VPX 接続でのオプションの拡大

要約

『Military Embedded Systems』2011 年 10 月号からの引用

帯域幅は多過ぎるということはありません。高速処理、通信するデータ量の増加に対応するには、ボード レベルから I/O まで幅広い帯域幅を必要とします。切り替えファイバ アーキテクチャで 6.25 Gb/秒をサポートするバックプレーン コネクタ システムを含む VPX は、VMEbus の最新世代であり、埋め込み型コンピュータ システムで新たな性能のレベルを実現します。VPX システムは、地上、航空宇宙、および海洋用途で、10G イーサネット、RapidIO、InfiniBand、および HyperTransport プロトコルなどの高速プロトコルを必要とするフレキシブルな用途向けに設計されています。

VPX は、防衛用途、特に C4ISR (指揮、統制、通信、コンピュータ、情報、監視、偵察) で最も広範囲に使用されています。信号情報活動 (SigInt)、電子情報 (ElInt)、レーダ、および類似のプロセッサ集約的用途は、高馬力および高帯域幅のコンピューティングを必要とします。VPX は、飛行、地上防衛、およびその他の軍事用途などの厳しい環境での高速処理の要求を満たすための、組み込みコンピューティングの耐久性を高めたアプローチです。

若く活気に満ち、急速に成長しているエコシステムとして、VPX は、世界中のコンピューティングおよび航空宇宙/防衛の両産業からの支持を得ています。このような広い支持を受けて標準化が進み、比較的効率良くさまざまなレベルのサプライ チェーン (コンポーネント、サブシステム、プラットフォーム) を実現しています。VPX の成功の鍵は、市販の在庫製品、広範な国際的サプライヤ ベースの育成、市場投入時間の短縮、エコシステムの進化のさらなる促進といった強い信頼でした。『Military Embedded Systems』(2011 年 10 月号) からの引用

VPX 接続でのオプションの拡大

要約

『Military Embedded Systems』2011 年 10 月号からの引用

帯域幅は多過ぎるということはありません。高速処理、通信するデータ量の増加に対応するには、ボード レベルから I/O まで幅広い帯域幅を必要とします。切り替えファイバ アーキテクチャで 6.25 Gb/秒をサポートするバックプレーン コネクタ システムを含む VPX は、VMEbus の最新世代であり、埋め込み型コンピュータ システムで新たな性能のレベルを実現します。VPX システムは、地上、航空宇宙、および海洋用途で、10G イーサネット、RapidIO、InfiniBand、および HyperTransport プロトコルなどの高速プロトコルを必要とするフレキシブルな用途向けに設計されています。

VPX は、防衛用途、特に C4ISR (指揮、統制、通信、コンピュータ、情報、監視、偵察) で最も広範囲に使用されています。信号情報活動 (SigInt)、電子情報 (ElInt)、レーダ、および類似のプロセッサ集約的用途は、高馬力および高帯域幅のコンピューティングを必要とします。VPX は、飛行、地上防衛、およびその他の軍事用途などの厳しい環境での高速処理の要求を満たすための、組み込みコンピューティングの耐久性を高めたアプローチです。

若く活気に満ち、急速に成長しているエコシステムとして、VPX は、世界中のコンピューティングおよび航空宇宙/防衛の両産業からの支持を得ています。このような広い支持を受けて標準化が進み、比較的効率良くさまざまなレベルのサプライ チェーン (コンポーネント、サブシステム、プラットフォーム) を実現しています。VPX の成功の鍵は、市販の在庫製品、広範な国際的サプライヤ ベースの育成、市場投入時間の短縮、エコシステムの進化のさらなる促進といった強い信頼でした。『Military Embedded Systems』(2011 年 10 月号) からの引用