Elizabeth Da Silva Domingues
Elizabeth Da Silva Domingues
鉄道システム向け高電圧システムの市場で求められる厳格で多様な仕様を深く検討し、適切なソリューションを提供します。

Elizabeth 氏は、2011 年 11 月に HV 鉄道産業担当チームをサポートするために TE に加わりました。同氏はマンチェスター大学で HV の博士号を取得しています。 同氏は、HV 電力システムで 25 年以上の実績があり、大学、応用研究開発、およびプロジェクト管理で輝かしい成果を上げています。IEEE (米国電気電子工学会) の上級メンバであり、十分な審査を経た国際的な技術論文を 50 以上著しています。

Elizabeth 氏は、TE 入社当初から、鉄道 HV 製品の設計と試験のサポート、HV 鉄道車両の設計とライフ サイクル活動を担当するエンジニアリング チームの管理、営業、製造、カスタマー サポートの支援に携わっています。

1

HV 鉄道産業プロジェクトでは、エンジニアリングとお客様との関係がきわめて重要です。

鉄道産業の HV を対象としたプロジェクトでは、動作を伴う電力システムを扱うことになります。したがって、電力システムを左右する通常の電気機械的変動要素に、環境条件、速度、空間、重量などの新たな変動要素が加わり、個々の設計に独自性が発生します。つまり、同じ車両であっても、異なる地形、異なる停車回数、異なる汚染レベルの環境を走行するのであれば、それぞれ異なる屋根上システムが必要になります。

このことから、どのようなプロジェクトでも、お客様との意思疎通が重要になります。お客様は第一の情報源であり、この情報とお客様との共同作業を活用することで、それぞれの状況に適したソリューションを設計できます。 

2

TE の社内部門との協力がお客様のイノベーションを効果的に手助けする様子をご紹介します。

さまざまな業界のお客様と取引している企業の強みは、ある業界でのイノベーションを他の業界に持ち込めることが多々ある点になります。たとえば、寿命が 30 年に及ぶ製品である車両を扱う鉄道産業では、航空宇宙、自動車、電力などの他業界で実証された製品からイノベーションが得られることが少なくありません。

従いましてHV エンジニアリング担当部署では、日頃から他部署との協力関係を形成しています。電力システムで広範なポートフォリオを持つ電力製品部署との協力が中心ですが、鉄道産業との類似性がある 航空業界担当部署とも連携をとっています。

鉄道産業向けに使用できる電力製品は何があるか、そのような製品が鉄道産業市場に適合するうえでどのような対応策が必要かなどを常に検討しています。考慮すべき重要な要因として、電力業界に比べ、鉄道産業では製品の使用量が少ないという点があります。したがって、電力製品での成果を活用する方法を探ることがイノベーションへの早道です。

3

鉄道産業の HV 分野で最も重要な課題について検討してみます。

最も重要な課題とは、鉄道車両の HV システムが持つ複雑さを認識し、この領域での研究開発を促進する必要がこの業界にあるということです。

鉄道車両業界は、エンジン、ブレーキ システム、空気力学などの分野にイノベーションを導き、現在もそのような状況にあります。そのことから、車両にエネルギを供給する HV 電力システムは脇に追いやられてきました。

当社はその責務の一環として、お客様への顧問コンサルタント業務を常日頃から展開しています。高電圧システムには、エンジン、ブレーキ、ドアなど、鉄道システムの他の部分との関連性があります。したがって、これらの部分の性能が高電圧システムの性能と要件に影響を及ぼすことを認識する必要があります。

TE では、この課題に取り組むうえで必要な専門知識を持つだけでなく、イノベーションを導き、業界が必要とする新たなシステムまで構築する新世代の HV エンジニアを育成しています。

Elizabeth Da Silva Domingues
Elizabeth Da Silva Domingues
鉄道システム向け高電圧システムの市場で求められる厳格で多様な仕様を深く検討し、適切なソリューションを提供します。

Elizabeth 氏は、2011 年 11 月に HV 鉄道産業担当チームをサポートするために TE に加わりました。同氏はマンチェスター大学で HV の博士号を取得しています。 同氏は、HV 電力システムで 25 年以上の実績があり、大学、応用研究開発、およびプロジェクト管理で輝かしい成果を上げています。IEEE (米国電気電子工学会) の上級メンバであり、十分な審査を経た国際的な技術論文を 50 以上著しています。

Elizabeth 氏は、TE 入社当初から、鉄道 HV 製品の設計と試験のサポート、HV 鉄道車両の設計とライフ サイクル活動を担当するエンジニアリング チームの管理、営業、製造、カスタマー サポートの支援に携わっています。

1

HV 鉄道産業プロジェクトでは、エンジニアリングとお客様との関係がきわめて重要です。

鉄道産業の HV を対象としたプロジェクトでは、動作を伴う電力システムを扱うことになります。したがって、電力システムを左右する通常の電気機械的変動要素に、環境条件、速度、空間、重量などの新たな変動要素が加わり、個々の設計に独自性が発生します。つまり、同じ車両であっても、異なる地形、異なる停車回数、異なる汚染レベルの環境を走行するのであれば、それぞれ異なる屋根上システムが必要になります。

このことから、どのようなプロジェクトでも、お客様との意思疎通が重要になります。お客様は第一の情報源であり、この情報とお客様との共同作業を活用することで、それぞれの状況に適したソリューションを設計できます。 

2

TE の社内部門との協力がお客様のイノベーションを効果的に手助けする様子をご紹介します。

さまざまな業界のお客様と取引している企業の強みは、ある業界でのイノベーションを他の業界に持ち込めることが多々ある点になります。たとえば、寿命が 30 年に及ぶ製品である車両を扱う鉄道産業では、航空宇宙、自動車、電力などの他業界で実証された製品からイノベーションが得られることが少なくありません。

従いましてHV エンジニアリング担当部署では、日頃から他部署との協力関係を形成しています。電力システムで広範なポートフォリオを持つ電力製品部署との協力が中心ですが、鉄道産業との類似性がある 航空業界担当部署とも連携をとっています。

鉄道産業向けに使用できる電力製品は何があるか、そのような製品が鉄道産業市場に適合するうえでどのような対応策が必要かなどを常に検討しています。考慮すべき重要な要因として、電力業界に比べ、鉄道産業では製品の使用量が少ないという点があります。したがって、電力製品での成果を活用する方法を探ることがイノベーションへの早道です。

3

鉄道産業の HV 分野で最も重要な課題について検討してみます。

最も重要な課題とは、鉄道車両の HV システムが持つ複雑さを認識し、この領域での研究開発を促進する必要がこの業界にあるということです。

鉄道車両業界は、エンジン、ブレーキ システム、空気力学などの分野にイノベーションを導き、現在もそのような状況にあります。そのことから、車両にエネルギを供給する HV 電力システムは脇に追いやられてきました。

当社はその責務の一環として、お客様への顧問コンサルタント業務を常日頃から展開しています。高電圧システムには、エンジン、ブレーキ、ドアなど、鉄道システムの他の部分との関連性があります。したがって、これらの部分の性能が高電圧システムの性能と要件に影響を及ぼすことを認識する必要があります。

TE では、この課題に取り組むうえで必要な専門知識を持つだけでなく、イノベーションを導き、業界が必要とする新たなシステムまで構築する新世代の HV エンジニアを育成しています。