高性能なエンドツーエンドの接続性が要求される次世代型 UAV

要約

UAV の精巧さと能力は進化を続けているので、性能のボトルネック回避のためエンジニアはエンドツーエンドの接続性にさらに注意を払う必要があります。多くの UAV は何日も続けて飛行を測定し続けることができる長期滞空プラットフォームであり、当てもなく飛び回って監視や空爆ミッションを実行します。監視の役割においては、UAV は可視光から赤外線や熱までさまざまな周波数に対処するために複数のカメラとセンサを輸送する場合があります。スペクトルの課題に加えて、低解像度と視界の狭さを克服するカメラを作製することも重要な課題です。『Military Embedded Systems』(2014 月 5 月号) からの引用

高性能なエンドツーエンドの接続性が要求される次世代型 UAV

要約

UAV の精巧さと能力は進化を続けているので、性能のボトルネック回避のためエンジニアはエンドツーエンドの接続性にさらに注意を払う必要があります。多くの UAV は何日も続けて飛行を測定し続けることができる長期滞空プラットフォームであり、当てもなく飛び回って監視や空爆ミッションを実行します。監視の役割においては、UAV は可視光から赤外線や熱までさまざまな周波数に対処するために複数のカメラとセンサを輸送する場合があります。スペクトルの課題に加えて、低解像度と視界の狭さを克服するカメラを作製することも重要な課題です。『Military Embedded Systems』(2014 月 5 月号) からの引用