公共輸送の未来

トレンド

未来の世界を
一足早くお届けします

~Fast Lane to the Future~
もうあわててバス停まで走っていくことはなくなるでしょう。そう遠くない未来、バス自体があなたのところへ来てくれるようになるからです。

Author

Wired Brand Lab (in collaboration with TE Connectivity)
Image Credit: Thomas Porostocky
Originally published on Wired.com

公共輸送の未来。 Olli はオンデマンドの無人運転車で、近場のちょっとした旅行や急ぎの通勤・通学者を交通ハブに送り届けることを目的に設計されています。スマホを操作するだけで、電気駆動の Olli を呼び寄せることができるのです。つまり、スマホを持つ自分自身が停留所になります。Local Motors によって開発され、認知学習技術を基に運行されるこの乗り物は、さまざまなセンサを搭載しており、最大 12 人の乗客を運ぶことができます。Olli は既にワシントン DC 周辺の私道で試験運行を完了しており、現在全世界に向けた活動の一環で、各地のモーター ショーに出展しています。

 

Olli の外観は未来的とは言えません。車体は大きな窓を持つ四角形で、テーマパーク内を周回しているバスのようです。しかし、その姿は来たるべき未来を垣間見せています。次世代の公共輸送に必要となるのは、スチール、舗装道路、レールではなく半導体や無線信号です。これは人間が集団で移動する交通手段において、自動車の登場以来最大の劇的変化をもたらすだろうと専門家は語っています。

 

「考え方の根底にあるのは ”コネクテッド ジャーニー” です」。TE Connectivity (TE) で 鉄道 部門の事業開発リーダーを務める Wes Gilbert 氏はこのように語ります。「さまざまな形態の輸送手段を1つのサービスへ一体化するにはどうすればいいでしょうか?その答えは、データを収集し、サービスを連携させて旅行者を目的地に送り届ける、という発想から生まれました。」

 

あと数年もすれば、まさにこのようなことを行う新しいサービスやソリューションが数多く登場し、公共輸送とプライベート輸送の境界があいまいとなり、人々はパーソナライズされた効率的なサービスを受けられるようになります。

  1. 鉄道性能の向上 (英語)

ストレスおよび極端な条件を感知できるインテリジェント材料から、ピーク性能で鉄道システムの稼働を維持する材料科学の進歩に至るまで、TE Connectivity は、鉄道性能を向上させる新しいソリューションを生み出します。

今はタイミング的にも好機です。 自家用車はしばしば個人主義の究極的象徴と見なされますが、交通渋滞は今や毎日の通勤を蝕み、人々の神経を疲弊させて予算を圧迫しています。その結果、公共輸送の需要が増加。実際に、Federal Transit Agency が発行した最新の "National Transit Summary & Trends" レポートによると、公共輸送機関の利用者数は過去 10 年間で 20% 増加し、1957 年以降最大のレベルに達しています。2014 年の American Public Transportation Association の発表によると、米国人が公共輸送機関を利用した回数は 108 億回でした。これまでに乗客が支払った料金は年間約 150 億ドルに上ります。
 

ただし優れた公共輸送には多くの利点もあります。2011 年、都市部の米国人は公共輸送のおかげで 8 億 6,500 万時間の移動時間と 4 億 5,000 万ガロンの燃料を節約しました。公共輸送は経済的にも意味があります。公共輸送に 10 億ドル投資されるたびに、50,000 件を超える雇用が創出されます。さらに、サービスの良い公共輸送機関の近くに不動産を所有している場合、住宅の価値が平均 42% 高くなっています。

 

けれども人口が中央に移動し、都市に住む人が増え続ける中で、輸送システムの古さが露呈し始めています (都市に住む人の数が世界人口の大部分を占めたのは 2007 年 からです)。今年、ワシントン DC は SafeTrack プログラムを導入し、地下鉄の大部分を地域ごとに順次 閉鎖 して補修を開始しました。このような措置が取られたのは、数十年間続けられきたその場しのぎの保守メンテナンスではもはや不十分となったためです。平日には毎日 75 万人が地下鉄を利用します。デトロイト、ニューヨーク、マイアミなどの都市も、老朽化し始めた公共輸送インフラに悩まされています。「第 1 世代の投資の耐久年数は既に過ぎています」。Eno Center for Transportation の社長兼 CEO、Robert Puentes 氏はこのように語ります。「これは 国家的な大問題なのです」。.”

