Laurent Royer (HVCS Product Manager)
Laurent Royer (HVCS Product Manager)
世界中のお客様とやり取りしながら、高電圧および超高電圧変電所におけるパワー コネクティビティの性能・信頼性・耐用寿命を向上させていく仕事を、心から楽しんでいます。

Laurent Royer は高電圧コネクタ システム (HVCS) の Global Engineering and Product Management 担当。 最大 1200 kV までの、直流・交流の高電圧および超高電圧 (UHV) 変電所用途について、豊富な専門知識を持っています。Laurent は大規模電気システムに関する国際的非営利団体 CIGRE (国際大電力システム会議) のメンバでもあります。この団体は、知識の共有や協力をはかることで電力システムの進歩改善を目指して、世界中の専門家による連携を促進しています。

1

TE のエンジニアは現在どのような産業界の課題に取り組み、新しい製品ソリューションを実現しようとしていますか?

私たちは変電所インフラの長寿命化に貢献し、送電網の信頼性を向上させる、高電流コネクティビティ システムを開発しています。

この難問に応えるため、TE ではグローバル送電市場において 60 年以上にわって培ってきた経験をもとに、SIMABUS コネクタのような製品を開発しました。

安全かつメンテナンス フリーの製品によって高電圧インフラの寿命を延ばし、結果として既存の変電所における送電能力を向上させることが主な目的です。 

2

携わってきたプロジェクトの中でお気に入りのもの、あるいは最も興味を持っているものは何ですか?

TE に入ってからの数年間、765 kV ~ 1200 kV というインドの超高電圧変電所開発に参加して、お客様と協力して接続システムを最適化するようなプロジェクト設計を行う仕事を楽しんできました。それは、貴重な経験でした。

3

何があなたの刺激になっていますか?困難な問題にどのようにアプローチしていますか?

お客様に満足してもらえることが、日々、刺激となっています。

私たちのもとを訪れるお客様においては、従来の方法では解決できない、コネクティビティに関する問題を抱えている場合が珍しくありません。高負荷電流が流れ、腐食性が高く、地震活動が活発であるような特殊な条件の場合、お客様のソリューションにも特別な設計が必要になります。

TE では、お客様から話を伺って状況を吟味した後、具体例、あるいは現場で信頼性が実証されている製品用途に基づく形でご提案を行っています。さらに、デジタル的な手法を用いて、有限要素法 (FEM: Finite Element Method) 計算による検証も行っており、お客様に多くの価値をご提供しています。

問題のあるところには、答えが必ずあるんです。

Laurent Royer (HVCS Product Manager)
Laurent Royer (HVCS Product Manager)
世界中のお客様とやり取りしながら、高電圧および超高電圧変電所におけるパワー コネクティビティの性能・信頼性・耐用寿命を向上させていく仕事を、心から楽しんでいます。

Laurent Royer は高電圧コネクタ システム (HVCS) の Global Engineering and Product Management 担当。 最大 1200 kV までの、直流・交流の高電圧および超高電圧 (UHV) 変電所用途について、豊富な専門知識を持っています。Laurent は大規模電気システムに関する国際的非営利団体 CIGRE (国際大電力システム会議) のメンバでもあります。この団体は、知識の共有や協力をはかることで電力システムの進歩改善を目指して、世界中の専門家による連携を促進しています。

1

TE のエンジニアは現在どのような産業界の課題に取り組み、新しい製品ソリューションを実現しようとしていますか?

私たちは変電所インフラの長寿命化に貢献し、送電網の信頼性を向上させる、高電流コネクティビティ システムを開発しています。

この難問に応えるため、TE ではグローバル送電市場において 60 年以上にわって培ってきた経験をもとに、SIMABUS コネクタのような製品を開発しました。

安全かつメンテナンス フリーの製品によって高電圧インフラの寿命を延ばし、結果として既存の変電所における送電能力を向上させることが主な目的です。 

2

携わってきたプロジェクトの中でお気に入りのもの、あるいは最も興味を持っているものは何ですか?

TE に入ってからの数年間、765 kV ~ 1200 kV というインドの超高電圧変電所開発に参加して、お客様と協力して接続システムを最適化するようなプロジェクト設計を行う仕事を楽しんできました。それは、貴重な経験でした。

3

何があなたの刺激になっていますか?困難な問題にどのようにアプローチしていますか?

お客様に満足してもらえることが、日々、刺激となっています。

私たちのもとを訪れるお客様においては、従来の方法では解決できない、コネクティビティに関する問題を抱えている場合が珍しくありません。高負荷電流が流れ、腐食性が高く、地震活動が活発であるような特殊な条件の場合、お客様のソリューションにも特別な設計が必要になります。

TE では、お客様から話を伺って状況を吟味した後、具体例、あるいは現場で信頼性が実証されている製品用途に基づく形でご提案を行っています。さらに、デジタル的な手法を用いて、有限要素法 (FEM: Finite Element Method) 計算による検証も行っており、お客様に多くの価値をご提供しています。

問題のあるところには、答えが必ずあるんです。