Jeff Kraus
Jeff Kraus
医療処置の向上とともに、体内の奥深くに侵入して治療を行う手段が次から次へと見出されています。

特に医療分野では、エンジニアは先を見越し、すばやく変化に対応できなければなりません。 医療用デバイスとデリバリ システムの小型化と柔軟化が進んでも、耐久性と価格に妥協は許されません。この問題は、Jeff Kraus をはじめ当社のエンジニアが得意とするところです。つまり、革新的な考え方と長年にわたる研ぎ澄まされた専門知識で解決にあたります。Jeff は機械工学で学位を取得し、30 年間にわたり医療用デバイス産業に従事しています。

1

エンジニアになった理由は何ですか?

とにかく機械に関する問題を解決することが好きでした。 エンジニアリングのおかげで、それを日常業務にすることができます。 最初はエレクトロニクス分野に入りましたが、変動の激しい業界が合わず、医療分野に転向しました。Creganna では部門設立を手伝ったことがあり、それから Advanced Cath に移りましたが、その後両社とも TE と合併したのは興味深いことです。とにかく、エンジニアリングに関する問題を解決することが好きです。医療分野に従事していると、自分の努力が最終的には人のためになり、人の命さえ救えるということが自覚できます。

2

現在の最大のトレンドはどのようなものでしょうか?

現在取り組んでいるプロジェクトの多くは、経皮的僧帽弁の治療と置換に関するものです。 大きな切開や胸骨切開をせず、血管を通して行える弁置換術をもっと開発するために、膨大な作業が行われています。今取り組んでいるのはデリバリ、つまり必要とされる患部への弁の挿入方法ですが、次はその小型化が焦点になります。特にデリバリされる弁の小型化です。神経血管の用途にも関心が集まっています。ゴールは脳の奥深くに到達することです。そうなると、トレンドはより小型で柔軟性に富み、耐久性にも優れた製品の方向に向かいます。

3

医療用デバイスの将来のトレンドはどのようになると思いますか?

依然として埋め込み型デバイスのカテーテルによるデリバリを使う傾向が見られています。これには心臓弁、ステント、PFO デバイスなどがあります。この経皮デリバリのトレンドは、今後数年間、カテーテル ベース システムの使用と成長を促すでしょう。心臓弁に関しては、性能の向上と小型化という長期的なトレンドが見られます。デリバリ システムをますます小型化して、さらに同じゴールを目指して小児用デバイスの小型化にも取り組みます。今後ますます、コストを抑えながら、医療用デバイスとデリバリ システムの小型化・柔軟化の方向に向かうでしょう。

4

モノのインターネット (IoT) は、医療用デバイス業界にどのように影響するでしょうか?

影響は二面的です。患者側では、情報とのつながりが強まるにしたがって、これらの新しいシステムに関する知識が普及します。オンラインで情報を探したり、賛否両論を見ることができます。必然的に、医師への質問が増えます。問題に前向きに取り組むために、企業側に要求される対応がはるかに多くなります。エンジニア側では、ペースメーカーや心臓モニタなど、インターネットを通じた医療モニタが増えます。患者は記録サイトからモニタの結果をダウンロードして、それを手に医師の診察を受けます。エンジニアは、バッテリを取り外さないで、皮膚の上からペースメーカーを充電する方法にも取り組んでいます。

5

今後 5 年間でエンジニアリングにどのような変化が訪れると予想していますか?

埋め込み型デバイスとデリバリ用カテーテルのサイズ縮小化に対する取り組みが続けられています。このような医療処置の向上とともに、体内の奥深くに侵入して治療を行う手段が次から次へと見出されています。保険会社と医療制度からはコスト削減の圧力がかかっています。つまりコストを抑えてより優れた性能のデバイスにする必要があります。エンジニアは、ひとつの装置で検査と治療を行うことができる電子機器や組み合わせに着目しています。これにより、医師は治療の過程で複数の医療用デバイスを使うのではなく、同じデバイスを使って体内に侵入し、問題を見つけ (心臓など)、治療を行うことができます。

