Harry Yaworski
Harry Yaworski
「不屈の努力が、成功と、大いなる満足をもたらします」

Harry Yaworski は 1984 年、ペンシルバニア州ベスレヘムのモラビアン大学で物理学の学士号を取得しました。 現在は TE で Senior Engineering Manager および Senior Principal Engineer の職にあります。国際商業会議所 (ICC: International Chamber of Commerce) でケーブル付属品関連の議長を、米国電気エネルギー試験調査応用センタ (NEETRAC: National Electric Energy Testing Research and Applications Center) 役員、米国電気電子学会 (IEEE Power Engineering Society) のメンバを 25 年間務めています。Gel および Elbow 製品シリーズの両方で、「インパクト イノベーション アワード」を受賞しています。米国特許を 20 件取得しているほか、IEEE 学会誌では 3 本の論文掲載実績があります。

1

仕事をする上で、何が刺激になっていますか?

お客様が求め、お客様に喜ばれる、新しい高品質の製品を生み出すことで大いに充実感を得ています。達成できたとき、他の難問もおのずと解決できているものです。

2

TE の新しいディスコネクタブル ジョイントは現在、産業界のどのような課題に取り組んでいますか?

ディスコネクタブル ジョイントは、地下送電網で幅広く利用されています。電力会社では、損傷したパワー ケーブル回路を迅速に絶縁・修理できるようになり、時間とコストの節約につながっています。スペースがごく限られ、大抵は曲げられた状態で取り付けられているため、ディスコネクタブル ジョイントにおいては取り付けが容易であり、厳重さと柔軟性を両立させた防水シール機能を備えていることが重要になります。 

常温収縮ディスコネクタブル ジョイント (CSJD) の開発にあたっては、お客様のニーズを常に念頭に置いていました。また、幅広い用途に対応するよう心がけて設計しました。 

3

TE で最も気に入っているプロジェクトは何ですか?

ウィンド ファーム回路から、クリーンな再生可能エネルギをより効率的に提供したいというお客様の要望に応えた、エルボ型避雷器プロジェクトです。据付業者の安全も考慮した、クリエイティブなデザインを生み出すことに成功しています。多国籍編成による開発・産業化チームを任されるというチャンスも得られました。それは、素晴らしい経験でした。 

4

困難な問題にはどのようにアプローチしていますか?

技術的な答えが、いつもすぐに見つかるとは限りません。製品開発には不屈の努力が必要です。失敗も、成功につながる一歩となります。不屈の努力が、成功と、大いなる満足をもたらします。

Harry Yaworski
Harry Yaworski
「不屈の努力が、成功と、大いなる満足をもたらします」

Harry Yaworski は 1984 年、ペンシルバニア州ベスレヘムのモラビアン大学で物理学の学士号を取得しました。 現在は TE で Senior Engineering Manager および Senior Principal Engineer の職にあります。国際商業会議所 (ICC: International Chamber of Commerce) でケーブル付属品関連の議長を、米国電気エネルギー試験調査応用センタ (NEETRAC: National Electric Energy Testing Research and Applications Center) 役員、米国電気電子学会 (IEEE Power Engineering Society) のメンバを 25 年間務めています。Gel および Elbow 製品シリーズの両方で、「インパクト イノベーション アワード」を受賞しています。米国特許を 20 件取得しているほか、IEEE 学会誌では 3 本の論文掲載実績があります。

1

仕事をする上で、何が刺激になっていますか?

お客様が求め、お客様に喜ばれる、新しい高品質の製品を生み出すことで大いに充実感を得ています。達成できたとき、他の難問もおのずと解決できているものです。

2

TE の新しいディスコネクタブル ジョイントは現在、産業界のどのような課題に取り組んでいますか?

ディスコネクタブル ジョイントは、地下送電網で幅広く利用されています。電力会社では、損傷したパワー ケーブル回路を迅速に絶縁・修理できるようになり、時間とコストの節約につながっています。スペースがごく限られ、大抵は曲げられた状態で取り付けられているため、ディスコネクタブル ジョイントにおいては取り付けが容易であり、厳重さと柔軟性を両立させた防水シール機能を備えていることが重要になります。 

常温収縮ディスコネクタブル ジョイント (CSJD) の開発にあたっては、お客様のニーズを常に念頭に置いていました。また、幅広い用途に対応するよう心がけて設計しました。 

3

TE で最も気に入っているプロジェクトは何ですか?

ウィンド ファーム回路から、クリーンな再生可能エネルギをより効率的に提供したいというお客様の要望に応えた、エルボ型避雷器プロジェクトです。据付業者の安全も考慮した、クリエイティブなデザインを生み出すことに成功しています。多国籍編成による開発・産業化チームを任されるというチャンスも得られました。それは、素晴らしい経験でした。 

4

困難な問題にはどのようにアプローチしていますか?

技術的な答えが、いつもすぐに見つかるとは限りません。製品開発には不屈の努力が必要です。失敗も、成功につながる一歩となります。不屈の努力が、成功と、大いなる満足をもたらします。