野生動物が引き起こす停電と架空送電線および変電所の保護

より信頼性の高いコスト効率に優れた運用に対する世界的な要求は、増加の一途をたどっています。ダウンタイムは測定され、分単位・秒単位で不利益が発生します。

ここ 20 年の間に業界内の認識が高まり、「外部の通常管理されていない野生動物の影響は、これまで認められていたよりはるかに大きな予期せぬ停電の原因になっている」ことがよく理解されています。

その結果、予期せぬ停電を削減することは効率向上につながるという前提で、野生動物および設備保護の分野の関心が高まっています。ここで、考慮すべき点を以下に挙げてみましょう。

  • 一回の停電のコスト - 数十万ドル相当 (参考文献 3、4、5、6)
  • 野生動物を適切に保護しなかった場合の罰金の可能性 - 50 万ドル (参考文献 5)
  • 野生動物による停電の年間発生回数 - 数万回
  • 野生動物が引き起こす停電のコスト世界総額 - 100 万ドル
  • 野生動物が引き起こす停電の 50% は鳥が原因。

 

この問題に対する理解が深まっているだけでなく、野生動物の利益を最優先する環境団体からの圧力も加わっており、その論点の中で最重要視されているのは、野生動物の感電死の危険性です。これまで、主な関心事は、信頼性を最重要課題とする電力供給業者でしたが、今日では、どちらの立場も考慮する必要があります。このホワイト ペーパーでは、野生動物が送配電網と接触する幅広い用途範囲を取り上げます。問題を明らかにして、信頼性を高めながら野生動物を保護するための新しい材料や設計を使ったソリューションを具体的に説明します。 

このホワイト ペーパーでは、主に野生動物 (鳥類および小動物) が引き起こす問題とそのコスト、長期的ソリューションについて考えます。他の媒体によって発生した停電や損傷について、さまざまな他の情報源を取り上げていますが、そのソリューションは鳥類や小動物が主な原因であった場合と同じです。

 

ホワイト ペーパーをダウンロードして、詳細をご覧ください。

野生動物が引き起こす停電と架空送電線および変電所の保護

より信頼性の高いコスト効率に優れた運用に対する世界的な要求は、増加の一途をたどっています。ダウンタイムは測定され、分単位・秒単位で不利益が発生します。

ここ 20 年の間に業界内の認識が高まり、「外部の通常管理されていない野生動物の影響は、これまで認められていたよりはるかに大きな予期せぬ停電の原因になっている」ことがよく理解されています。

その結果、予期せぬ停電を削減することは効率向上につながるという前提で、野生動物および設備保護の分野の関心が高まっています。ここで、考慮すべき点を以下に挙げてみましょう。

  • 一回の停電のコスト - 数十万ドル相当 (参考文献 3、4、5、6)
  • 野生動物を適切に保護しなかった場合の罰金の可能性 - 50 万ドル (参考文献 5)
  • 野生動物による停電の年間発生回数 - 数万回
  • 野生動物が引き起こす停電のコスト世界総額 - 100 万ドル
  • 野生動物が引き起こす停電の 50% は鳥が原因。

 

この問題に対する理解が深まっているだけでなく、野生動物の利益を最優先する環境団体からの圧力も加わっており、その論点の中で最重要視されているのは、野生動物の感電死の危険性です。これまで、主な関心事は、信頼性を最重要課題とする電力供給業者でしたが、今日では、どちらの立場も考慮する必要があります。このホワイト ペーパーでは、野生動物が送配電網と接触する幅広い用途範囲を取り上げます。問題を明らかにして、信頼性を高めながら野生動物を保護するための新しい材料や設計を使ったソリューションを具体的に説明します。 

このホワイト ペーパーでは、主に野生動物 (鳥類および小動物) が引き起こす問題とそのコスト、長期的ソリューションについて考えます。他の媒体によって発生した停電や損傷について、さまざまな他の情報源を取り上げていますが、そのソリューションは鳥類や小動物が主な原因であった場合と同じです。

 

ホワイト ペーパーをダウンロードして、詳細をご覧ください。