優れた公共輸送には多くの利点があります。

「優れた公共輸送には多くの利点があります。2011 年、都市部の米国人は公共輸送のおかげで 8 億 6,500 万時間の移動時間と 4 億 5,000 万ガロンの燃料を節約しました。公共輸送は経済的にも意味があります。公共輸送に 10 億ドル投資されるたびに、50,000 件を超える雇用が創出されます。」

既存の公共輸送システムは世界中の多くの地域で既に限界を超えています。 もはやバス、列車、路面電車の本数を増やすだけでは十分ではありません。新しい技術 (とそれによって生み出されたデータ) を活用することが、移動をスマート化するための鍵となるのです。交通の流れ、天気、駐車場、道路状況など、さまざまな種類のデータをより多く収集・活用することで、交通局のシステム性能を向上させて交通渋滞を軽減し、それを移動時間の短縮や炭素排出量の削減につなげることができるのです。

インテリジェントな輸送システムは既にライト レールや地下鉄の制御に使用されており、そのおかげでラッシュアワー時にも事故の危険なしに多くの列車が軌道上を走行できるのです。改良を重ねてきたセンサ技術とデータ分析能力は、公共輸送システムのトラフィック管理にとどまらず、より広範な予知保全をも可能にしています。これにより、実際に部品が故障する前に故障の可能性を検出してそれらに対処できます。管理当局ではデータを収集・分配し、インテリジェントに評価することで、鉄道部門の保守点検プロセスを改善し、安全性を向上させることができます。

ESRI社のグローバル・トランスポーテーション・インダストリー担当マネージャーを務める Terry C. Bills 氏は、テクノロジは常に乗客に奉仕しなければならないと述べています。 「重要なのは、サービスが時間通りに問題なくかつ迅速に行われることです」。Terry C. Bills氏はこのように語ります。これは Lyft の共同創業者である John Zimmer 氏が「第 3 の輸送革命」または「サービスとしての輸送がより大きな楽しみを与え、手ごろな料金になるステージ」と呼ぶ段階の始まりです。

 

このように統合された分野における初期の成果は既に現れ始めています。たとえば、オランダのヘルデルラント州は、自動車用ソフトウェアのグローバル サプライヤである Elektrobit と手を組み、EasyMile EZ10 シャトルを使用した WEpods プロジェクトを開始しました。利用者はスマホアプリを使用して無人運転のシャトルを呼び出し、シャトルは地方大学のキャンパス周辺に設定されたループ上を走行します。これは、近くの鉄道の駅にも連結しています。
 

ただしまだその開発スピードを妨げる要因がいくつかあります。たとえば、走行車両からトラフィック管理センターへのデータ・情報の交換を容易にするため、両者が共通のインタフェースを持ち、お互いのビジネス モデルに合意している必要があります。とは言うものの、得られる利益は莫大で、統合された情報が多ければ多いほど、ソリューションの信頼性と効率性がいっそう向上するのです。

トラフィック プランナーは、既に存在するものの改良だけでなく、新しい大きな変革の実現も夢見ています。

動く歩道。 ロンドン地下鉄のサークル線は、ロンドン中心部を通る全長17マイルの環状線で、速度が遅いこと、そして利用者で身動きが取れない程混雑していることで知られています。地元の建築事務所 NBBJ は、乗客が歩いた方が早いのではと考え次のような提案をしています。まず、通路をなくして代わりに 3 本の動く歩道を隣接して配置。乗客は通常どおり駅を通ってホームに入っていきますが、電車を待つのではなく手前のレーンに乗ります。このレーンは時速 3 マイル (標準的な歩行速度) で動いており、中央のレーンの速度は時速 6 マイル、3 番目のレーンは時速 9 マイルです。駅と駅の間のトンネルでは各レーンの速度が上がります。最大速度時には時速 15 マイルで "歩く" ことができるという提案です。NBBJ の話によると、立ち止まらないで歩き続けた場合、55 分 (列車より 5 分早い) で一周できるそうです。

