埋め込み型コンピューティングに対応した多芯線 RF バックプレーン コネクタの設計

要約

第二次世界大戦後の無線周波数 (RF) 技術の急速な発展により、今日使用されている高機敏性のレーダおよび高速通信システムのビルディング ブロックが作られました。RF 信号処理の革新、統合された電子機器、および相互接続の小型化は、目標物の位置特定と追跡のために機械的な上下動を必要とした大型で複雑な狭帯域幅システムから、今日使用されるアクティブ電子走査アレイ (AESA) レーダへの進化に貢献しました。AESA レーダ システムは、単一のアンテナ パネル上に複数のビームを形成して同時に複数の目標別を追跡することができ、これにより、現代の陸上、海洋、および空中の軍隊に著しい利点を提供しています。 『Microwave Journal』(2014 年 10 月号) からの引用

埋め込み型コンピューティングに対応した多芯線 RF バックプレーン コネクタの設計

要約

第二次世界大戦後の無線周波数 (RF) 技術の急速な発展により、今日使用されている高機敏性のレーダおよび高速通信システムのビルディング ブロックが作られました。RF 信号処理の革新、統合された電子機器、および相互接続の小型化は、目標物の位置特定と追跡のために機械的な上下動を必要とした大型で複雑な狭帯域幅システムから、今日使用されるアクティブ電子走査アレイ (AESA) レーダへの進化に貢献しました。AESA レーダ システムは、単一のアンテナ パネル上に複数のビームを形成して同時に複数の目標別を追跡することができ、これにより、現代の陸上、海洋、および空中の軍隊に著しい利点を提供しています。 『Microwave Journal』(2014 年 10 月号) からの引用