ソーラーパワーのトレンド、2015年 Solar Power International トレード ショーより。

トレンド

革新の兆し

ソーラーパワー業界には、米国における投資税額控除が拡大され、1500 V 製品が進化し、両面受光型パネル技術が発達したことにより、成長の機会がもたらされています。- John Akins、グローバル業界マーケティング、インテリジェント ビル

ソーラーパワー業界は今年も好調な年になりそうです。 今後の展望として、投資税額控除の拡大により、米国のソーラーパワー業界は成長の軌道を順調に進む方向にあります。設置数は新記録を更新し、特に分散型電源市場の前途は有望です。製品と配備手順が簡素化し、局所的な自家発電がスマート ビルの自動化やコネクティッド ホームの電力管理用途と一体化するに従って、住宅用と商業用の屋上システムの配備が急速に進むことが予想されます。これらが原動力となって、2016 年の注目すべきトレンドを生み出します。

スマート ソーラー製品は、スマート ビルとホーム オートメーション システムの一体化を成功させる重要な鍵になります。

ルーフトップ事情

両面受光型 PV パネルを供給する製造業者の数が急増しています。彼らの目的は、制限のある不動産用途に対応することです。屋上やコミュニティのソーラー用途などの分散型電源分野が拡大しています。この分野では、付加的な効率性の向上と電力密度のメリットに大きな価値があることがわかっています。

よりスマートなソーラー

スマート ソーラー パネルとその制御装置や監視に関する動きが急速に活発になっています。電子システムが統合された PV パネルは、最適化から監視、高速シャットダウンの順守まで、幅広い用途に対応します。いたるところに OEM パネル用のスマート ソーラー ジャンクション ボックスとモジュラ プラグアンドプレイ式ソリューションが見られます。さまざまな用途機会の中でも、特に相互運用性と機械的嵌合の保証を目的とした業界標準への取り組みが求められています。スマート ソーラー製品は、スマート ビルとホーム オートメーション システムの一体化を成功させる重要な鍵になります。これらのシステムは自家発電とエネルギー蓄積を結び付け、需要に基づく消費によって、所有者や居住者に優れた自立性をもたらします。 

米国のソーラー市場は、国内の雇用創出をリードする分野です。
米国のソーラー市場では、経験が戦略的推進力となります。

経験 = 戦略的推進力

年季の入った燃料市場と比べると、ソーラー業界はまだ若手で、品質と信頼性の課題について学ぶべきことがたくさんあります。運用とメンテナンス、そして「バンカブル」つまりソーラー導入に融資が可能かどうかについての検討は、製品や導入の初期コストと同じくらい重要です。現場故障や修理は診断が非常に難しく、ROI モデルに大きな負担をかけることがわかっています。高品質なハードウェア製品を事前に導入することでリスクが緩和され、融資側とエンド ユーザーに対するより高い「バンカブル」評価につながります。

UL および TUV 証明書の標準化

間もなく UL 1500 V システムが市場に登場します。デュアル 1000V UL、1500V UL および TUV 証明書が必要となるため、今後、製品不整合の潜在的なリスクを回避するインターコネクション レベルの基準となるでしょう。それと同時に、ワット数の増加に対応して、エネルギー伝送損失を最小限に維持するために、サイズの大きなケーブル要件への対応が必要となります。

  1. ソーラ ジャンクション ボックス (英語)

TE では、複数の構成でご使用いただける多様なジャンクション ボックス製品を提供しています。当社製品により、直接接続または分離接続を介した直列および並列の相互接続を実現できます。