Cédric Glommeau (HVCS 担当 Product Manager)
Cédric Glommeau (HVCS 担当 Product Manager)
知性こそが変化に対応する能力であり、市場やお客様の変化に対していかに迅速に働きかけたり、反応したりできるかが、非常に重要な意味を持ちます。

Cédric Glommeau は、業界で 13 年以上にわたって経験を積んできました。 2002 年からは、幅広い高電圧プロジェクトに参加するようになりましたが、お客様のニーズを満たすことを常に目指しています。Cédric は多様性に満ちた現在の仕事を気に入っており、プロジェクトでは原材料供給者の選定から、お客様への製品納入・据え付けに至るまで多彩な役割をこなし、さまざまなステージで仕事をしています。彼にとってはコミュニケーションこそが、社内であれお客様とであれ、あらゆる関係性における成功の鍵なのです。

1

何があなたの刺激になっていますか?困難な問題にどのようにアプローチしていますか?

基本的に、私は困難な状況が好きですし、自分の能力をもって状況全体に対峙する瞬間が何より好きなのです。分析段階は、前進するための戦略や行動計画を正しく設定する上で非常に大切です。どの戦略を選ぶかはとても重要ですが、それもこの分析段階があってこそです。問題解決の際にどう立ち回るかは、あらゆる点を明確にして全体像を正しく把握できるかによって、大きく左右されます。

2

TE のエンジニアは現在どのような産業界の課題に取り組み、新しい製品ソリューションを実現しようとしていますか?

現在は、お客様のニーズと業界のニーズの両方に応える、新しいソリューションの開発に取り組んでいます。難しいご要望に対して、国際的な経済インパクトまでをも考慮に入れて、他にはないカスタマ エクスペリエンスを提供しようと、私たちのモチベーションは、これまでにないほど高まっています。製品であれプロセスであれ、自分たちの柔軟性をより高めることによって、いかにお客様へのサービス向上につなげられるかと考えているところです。

3

携わってきたプロジェクトの中でお気に入りのもの、あるいは最も興味を持っているものは何ですか?

プロジェクト業務という特殊な環境に身を置くことで、専門的な経験を培ってきました。私は状況評価・リスク測定・責任感・正確な情報伝達を旨としています。一番面白かったプロジェクトは、過去 70 年で行われてきた製品開発を乗り越えるような、新たな製品シリーズの開発でしょうか。一番難しかったのは、お客様のニーズと企業環境とは相対するものであるという、ある種の固定観念を取り払うことでした。「製造のための設計」というアプローチによって、コネクタのコンセプト全体を考え直すことにつながり、いくつかの技術的障害を打ち破ることができました。

Cédric Glommeau (HVCS 担当 Product Manager)
Cédric Glommeau (HVCS 担当 Product Manager)
知性こそが変化に対応する能力であり、市場やお客様の変化に対していかに迅速に働きかけたり、反応したりできるかが、非常に重要な意味を持ちます。

Cédric Glommeau は、業界で 13 年以上にわたって経験を積んできました。 2002 年からは、幅広い高電圧プロジェクトに参加するようになりましたが、お客様のニーズを満たすことを常に目指しています。Cédric は多様性に満ちた現在の仕事を気に入っており、プロジェクトでは原材料供給者の選定から、お客様への製品納入・据え付けに至るまで多彩な役割をこなし、さまざまなステージで仕事をしています。彼にとってはコミュニケーションこそが、社内であれお客様とであれ、あらゆる関係性における成功の鍵なのです。

1

何があなたの刺激になっていますか?困難な問題にどのようにアプローチしていますか?

基本的に、私は困難な状況が好きですし、自分の能力をもって状況全体に対峙する瞬間が何より好きなのです。分析段階は、前進するための戦略や行動計画を正しく設定する上で非常に大切です。どの戦略を選ぶかはとても重要ですが、それもこの分析段階があってこそです。問題解決の際にどう立ち回るかは、あらゆる点を明確にして全体像を正しく把握できるかによって、大きく左右されます。

2

TE のエンジニアは現在どのような産業界の課題に取り組み、新しい製品ソリューションを実現しようとしていますか?

現在は、お客様のニーズと業界のニーズの両方に応える、新しいソリューションの開発に取り組んでいます。難しいご要望に対して、国際的な経済インパクトまでをも考慮に入れて、他にはないカスタマ エクスペリエンスを提供しようと、私たちのモチベーションは、これまでにないほど高まっています。製品であれプロセスであれ、自分たちの柔軟性をより高めることによって、いかにお客様へのサービス向上につなげられるかと考えているところです。

3

携わってきたプロジェクトの中でお気に入りのもの、あるいは最も興味を持っているものは何ですか?

プロジェクト業務という特殊な環境に身を置くことで、専門的な経験を培ってきました。私は状況評価・リスク測定・責任感・正確な情報伝達を旨としています。一番面白かったプロジェクトは、過去 70 年で行われてきた製品開発を乗り越えるような、新たな製品シリーズの開発でしょうか。一番難しかったのは、お客様のニーズと企業環境とは相対するものであるという、ある種の固定観念を取り払うことでした。「製造のための設計」というアプローチによって、コネクタのコンセプト全体を考え直すことにつながり、いくつかの技術的障害を打ち破ることができました。