Xiangming Quan (RPIT 担当 Product Manager)
Xiangming Quan (RPIT 担当 Product Manager)
エンジニアとして、技術的課題は大歓迎です。解決策を見つけるたびに、成長できますから。

Xiangming は、ケーブル付属品設計の分野で 21 年の経験を持っています。 専門は発電と配電で、特に開閉装置や変圧器の分離コネクタなど、特に中電圧のケーブル端末材に関する専門知識が豊富です。TE Connectivity (TE) の新製品である Raychem プラグイン端末材 (RPIT) のインナー コーン コネクタの開発では、EMEA の認定型式試験プロジェクトでリーダを務めたほか、製品で必要とされるすべての材料コンポーネントを指定するなどして、重要な役割を果たしました。

1

TE での仕事において最大の課題だったことは何ですか?

最大 52 kV に対応する開閉装置および変圧器用の新しい RPIT インナー コーン コネクタの開発は、自分にとって最大級の難題でした。厳しい技術的要件とリソース要件が同時に課されるようなプロジェクトを率いたのは、初めての経験でした。部門や地域の枠を超えるプロジェクトとなり、文字通り、世界中から集結したチームをまとめることになりました。

2

TE のエンジニアは現在、産業界のどのような課題に取り組んでいますか?

配電業界は、多様化の一途をたどっています。今日の電力網においては、再生可能エネルギの大規模な統合化やデジタル化、そして過酷な環境に耐える製品に対する需要が課題となっています。新たなトレンドは、開閉装置および変圧器用のシールド分離コネクタに特に大きな影響を及ぼすことになります。新たな設計を生み出して現行製品をアップデートすることによって、未来のインテリジェント システムに適合する、よりスマートな電力網を構築することが必要になります。 

3

何があなたの刺激になっていますか?困難な問題にどのようにアプローチしていますか?

エンジニアとして、技術的課題は大歓迎です。答えを見つけて問題を解決するたびに、満足感を味わっています。「静寂にこそ力が宿る」というドイツのことわざがありますが、これは、難題に直面した時にこそ平静さが必要であることを示唆するものです。これを肝に銘じて、常に問題の核心を把握することから始め、それが済んだところで解決に取り掛かっています。

Xiangming Quan (RPIT 担当 Product Manager)
Xiangming Quan (RPIT 担当 Product Manager)
エンジニアとして、技術的課題は大歓迎です。解決策を見つけるたびに、成長できますから。

Xiangming は、ケーブル付属品設計の分野で 21 年の経験を持っています。 専門は発電と配電で、特に開閉装置や変圧器の分離コネクタなど、特に中電圧のケーブル端末材に関する専門知識が豊富です。TE Connectivity (TE) の新製品である Raychem プラグイン端末材 (RPIT) のインナー コーン コネクタの開発では、EMEA の認定型式試験プロジェクトでリーダを務めたほか、製品で必要とされるすべての材料コンポーネントを指定するなどして、重要な役割を果たしました。

1

TE での仕事において最大の課題だったことは何ですか?

最大 52 kV に対応する開閉装置および変圧器用の新しい RPIT インナー コーン コネクタの開発は、自分にとって最大級の難題でした。厳しい技術的要件とリソース要件が同時に課されるようなプロジェクトを率いたのは、初めての経験でした。部門や地域の枠を超えるプロジェクトとなり、文字通り、世界中から集結したチームをまとめることになりました。

2

TE のエンジニアは現在、産業界のどのような課題に取り組んでいますか?

配電業界は、多様化の一途をたどっています。今日の電力網においては、再生可能エネルギの大規模な統合化やデジタル化、そして過酷な環境に耐える製品に対する需要が課題となっています。新たなトレンドは、開閉装置および変圧器用のシールド分離コネクタに特に大きな影響を及ぼすことになります。新たな設計を生み出して現行製品をアップデートすることによって、未来のインテリジェント システムに適合する、よりスマートな電力網を構築することが必要になります。 

3

何があなたの刺激になっていますか?困難な問題にどのようにアプローチしていますか?

エンジニアとして、技術的課題は大歓迎です。答えを見つけて問題を解決するたびに、満足感を味わっています。「静寂にこそ力が宿る」というドイツのことわざがありますが、これは、難題に直面した時にこそ平静さが必要であることを示唆するものです。これを肝に銘じて、常に問題の核心を把握することから始め、それが済んだところで解決に取り掛かっています。