次世代の軍用航空用途の極端な要件に対応したコネクタ設計 (英語)

要約

詳細さらなる性能の向上を推進する要素があります。軍事および航空宇宙用途の埋め込み型コンピュータ システムの設計者にとっては、「さらなる」とは、ますます複雑になる信号情報活動や軍事通信の処理速度を高めることを意味します。そのためには、高速なデータ レートで処理できるだけでなく、最も過酷な環境でも高い信頼性で機能するコネクタが必要です。

コネクタの設計者は高速処理の要件と過酷な環境に取り組みますが、最近の傾向では他にも設計を左右するものが 2 つあります。1 つ目は、より小型、軽量、高性能なシステムを作るために、SWaP、つまりサイズ、重量、および消費電力に対処することです。高性能の航空機においては、有人無人を問わずスペースが常に重視され、重量は飛行時間およびペイロードに直接関係し、効率的な配電はより小型の発電コンポーネントを意味します。したがって、システム設計者は当然 SWaP に力を注ぎます。もう 1 つの重要な傾向は、市販既製 (COTS) コンポーネントの使用であり、これにより必要なときに製品を確実に使用することができます。新しい設計の場合でも、ビルディング ブロックなどの十分に確立された実績のあるテクノロジを使用して、COTS に基づくことが可能です。

コネクタに新たなレベルの堅牢性を付加するには、全く新しいコネクタを作るか、または既存のコネクタをアップグレードするかの 2 つの方法があります。1 つ目の方法で設計者には自由が与えれますが、従来製品の設計や標準からの資産が受け継がれません。2 つ目の場合には、既存のコネクタ及びボードの設計との後方互換性が得られます。 『Digi-Key』(2014 年 4 月号) からの引用

次世代の軍用航空用途の極端な要件に対応したコネクタ設計 (英語)

要約

詳細さらなる性能の向上を推進する要素があります。軍事および航空宇宙用途の埋め込み型コンピュータ システムの設計者にとっては、「さらなる」とは、ますます複雑になる信号情報活動や軍事通信の処理速度を高めることを意味します。そのためには、高速なデータ レートで処理できるだけでなく、最も過酷な環境でも高い信頼性で機能するコネクタが必要です。

コネクタの設計者は高速処理の要件と過酷な環境に取り組みますが、最近の傾向では他にも設計を左右するものが 2 つあります。1 つ目は、より小型、軽量、高性能なシステムを作るために、SWaP、つまりサイズ、重量、および消費電力に対処することです。高性能の航空機においては、有人無人を問わずスペースが常に重視され、重量は飛行時間およびペイロードに直接関係し、効率的な配電はより小型の発電コンポーネントを意味します。したがって、システム設計者は当然 SWaP に力を注ぎます。もう 1 つの重要な傾向は、市販既製 (COTS) コンポーネントの使用であり、これにより必要なときに製品を確実に使用することができます。新しい設計の場合でも、ビルディング ブロックなどの十分に確立された実績のあるテクノロジを使用して、COTS に基づくことが可能です。

コネクタに新たなレベルの堅牢性を付加するには、全く新しいコネクタを作るか、または既存のコネクタをアップグレードするかの 2 つの方法があります。1 つ目の方法で設計者には自由が与えれますが、従来製品の設計や標準からの資産が受け継がれません。2 つ目の場合には、既存のコネクタ及びボードの設計との後方互換性が得られます。 『Digi-Key』(2014 年 4 月号) からの引用