Thomas Rohde・エンジニア・熱収縮チューブ
Thomas Rohde・エンジニア・熱収縮チューブ
私が技術系を志望する決めてとなったのは、初めて受けた化学の授業でした。化学にただ魅了されてしまい、今でも魅了されています。

Thomas Rohde は、2001 年にドイツのオットブルンで、材料開発エンジニアとして TE の材料開発チームに加わりました。 TE 入社以前には、1999 年に化学工学においてドイツの工学修士号を取得しました。修士課程修了と同時に、樹脂・ゲルコート・ガラス光ファイバのセールス エンジニアとしてキャリアをスタートさせました。その後急速にエンジニアリングとマネジメントのスキルを成長させ、現在は TE の研究開発部門材料チームのマネージャを務めています。

1

TE が重点を置いている、現在の材料の進歩について教えてください。

材料研究開発チームはこれまで、国際的な環境・労働安全衛生の原則 (REACH/RoHS など) に適合する、環境に優しい配合の開発と改善だけでなく、「グリーン」でありながら高品質の製品を求めるお客様の需要にお応えするために、膨大なリソースを投じています。需要と意識の向上を受けて、TE は難しい課題に取り組み続けています。

2

最も楽しいと思う業務は何ですか?

材料のエキスパートとしての役割ですね。それには、技術的な多様性だけでなく、開発エンジニアから化合物製造・オペレーション・品質・製品管理・セールス エンジニアまで、事業部門内のさまざまな部署とのコラボレーションが要求されます。

3

どのような分野が専門ですか?

研究開発部門材料チームには、材料の開発・分析・測定のエキスパートが終結しています。特に関心のある分野は、ポリマー熱収縮材・シリコン・ゴム・マスチック・ホットメルト接着剤などです。

4

エンジニアになろうと思ったきっかけは何ですか?

もともと自然科学に興味をもっていましたが、技術系を志望することは、初めて受けた化学の授業で決定的になりました。モノの本質を理解したり、「それは何だろう」という疑問に答える手掛かりとなる化学に、ただ魅了されてしまい、今でも魅了されています。でも、私が求めていたのは化学の実用的な面だったので、それにはエンジニアが向いていると思いました。

Thomas Rohde・エンジニア・熱収縮チューブ
Thomas Rohde・エンジニア・熱収縮チューブ
私が技術系を志望する決めてとなったのは、初めて受けた化学の授業でした。化学にただ魅了されてしまい、今でも魅了されています。

Thomas Rohde は、2001 年にドイツのオットブルンで、材料開発エンジニアとして TE の材料開発チームに加わりました。 TE 入社以前には、1999 年に化学工学においてドイツの工学修士号を取得しました。修士課程修了と同時に、樹脂・ゲルコート・ガラス光ファイバのセールス エンジニアとしてキャリアをスタートさせました。その後急速にエンジニアリングとマネジメントのスキルを成長させ、現在は TE の研究開発部門材料チームのマネージャを務めています。

1

TE が重点を置いている、現在の材料の進歩について教えてください。

材料研究開発チームはこれまで、国際的な環境・労働安全衛生の原則 (REACH/RoHS など) に適合する、環境に優しい配合の開発と改善だけでなく、「グリーン」でありながら高品質の製品を求めるお客様の需要にお応えするために、膨大なリソースを投じています。需要と意識の向上を受けて、TE は難しい課題に取り組み続けています。

2

最も楽しいと思う業務は何ですか?

材料のエキスパートとしての役割ですね。それには、技術的な多様性だけでなく、開発エンジニアから化合物製造・オペレーション・品質・製品管理・セールス エンジニアまで、事業部門内のさまざまな部署とのコラボレーションが要求されます。

3

どのような分野が専門ですか?

研究開発部門材料チームには、材料の開発・分析・測定のエキスパートが終結しています。特に関心のある分野は、ポリマー熱収縮材・シリコン・ゴム・マスチック・ホットメルト接着剤などです。

4

エンジニアになろうと思ったきっかけは何ですか?

もともと自然科学に興味をもっていましたが、技術系を志望することは、初めて受けた化学の授業で決定的になりました。モノの本質を理解したり、「それは何だろう」という疑問に答える手掛かりとなる化学に、ただ魅了されてしまい、今でも魅了されています。でも、私が求めていたのは化学の実用的な面だったので、それにはエンジニアが向いていると思いました。