Felix Lange、オートメーション & コントロール
Felix Lange、オートメーション & コントロール
多様性に富んだ作業チームが、互いの信頼性に基づいて異なる意見を受け入れること。これがイノベーションにとって最も重要で、最終的にはこれが類のないすぐれたカストマー エクスペリエンスを実現します。

Felix が TE に参加したのは 2013 年、修士研究中の勤労学生としてでした。 2014 年に修士研究を完成し、HF/RF および通信技術の電気エンジニアとして TE に入社しました。Felix の専門はアンテナ開発と電磁シミュレーションで、TE の ARISO Contactless Connectivity ソリューションに積極的に取り組んでいます。

資源を消費し、地球を汚染して環境を壊すといったやり方を今すぐ変えなければ、数年のうちに私たちは自分の手で何かを変えることも解決することもできなくなるでしょう。

1

今後の 10 年間でどのような技術が最も大きな影響を持つとお考えですか?

今後 10 年間で大きく向上するのは高速ワイヤレス技術だと思います。60 GHz やテラヘルツ帯のアプリケーションによって、今は想像もつかないような環境を構築できるようになるでしょう。銅が物理的限界に達し、光ファイバが実装不可能な場所で、高速化を実現するのはワイヤレス技術です。ウェアラブル デバイスの発展、スマート ホーム、スマートファクトリ環境を組み合わせることで、今はまだ SF 映画でしか見られないような高度に統合された技術レベルをすぐに実現できるようになります。

2

あなたの経歴の中で最も大きな成功といえるものは何ですか?

私が TE Connectivity に参加したのは 2013 年の夏、修士研究中の勤労学生としてでした。私のキャリアにおける最初の大きな節目は、2014 年に修士研究を完成させ、HF/RF および通信技術の電気エンジニアとして TE に入社したことです。その後、ARISO プロジェクトの作業の一環として特許を出願することができました。これが今までで最大の成果です。

3

尊敬するエンジニアはいますか、またその人はどのようなことで有名ですか?

カールスルーエ大学で電磁波を研究したドイツの物理学者、ハインリヒ・ヘルツの名前を挙げたいと思います。彼は 1886 年にジェームズ クラーク マックスウェルの電磁理論を実証した先駆者です。電磁波が光波と同じ法則に従うことがわかったのは、彼のおかげです。またヘルツは、送信機から受信機に電磁信号を送った最初の人物です。私がヘルツとマックスウェルを素晴らしいと思うのは、この 2 人が作った土台が、現代のすべての通信技術の基礎となっているからです。

4

最初にエンジニアリングの仕事をしたいと思ったのはいつですか、そしてそれはなぜですか?

私は職人の家の出なので、思い出せる限り昔から、工具や部品などの材料で遊んでいました。ある日、物を分解するのではなく、修理するようになっていました。自分はエレクトロニクスやコンピュータに興味があるのだと気づき、小さい回路を独自に作って遊んだり、授業時間中にはコンピュータの修理も始めるようになりました。大学で何を勉強するかを決めなければならなくなったとき、担任の先生が「Study guide for hessian」という小さい本を配ってくれました。 友人から 162 ページを開いてみろと言われ、そこで私は将来の仕事「電気/電子エンジニア」の説明を読みました。

5

エンジニアになっていなかったら何をしていたと思いますか?

電気技術をまったく学んでいなかったら、あるいは大学に進学していなかったら、職人の道に進んでいたと思います。父のように眼鏡職人になっていたでしょう。父の店を継いでいたと思います。

6

どのような理由で、現在の専門に進もうと思ったのですか?

初めてコンピュータを所有し、インターネットの利用が一般的になってきた頃、私は電話網とコンピュータ ネットワークの仕組みに興味を持ちました。ホーム ネットワークを構築し、その中にいくつかのワイヤレス アクセス ポイントも組み込むようになり、ワイヤレス技術への興味がさらに深まりました。WiFi の仕組みはどうなっているのか? ネットワークの範囲を拡大するには? ワイヤレス ブリッジ接続で隣人のネットワークを自分のネットワークに接続するには?  そこで私は独自のアンテナを作り、いろいろ手を加えているうちに、うまく機能するようになりました。自分の専門は最初からはっきりと決まっていました。「高周波および通信技術」です。TE におけるこれまでの職歴で、私の主な職務はアンテナ開発と電磁シミュレーションに関連しています。 

7

お客様との連携を形成するうえで、TE の エンジニアリングに対するアプローチから何らかの影響を受けましたか?

TE の価値は一目瞭然で、誰の行動にとっても適切なガイドラインとなると思います。それは私生活にも言えることです。これを日々のエンジニアリングに当てはめてみると、互いの信頼に基づいてイノベーションを受け入れる、多様性に富んだ作業チームが必要になります。この作業原則はイノベーションにとって最も重要であるだけでなく、TE の価値をお客様に伝えて、類のないすぐれたカストマー エクスペリエンスを実現するうえでも不可欠です。

8

今後 3 年間で解決すべき、業界最大の懸念事項は何だと思いますか?

