静電気拡散性を備えた ETFE 誘電性ポリマが、電線における静電気の制御で威力を発揮

NASA のジェット推進研究所 (JPL: Jet Propulsion Laboratory) および ゴダード宇宙飛行センター (GSFC: Goddard Space Flight Center) が最近実施したテストによれば、新しいナノ カーボン放射線架橋エチレン テトラフロロエチレン (ETFE) が、宇宙船で使用されている電線における静電気 (ESD) の制御に役立つことが分かりました。

電気的相互接続システム内の静電気制御は、ESDの発生による電子機器の破損がミッション失敗につながりかねない宇宙船において、特に重要な意味を持っています。

実際に、宇宙船の異常/故障の 54% が、静電気や帯電によって発生していると報告されています。たとえば、2010 年 4 月には通信衛星 15 基が静止軌道から外れています。宇宙科学分野の文献に掲載されている報告は、宇宙船の帯電が異常の原因であることを示唆するものです。幸運なことに、ある回避策によってミッション続行が可能となりました。被害にあったのは、2003 年 10 月に電源消失していた地球観測技術衛星 II 型 (ADEOS-II: Advanced Earth Observing Satellite) でした。科学的調査の結果、高エネルギーの極光電子によって帯電が起こった後、電源ケーブル間で放電が生じていたことが判明しました。衛星が復旧することはありませんでした。

静電気拡散性を備えた ETFE 誘電性ポリマが、電線における静電気の制御で威力を発揮

NASA のジェット推進研究所 (JPL: Jet Propulsion Laboratory) および ゴダード宇宙飛行センター (GSFC: Goddard Space Flight Center) が最近実施したテストによれば、新しいナノ カーボン放射線架橋エチレン テトラフロロエチレン (ETFE) が、宇宙船で使用されている電線における静電気 (ESD) の制御に役立つことが分かりました。

電気的相互接続システム内の静電気制御は、ESDの発生による電子機器の破損がミッション失敗につながりかねない宇宙船において、特に重要な意味を持っています。

実際に、宇宙船の異常/故障の 54% が、静電気や帯電によって発生していると報告されています。たとえば、2010 年 4 月には通信衛星 15 基が静止軌道から外れています。宇宙科学分野の文献に掲載されている報告は、宇宙船の帯電が異常の原因であることを示唆するものです。幸運なことに、ある回避策によってミッション続行が可能となりました。被害にあったのは、2003 年 10 月に電源消失していた地球観測技術衛星 II 型 (ADEOS-II: Advanced Earth Observing Satellite) でした。科学的調査の結果、高エネルギーの極光電子によって帯電が起こった後、電源ケーブル間で放電が生じていたことが判明しました。衛星が復旧することはありませんでした。