Suresh Sainath
Suresh Sainath
まだ満たされていないニーズ、特に小児科分野のニーズに対応する製品に取り組むことに生きがいを感じます。

エンジニアリングの仕事に生きがいを感じます。 特に医療分野では、人々の生活を変えるような問題を解決することができます。Suresh Sainath はそう考え、また父親の影響を受けて、機械工学の道を進みました。インドのマドラス大学で学士号を取得、またカリフォルニア州のスタンフォード大学で修士号を取得しています。

1

最も楽しいと思う業務は何ですか?

エンジニアとしての経歴を人のために役立つ製品に応用することに生きがいを感じています。医療用デバイスの契約設計と製造会社を担当していると、日々さまざまなプロジェクトに触れ、これから医療用デバイス産業で話題となるような最新のテクノロジを見ることができます。

2

現在の医療用デバイス産業が抱えている課題についてご説明いただけますか?

医療用デバイス産業は、ますます日用品化しています。今日の医療用デバイス産業が直面する最大の課題のひとつは、イノベーションを維持しながら競合を続けることです。

3

あなたの動機付けは何ですか?

まだ満たされていないニーズ、特に小児科分野のニーズに対応する製品に取り組むことに生きがいを感じます。プロとしての経験と個人的な経験の両方から、業界全般にわたって小児の医療用デバイス開発が不足していると思います。資金面の問題と投資利益率 (ROI) に対する懸念が原因です。医療用デバイスに携わることで養った知識を活かして、小児外科医が日々直面する課題にもっとうまく対応できるように支援したいと思います。

4

今後の 10 年間でどのようなイノベーションが最も大きな影響を持つとお考えですか?

今後 10 年間にイノベーションに拍車をかけると思われるトレンドがいくつかあります。ますます多くの企業がカテーテルの小型化を検討しています。体内深部にまで侵入できるようにデリバリ システムはより小型になります。外来処置で使用したり、患者の入院期間短縮や早期回復を図るためのデバイスの開発・製造の需要も高まるでしょう。また、潜在的な合併症や医学的問題を早期に検知する診断用デバイスが大きな影響力を持つようになります。これまでの 10 年間と同じように、高品質な製品の提供とコストを抑えることも重要です。 

5

最初にエンジニアリングの仕事をしたいと思ったのはいつですか?

エンジニアの家系に育ち、自分もエンジニアになりたいと思っていました。自動車のエンジニアだった父の影響が一番大きかったと思います。何かを作り上げたり治したりできるということの具体的な意味がわかり、それが機能したときは本当にうれしいです。 

Suresh Sainath
Suresh Sainath
まだ満たされていないニーズ、特に小児科分野のニーズに対応する製品に取り組むことに生きがいを感じます。

エンジニアリングの仕事に生きがいを感じます。 特に医療分野では、人々の生活を変えるような問題を解決することができます。Suresh Sainath はそう考え、また父親の影響を受けて、機械工学の道を進みました。インドのマドラス大学で学士号を取得、またカリフォルニア州のスタンフォード大学で修士号を取得しています。

1

最も楽しいと思う業務は何ですか?

エンジニアとしての経歴を人のために役立つ製品に応用することに生きがいを感じています。医療用デバイスの契約設計と製造会社を担当していると、日々さまざまなプロジェクトに触れ、これから医療用デバイス産業で話題となるような最新のテクノロジを見ることができます。

2

現在の医療用デバイス産業が抱えている課題についてご説明いただけますか?

医療用デバイス産業は、ますます日用品化しています。今日の医療用デバイス産業が直面する最大の課題のひとつは、イノベーションを維持しながら競合を続けることです。

3

あなたの動機付けは何ですか?

まだ満たされていないニーズ、特に小児科分野のニーズに対応する製品に取り組むことに生きがいを感じます。プロとしての経験と個人的な経験の両方から、業界全般にわたって小児の医療用デバイス開発が不足していると思います。資金面の問題と投資利益率 (ROI) に対する懸念が原因です。医療用デバイスに携わることで養った知識を活かして、小児外科医が日々直面する課題にもっとうまく対応できるように支援したいと思います。

4

今後の 10 年間でどのようなイノベーションが最も大きな影響を持つとお考えですか?

今後 10 年間にイノベーションに拍車をかけると思われるトレンドがいくつかあります。ますます多くの企業がカテーテルの小型化を検討しています。体内深部にまで侵入できるようにデリバリ システムはより小型になります。外来処置で使用したり、患者の入院期間短縮や早期回復を図るためのデバイスの開発・製造の需要も高まるでしょう。また、潜在的な合併症や医学的問題を早期に検知する診断用デバイスが大きな影響力を持つようになります。これまでの 10 年間と同じように、高品質な製品の提供とコストを抑えることも重要です。 

5

最初にエンジニアリングの仕事をしたいと思ったのはいつですか?

エンジニアの家系に育ち、自分もエンジニアになりたいと思っていました。自動車のエンジニアだった父の影響が一番大きかったと思います。何かを作り上げたり治したりできるということの具体的な意味がわかり、それが機能したときは本当にうれしいです。