私が大きな問題だと思っているのは、最近のエネルギー生産方法と、産業廃棄物の「処理」方法です。これについては何ページでも書けますが、簡単に言えばこうなります。資源を消費し、地球を汚染して環境を壊すといったやり方を今すぐ変えなければ、数年のうちに私たちは自分の手で何かを変えることも解決することもできなくなるでしょう。

Felix Lange、オートメーション & コントロール
Felix Lange、オートメーション & コントロール
多様性に富んだ作業チームが、互いの信頼性に基づいて異なる意見を受け入れること。これがイノベーションにとって最も重要で、最終的にはこれが類のないすぐれたカストマー エクスペリエンスを実現します。

Felix が TE に参加したのは 2013 年、修士研究中の勤労学生としてでした。 2014 年に修士研究を完成し、HF/RF および通信技術の電気エンジニアとして TE に入社しました。Felix の専門はアンテナ開発と電磁シミュレーションで、TE の ARISO Contactless Connectivity ソリューションに積極的に取り組んでいます。

資源を消費し、地球を汚染して環境を壊すといったやり方を今すぐ変えなければ、数年のうちに私たちは自分の手で何かを変えることも解決することもできなくなるでしょう。

1

今後の 10 年間でどのような技術が最も大きな影響を持つとお考えですか?

今後 10 年間で大きく向上するのは高速ワイヤレス技術だと思います。60 GHz やテラヘルツ帯のアプリケーションによって、今は想像もつかないような環境を構築できるようになるでしょう。銅が物理的限界に達し、光ファイバが実装不可能な場所で、高速化を実現するのはワイヤレス技術です。ウェアラブル デバイスの発展、スマート ホーム、スマートファクトリ環境を組み合わせることで、今はまだ SF 映画でしか見られないような高度に統合された技術レベルをすぐに実現できるようになります。

2

あなたの経歴の中で最も大きな成功といえるものは何ですか?

私が TE Connectivity に参加したのは 2013 年の夏、修士研究中の勤労学生としてでした。私のキャリアにおける最初の大きな節目は、2014 年に修士研究を完成させ、HF/RF および通信技術の電気エンジニアとして TE に入社したことです。その後、ARISO プロジェクトの作業の一環として特許を出願することができました。これが今までで最大の成果です。

3

尊敬するエンジニアはいますか、またその人はどのようなことで有名ですか?

カールスルーエ大学で電磁波を研究したドイツの物理学者、ハインリヒ・ヘルツの名前を挙げたいと思います。彼は 1886 年にジェームズ クラーク マックスウェルの電磁理論を実証した先駆者です。電磁波が光波と同じ法則に従うことがわかったのは、彼のおかげです。またヘルツは、送信機から受信機に電磁信号を送った最初の人物です。私がヘルツとマックスウェルを素晴らしいと思うのは、この 2 人が作った土台が、現代のすべての通信技術の基礎となっているからです。

4

最初にエンジニアリングの仕事をしたいと思ったのはいつですか、そしてそれはなぜですか?

私は職人の家の出なので、思い出せる限り昔から、工具や部品などの材料で遊んでいました。ある日、物を分解するのではなく、修理するようになっていました。自分はエレクトロニクスやコンピュータに興味があるのだと気づき、小さい回路を独自に作って遊んだり、授業時間中にはコンピュータの修理も始めるようになりました。大学で何を勉強するかを決めなければならなくなったとき、担任の先生が「Study guide for hessian」という小さい本を配ってくれました。 友人から 162 ページを開いてみろと言われ、そこで私は将来の仕事「電気/電子エンジニア」の説明を読みました。

5

エンジニアになっていなかったら何をしていたと思いますか?

電気技術をまったく学んでいなかったら、あるいは大学に進学していなかったら、職人の道に進んでいたと思います。父のように眼鏡職人になっていたでしょう。父の店を継いでいたと思います。

6

どのような理由で、現在の専門に進もうと思ったのですか?

初めてコンピュータを所有し、インターネットの利用が一般的になってきた頃、私は電話網とコンピュータ ネットワークの仕組みに興味を持ちました。ホーム ネットワークを構築し、その中にいくつかのワイヤレス アクセス ポイントも組み込むようになり、ワイヤレス技術への興味がさらに深まりました。WiFi の仕組みはどうなっているのか? ネットワークの範囲を拡大するには? ワイヤレス ブリッジ接続で隣人のネットワークを自分のネットワークに接続するには?  そこで私は独自のアンテナを作り、いろいろ手を加えているうちに、うまく機能するようになりました。自分の専門は最初からはっきりと決まっていました。「高周波および通信技術」です。TE におけるこれまでの職歴で、私の主な職務はアンテナ開発と電磁シミュレーションに関連しています。 

7

お客様との連携を形成するうえで、TE の エンジニアリングに対するアプローチから何らかの影響を受けましたか?

TE の価値は一目瞭然で、誰の行動にとっても適切なガイドラインとなると思います。それは私生活にも言えることです。これを日々のエンジニアリングに当てはめてみると、互いの信頼に基づいてイノベーションを受け入れる、多様性に富んだ作業チームが必要になります。この作業原則はイノベーションにとって最も重要であるだけでなく、TE の価値をお客様に伝えて、類のないすぐれたカストマー エクスペリエンスを実現するうえでも不可欠です。

8

今後 3 年間で解決すべき、業界最大の懸念事項は何だと思いますか?

私が大きな問題だと思っているのは、最近のエネルギー生産方法と、産業廃棄物の「処理」方法です。これについては何ページでも書けますが、簡単に言えばこうなります。資源を消費し、地球を汚染して環境を壊すといったやり方を今すぐ変えなければ、数年のうちに私たちは自分の手で何かを変えることも解決することもできなくなるでしょう。