Jeff Kraus
Jeff Kraus
医療処置の向上とともに、体内の奥深くに侵入して治療を行う手段が次から次へと見出されています。

特に医療分野では、エンジニアは先を見越し、すばやく変化に対応できなければなりません。 医療用デバイスとデリバリ システムの小型化と柔軟化が進んでも、耐久性と価格に妥協は許されません。この問題は、Jeff Kraus をはじめ当社のエンジニアが得意とするところです。つまり、革新的な考え方と長年にわたる研ぎ澄まされた専門知識で解決にあたります。Jeff は機械工学で学位を取得し、30 年間にわたり医療用デバイス産業に従事しています。

1

エンジニアになった理由は何ですか?

とにかく機械に関する問題を解決することが好きでした。 エンジニアリングのおかげで、それを日常業務にすることができます。 最初はエレクトロニクス分野に入りましたが、変動の激しい業界が合わず、医療分野に転向しました。Creganna では部門設立を手伝ったことがあり、それから Advanced Cath に移りましたが、その後両社とも TE と合併したのは興味深いことです。とにかく、エンジニアリングに関する問題を解決することが好きです。医療分野に従事していると、自分の努力が最終的には人のためになり、人の命さえ救えるということが自覚できます。

2

現在の最大のトレンドはどのようなものでしょうか?

現在取り組んでいるプロジェクトの多くは、経皮的僧帽弁の治療と置換に関するものです。 大きな切開や胸骨切開をせず、血管を通して行える弁置換術をもっと開発するために、膨大な作業が行われています。今取り組んでいるのはデリバリ、つまり必要とされる患部への弁の挿入方法ですが、次はその小型化が焦点になります。特にデリバリされる弁の小型化です。神経血管の用途にも関心が集まっています。ゴールは脳の奥深くに到達することです。そうなると、トレンドはより小型で柔軟性に富み、耐久性にも優れた製品の方向に向かいます。

3

医療用デバイスの将来のトレンドはどのようになると思いますか?

依然として埋め込み型デバイスのカテーテルによるデリバリを使う傾向が見られています。これには心臓弁、ステント、PFO デバイスなどがあります。この経皮デリバリのトレンドは、今後数年間、カテーテル ベース システムの使用と成長を促すでしょう。心臓弁に関しては、性能の向上と小型化という長期的なトレンドが見られます。デリバリ システムをますます小型化して、さらに同じゴールを目指して小児用デバイスの小型化にも取り組みます。今後ますます、コストを抑えながら、医療用デバイスとデリバリ システムの小型化・柔軟化の方向に向かうでしょう。

4

モノのインターネット (IoT) は、医療用デバイス業界にどのように影響するでしょうか?

影響は二面的です。患者側では、情報とのつながりが強まるにしたがって、これらの新しいシステムに関する知識が普及します。オンラインで情報を探したり、賛否両論を見ることができます。必然的に、医師への質問が増えます。問題に前向きに取り組むために、企業側に要求される対応がはるかに多くなります。エンジニア側では、ペースメーカーや心臓モニタなど、インターネットを通じた医療モニタが増えます。患者は記録サイトからモニタの結果をダウンロードして、それを手に医師の診察を受けます。エンジニアは、バッテリを取り外さないで、皮膚の上からペースメーカーを充電する方法にも取り組んでいます。

5

今後 5 年間でエンジニアリングにどのような変化が訪れると予想していますか?

埋め込み型デバイスとデリバリ用カテーテルのサイズ縮小化に対する取り組みが続けられています。このような医療処置の向上とともに、体内の奥深くに侵入して治療を行う手段が次から次へと見出されています。保険会社と医療制度からはコスト削減の圧力がかかっています。つまりコストを抑えてより優れた性能のデバイスにする必要があります。エンジニアは、ひとつの装置で検査と治療を行うことができる電子機器や組み合わせに着目しています。これにより、医師は治療の過程で複数の医療用デバイスを使うのではなく、同じデバイスを使って体内に侵入し、問題を見つけ (心臓など)、治療を行うことができます。