HV 水中嵌合対応コネクタおよび
ペネトレータにより海中プロセシングを実現

要約

沖合採掘活動が海中深くになるにつれ、石油&ガス生産者は利用されなくなった既存の場所の寿命を延ばそうともしています。これらの場所が落ち着くと、炭化水素の利益性に優れた産出量を維持する上での課題が現れ、生産者は、革新的な方法を使用して、産出量が減らないようにします。豊富な手法により、海中プロセシングで利用されなくなった場所の運用の効率性と収益性を維持できます。海中システムは、現実的な開発を可能にするためにモジュラである必要があります。ウェット嵌合コネクタは、モジュールの接続を可能にする上で重要な鍵になります。『Offshore Engineer』(2014 年 5 月号) からの引用

HV 水中嵌合対応コネクタおよび
ペネトレータにより海中プロセシングを実現

要約

沖合採掘活動が海中深くになるにつれ、石油&ガス生産者は利用されなくなった既存の場所の寿命を延ばそうともしています。これらの場所が落ち着くと、炭化水素の利益性に優れた産出量を維持する上での課題が現れ、生産者は、革新的な方法を使用して、産出量が減らないようにします。豊富な手法により、海中プロセシングで利用されなくなった場所の運用の効率性と収益性を維持できます。海中システムは、現実的な開発を可能にするためにモジュラである必要があります。ウェット嵌合コネクタは、モジュールの接続を可能にする上で重要な鍵になります。『Offshore Engineer』(2014 年 5 月号) からの引用