t

トレンド

電化のためのコラボレーション。

ケニア政府の Vision 2030 は、ケニアの成長率を倍増することを目標とした経済開発計画です。TE Connectivity (TE) は Kenya Power と提携し、電気サービズを改善するための投資を行っています。

著者:

Timothy N.Mathenge、セールス マネージャ - 東アフリカ、電力

過去 10 年間で、ケニアの経済は毎年約 5.1% 成長してきました。 この国の将来の成長力は強力ながらも、将来成長は電気の供給不足によって抑制されてきました。電力の不足によって、ケニア企業の競争力や重要なサービスを提供する政府の能力が阻害されています。そのため、同国は発電容量を増やすチャンスをつかもうとしています。2014 年 6 月から 2015 年 6 月の間で、同国の発電容量は 1,885 MW から 2,299 MW (1 人当たり0.049 kW) に増加しました。 

Kenya Power は、16,552 キロメートルの新しい中電圧および低電圧電力線 (地下および架空) を新しく敷設しました。

政府機関は、電力のインフラを整備して電力セクターを発展させる Vision 2030 のプランの実現を課せられています。 これらの機関には、KENGEN (発電)、KETRACO (送電網)、Kenya Power (供給および販売) があります。TE Connectivity (TE) は、この事業をサポートしてこれらの機関とパートナーシップを結ぶため、2013 年 9 月にケニアのナイロビに東アフリカ事務所を開設しました。当社のチームは Kenya Power と密接に連携し、その戦略的な活動をサポートしてケニアの電力セクターを拡大し、Vision 2030 プランの実現を目指しています。これには、2018 年までの 5,000 MW まで、2030 年までに 18,000 MW まで発電容量の設備基盤を実現するための電力サービス業界への投資も含まれています。Kenya Power にとって、この活動には 4 つの重要な要素があります。それは、ネットワークの拡大、インフラのグレードアップ、供給の拡大、そして成長の可能にすることです。

配電システムの拡張

Kenya Power はネットワークの拡大に大きな投資をしています。この 1 年間で、Kenya Power は 16,552 キロメートルの新しい中電圧および低電圧電力線 (地下および架空) を新しく敷設しました。TE は競争力のある当社のビジネスによってこの活動をサポートし、KPLC 配電システムに設置するための高品質ケーブル アクセサリおよびサージ アレスタを供給しました。 

配電のグレードアップと強化

Kenya Power の変電所を強化すること、広範囲にわたる電力線のメンテナンスを完了させること、そして重要な顧客と高成長地域の電力線を優先的にグレードアップすることは、この活動で求められている重要な要素です。TE の協力によって、Kenya Power は同社のネットワーク上にある低性能製品を TE Connectivity の高品質な製品群に置き換えることができました。 

 TE の東アフリカ事務所は、ケニアの電力セクターを拡大する Kenya Power の戦略的な活動をサポートすることによって、 同社と密接に連携しています。

TE の東アフリカ事務所は、ケニアの電力セクターを拡大する Kenya Power の戦略的な活動をサポートすることによって、同社と密接に連携しています。

接続の加速

2014 ~ 2015 年における Kenya Power の大きな業績の 1 つは、843,899 人の顧客と新しく契約できたことでした。これは、同社にとって過去最大の増加数です。2015 年後半までに、同社は 360 万以上の顧客を擁するに至っています。そして、この急速な成長によってケニアの電気接続アクセス レートが 47% に増加しました。TE は、急成長した接続のサポートに使用する製品の納入契約によって、この成長に拍車をかけることができました。 

ラストマイル接続プロジェクト

ケニアの農村地域や低収入地域の電化を含む、電力供給ネットワークの拡大の最大の課題はコストです。Kenya Power は、ラストマイル接続プロジェクト (Last-Mile Connectivity Project) と呼ばれるプロジェクトを通して、電気アクセスを農村地域や周辺都市地域に拡大しようとしています。電化はミクロ経済レベルでの経済成長を加速するのに役立つと予想され、ひいては、お客様の生活の質が高まることが期待されます。TE の東アフリカ チームは、現地の配電ネットワークを通して、このプロジェクトに関与する契約者の市場セグメントにおいて局地的に利用できる TE 製品を作成しました。 

ケニアの中心地から離れた海沿いの村。
Kenya Power は、ケニア政府の Vision 2030 活動を通して、中心地から離れた地域の電気アクセスを増やすことを目指しています。

このプロジェクトを進めるには、共同事業が必要です。 当社の東アフリカ チームは、Kenya Power の重要なパートナーとして、Vision 2030 活動を実現するために同社の役に立つことが検証された各種サービスを開発して提供しました。 

トレーニングとワークショップ

TE は、中電圧ケーブル アクセサリ、サージ アレスタ、低電圧空中バンドル導線アクセサリを設置するための先進のワークショップを Kenya Power のスタッフに提供します。このトレーニングは、ワークショップで現場敷設をデモンストレーションすることで、理論を越えた実用的な知識を提供します。当社は、現在、高電圧ケーブル アクセサリ 132 kV でのトレーニング プログラムを開発しています。このプログラムの継続と発展は、Kenya Power の能力に対する信頼とこの強力なパートナーシップの価値を示しています。 

品質の改善

Kenya Power は、厳しい国際規格を満たすように設計された中電圧ケーブルについての TE の広範囲にわたる経験、専門知識、ソリューションを活用し、同社の製品仕様を世界レベルの規格を満たすように改善してきました。TE との提携以前は、Kenya Power は質の悪い電力供給製品やインストレーション製品を使用して問題を招いていました。その結果、ネットワーク全体で停電や電力損失事故がたびたび起こっていました。TEの中電圧サージ アレスタの 3 年契約を結んでから、Kenya Power はお客様の信頼を勝ち得てきました。TE の製品は、世界に通用する電力規格を満たす施設を実現しています。 

コスト削減

低品質製品を使用すると、時間が経つにつれ、交換のための高額の費用と大幅な収益損失が生じます。たとえば、低品質のサージ アレスタを使用すると、配電変圧器を適切に保護できないだけでなく、電力損失も発生します。結果として、CML (顧客平均停電時間) が見逃せないレベルとなり、多くのお客様の不満と大幅な収益損失を招きます。Kenya Power は性能仕様を改善してネットワーク全体に TE 製品を設置することによって、高価な主要製品 (変圧器、中電圧電力ケーブル、高電圧電力ケーブルなど) の稼働時の損傷を激減させ、配電システムを改善しました。それによって、ユーザ満足度を向上させることができるようになりました。 

ナイロビ (ケニア) の実業界。

Vision 2030 を通し、ケニア政府はナイロビの実業界を世界的競争力のあるものにしようとしています。

展望

この戦略的活動をサポートすることで、TE は Kenya Power に協力し、電力の信頼性を向上させ、電力損失を低減し、収益基盤を拡大してきました。これらの成果は、ケニア政府の Vision 2030 プランのサポートに重要な進展をもたらしています。