スモール フォーム ファクタ埋め込みシステムにおける高速 I/O のニーズに対応したミニチュア コネクタの広がり

要約

堅牢なスモール フォーム ファクタ (SFF) 埋め込みコンピュータの世界は急速に成長しています。高性能な埋め込みコンピューティングの標準的なソリューションは今もなお VPX などの強力なアーキテクチャですが、設計者たちはスペースと重量を節約するために小型で軽量の入出力ソリューションに目を向けています。VPX はモジュラ式で拡張可能なため、SFF システムに最適です。しかし、組み込み型のコンピュータの馬力を発揮させ、エンドツーエンドの高速性能を達成することは新たな課題となっています。新世代のミニチュアおよびナノミニチュア コネクタは現在、ギガビットおよび 10G イーサネットなどの 100 オーム データ バスの高速 I/O のニーズをサポートします。このようなコネクタには、ノイズキャンセリング、漏話の低減、信号の整合性維持に関して劣悪な環境での長年テストされた堅牢な設計が使用されています。

電子機器に関してより小型、高速、効率的なシステムを作ろうという恒常的な動向があることは目新しいことではありません。これは組み込みコンピューティングについても同様であり、より小型、より軽量、より少ない電力を必要とするシステムへの動向により新たな用途の可能性をもたらしています。スモール フォーム ファクタ システムは、衛星、スマート爆弾、ミサイル防衛、航空機通信、UAV、および類似の用途での使用を可能にします。このような用途は、サイズ、重量、電力 (SWaP) の要件により非常に制約されます。ここでの目的は、モバイル分野で配備するのに十分小さく十分堅牢なシステムを作ることです。

コネクタの観点から見ると、SFF システムには、より小型で軽量でありながら、マルチギガビットの速度を可能にし、既存の軍用スタイルのコネクタ並みの堅牢さのある接続が必要とされます。その他、たとえば適切な材料の選択、現場での修復性、公知のコンポーネントの再利用などの望ましい属性も、SFF 向け相互接続の成功を助けます。 『Vita Technologies』(2014 年 4 月号) からの引用

スモール フォーム ファクタ埋め込みシステムにおける高速 I/O のニーズに対応したミニチュア コネクタの広がり

要約

堅牢なスモール フォーム ファクタ (SFF) 埋め込みコンピュータの世界は急速に成長しています。高性能な埋め込みコンピューティングの標準的なソリューションは今もなお VPX などの強力なアーキテクチャですが、設計者たちはスペースと重量を節約するために小型で軽量の入出力ソリューションに目を向けています。VPX はモジュラ式で拡張可能なため、SFF システムに最適です。しかし、組み込み型のコンピュータの馬力を発揮させ、エンドツーエンドの高速性能を達成することは新たな課題となっています。新世代のミニチュアおよびナノミニチュア コネクタは現在、ギガビットおよび 10G イーサネットなどの 100 オーム データ バスの高速 I/O のニーズをサポートします。このようなコネクタには、ノイズキャンセリング、漏話の低減、信号の整合性維持に関して劣悪な環境での長年テストされた堅牢な設計が使用されています。

電子機器に関してより小型、高速、効率的なシステムを作ろうという恒常的な動向があることは目新しいことではありません。これは組み込みコンピューティングについても同様であり、より小型、より軽量、より少ない電力を必要とするシステムへの動向により新たな用途の可能性をもたらしています。スモール フォーム ファクタ システムは、衛星、スマート爆弾、ミサイル防衛、航空機通信、UAV、および類似の用途での使用を可能にします。このような用途は、サイズ、重量、電力 (SWaP) の要件により非常に制約されます。ここでの目的は、モバイル分野で配備するのに十分小さく十分堅牢なシステムを作ることです。

コネクタの観点から見ると、SFF システムには、より小型で軽量でありながら、マルチギガビットの速度を可能にし、既存の軍用スタイルのコネクタ並みの堅牢さのある接続が必要とされます。その他、たとえば適切な材料の選択、現場での修復性、公知のコンポーネントの再利用などの望ましい属性も、SFF 向け相互接続の成功を助けます。 『Vita Technologies』(2014 年 4 月号) からの引用