超高速”鉄道”。 ハイパーループは、カプセルに入った乗客を超高速で長距離輸送するという大胆な輸送システムです。カプセルは、地上に敷設した総延長数百マイルに及ぶほぼ真空状態のチューブの中を高速に移動します。チューブに設けられた強力なマグネットによってポッドが浮上し、そのまま目的地まで推進されます。摩擦はほとんど発生せず、走行速度は時速 700 マイル以上に達します。このコンセプトは 3 年前に公開され、発表時には「コンコルド、レールガン、エアホッケー台を合わせたようなもの」と説明されました。

 

「ハイパーループは通勤・通学方法を激変させるだけでなく、生活や仕事の仕方にも革命をもたらします」。TE Connectivity の技術担当副社長、Jim Toth 氏はこのように語ります。「サンフランシスコに住んでいる人が、2 ~ 3 分間隔で出発するハイパーループを利用して、ロサンゼルスまでわずか 30 分で毎日通勤できます。あるいは、ある都市で夕食と野球の試合を楽しんでから、別の都市にある家に帰宅することも可能です。この第 5 の輸送形態の建設にはさまざまな課題がありますが、ビジネスへの影響も考え合わせると、多くのエンジニアがそれらの課題に取り組みたいと切望するでしょう」。

 

これが実現すれば、25 人程度の乗客がロサンゼルス–サンフランシスコ間をカプセルで移動できます。もっと考えを広げると、高架に敷設されたチューブ ネットワークが国内を縦横に走る光景が 10 年以内に見られる可能性もあります。目標は、2020 年までに実用可能なシステムを構築することです。

  1. TEのイノベーション : モビリティの未来を設計する

TE Connectivity は rLoop チームにセンサ、コネクタ、テクノロジーを提供することで、時速約1,200kmで疾走する未来のトランスポーテーションのイノベーションに貢献しています。(英語版ビデオ)

SpaceX はチャレンジ精神のある革新的なチームの指揮統率において目覚ましい実績を挙げています。 優れたポッドのデザインは大勢の知恵から生まれるという考えにより、客車デザインのオープン コンペを開催することを発表しました。コンペの勝者は SpaceX のエンジニアが決定します。TE は rLoop とのパートナーシップを通じてこのコンペに参加しました。rLoop は Reddit SpaceX グループ のメンバーで構成されており、大学以外からコンペに参加した唯一のチームです。

 

rLoop チームのメンバーはネットを通して世界中に広がっており、各自がさまざまな技術的なバックグラウンドを持ち合わせています。14 か国以上の 140 人を超えるエンジニアが、バーチャルにSlackなどの通信プラットフォームを使用してポッドを設計しました。このポッドは現在 TE のシリコンバレーオフィスで、同社が無償提供した製品とエンジニアリングの専門知識を使用して製造されています。
 

このような新しいハイテク計画は、老朽化する輸送インフラの解決策となる可能性があります。資金がすぐに調達できればインフラを置き換える革新的な輸送手段となり、資金が限られている場合は既存システムの改良、保全、進化に貢献します。現時点ではより広い大きな視野で考える時期ではありますが、古いものと新しいものを融合すべきだとする専門家が増えています。「長期的に見ると、異なるサービス間でデータを共有し、いまできることを今後可能となることをうまくミックスしていくことが重要です」。Gilbert 氏はこのように語ります。「それが次世代輸送サービスの運用を計画する秘訣です。」

 

最近の技術革新により、都市間を行き来する方法は既に変わりつつあります。しかし、それはストーリーのほんの一部にすぎません。TE Connectivty の特集記事『トランスポーテーションの未来』(英語版)を是非ご覧になり、モビリティが今後どのように変わっていくかをご確認ください。