的に開発することです。特に、鉄道産業の HV では、各プロジェクトに合わせたオーダーメードのソリューションを設計しなければなりません。絶え間なく変化し続ける課題によりやる気を持ち続けることができますが、時には難関に直面し進めてきたことがガタガタと揺れることもあります。しかし、成し遂げた成果によって、それまでの懸命の努力が報われます。

2

エンジニアになっていなかったら何をしていたと思いますか?

子供の頃から常にクリエイティブな人間で、教育を通じて芸術と設計を学習していました。建築を選んでいたと思います。それは、芸術と技術の組み合わせとも言えます。どちらも私が最も興味を持っている分野です。

したがって、建築は私にとって非常に魅力的な職業です。工学に出会うことがなかったとしたら、おそらくその職業を選んでいたでしょう。

Marta Santamaria
Marta Santamaria
電子試験機器を使用することは、わたしたちの提供するすべてのエンジニアリング ソリューションにとって、お客様に最良の製品性能を提供するために不可欠です。

Marta Santamaria は、TE Rail の HV (高電圧) エンジニアリング部門の学士製品開発エンジニアです。Marta は 2013 年 6 月にサラゴサ大学 (スペイン) の電子工学部を卒業しました。 その後、Marta は エラスムス ムンドゥス学生交換留学プログラムで英国に渡り、レクサムのグリンドゥル大学で電気電子工学を修了しました。

 

HV 鉄道分野の学士製品開発エンジニアとして、2014 年 4 月に TE に入社しました。Marta は、鉄道部門が招聘した鉄道産業に精通した知識を持つ次世代のメンバーの 1 人です。現在の役職では、自社試験の自動化を担当し、HV エンジニアリング チームの他のプロジェクトをサポートしています。

1

仕事をしていて最も楽しいことはどういった点ですか?

一番好きなのは、日々新しい発見があることです。何かしら新しい課題があり、新しい知識を学び、これまでやったことのなかったことを行うのです。 

製品開発エンジニアとしての私の仕事は進行中であり、経験と実生活の用途を通して継続的に開発することです。特に、鉄道産業の HV では、各プロジェクトに合わせたオーダーメードのソリューションを設計しなければなりません。絶え間なく変化し続ける課題によりやる気を持ち続けることができますが、時には難関に直面し進めてきたことがガタガタと揺れることもあります。しかし、成し遂げた成果によって、それまでの懸命の努力が報われます。

2

エンジニアになっていなかったら何をしていたと思いますか?

子供の頃から常にクリエイティブな人間で、教育を通じて芸術と設計を学習していました。建築を選んでいたと思います。それは、芸術と技術の組み合わせとも言えます。どちらも私が最も興味を持っている分野です。

したがって、建築は私にとって非常に魅力的な職業です。工学に出会うことがなかったとしたら、おそらくその職業を選んでいたでしょう。