Nathan Tracy、Technologist
Nathan Tracy、Technologist
私は、TE のエンジニア達や他の専門家との協力の下、1 件の問題に対して可能な限り複数の対処方法を探し出し、上位レベルで問題を解決することを最上と考えています。

Nathan Tracy は、ノースダートマスにあるマサチューセッツ大学で工学を学びました。成果主義に基づく企業家精神の持ち主であった彼は、その精神に導かれて米国南西部へ移りました。 彼はそこでお客様に直接接しながら問題の解決方法を学ぶ中で、設計作業に向けたビジネス開発が自分に適していることを見出しました。彼は、学業を終えると M/A-COM (以前は TE の一部門) に入り、工場での作業から市場での営業 (ここでは、防衛産業請負業者などのお客様も担当しています) や製品開発まで、社内でのほぼすべての業務を順番に経験しました。TE との興味深い機会を通じ、彼は "ほんの数年間" のつもりでペンシルベニアに赴きました。そして 17 年後、業界標準でのリーダーシップを生かし、Nathan は問題解決者と革新者として常に追い求めていた機会を得ることができました。「TE のリソース、そしてさまざまな分野にわたるエンジニアとの接触を通じ、私たちのチームは、お客様が必要とされる解答を見出しています。これこそ、私が求めていた世界です。」 

1

TE の業界標準での業務のほかに、システム アーキテクチャ チームでは技術者としてどのような役割を担っていますか?

データ通信、データ センタ、ワイヤレスの市場で広範な用途に使用されるコネクティビティ製品に重点を置いています。私の専門領域は、コネクタ、通信システム アーキテクチャ、光ファイバ、高速伝送、無線周波数 (RF) システムなどの信頼性に優れた製品の物理にあります。

2

新しい技術が次々と出現し、要件が変化し続ける現代において、どのようにして時流に乗り遅れないようにしていますか?

変化の速さが加速し続けている状況下では、これはちょっとした難問です。前に進む速度を落とすわけにはいきませんが、お客様と密に接し続けることと大量の新しい情報を吸収することを最優先としています。業界標準の会合からは豊富な情報を入手しています。この会合は、お客様企業やシリコン チップ開発企業のシステム アーキテクチャ専門家と歓談し、前向き思考の方々の意見を拝聴できる絶好の機会です。

3

現在のトレンドで、エンジニアリングに長期的に影響する可能性があるものは何ですか?それはなぜですか。

車載用イーサネットです。自動車は、単なる移動手段ではなく、これまで以上にビジネス ツールと娯楽のハブになりつつあります。データに接続することにより、自動車の中で仕事ができ、自動車の中で子供達を楽しませることができます。また、車線逸脱警告やブレーキ アシストなどの安全システムによる安心感を得ることもできます。このようなことから、車載データ ネットワークを最優先課題としています。

4

データ アクセスの傾向についてもう少し詳しくお話しいただけますか。そのような傾向は私たちにとって何を意味しているのでしょうか?

例として、フィットネスと集団検診のデータを挙げましょう。現在、私は約 5 年分の集団検診データにアクセスできます。また、これらすべてのデータとフィードバックにアクセスできるフィットネス モニタを身に付けています。このことは私にとって、自身のフィットネス データを積極的に維持できることを意味しています。健康増進だけではなく、状況によっては、健康管理に要する経費を削減できることでもあります。

5

御社の他の部門とも普段からお話をされているのですか?

現在では、自動車や自宅の暖房に電話を接続できるようにすべてを接続できる状態にありますから、他のグループに接続するすべての機会を活用して技術上のアイデアを交換し、充実したものにしています。その中から、これまで以上に優れたソリューションも生まれてきます。また、TE 社内の技術会議は、このような活動をフランクな雰囲気の中で進める絶好の場所です。

6

プロジェクトから学んだ教訓を、将来の業績に反映するためにどのように活用していますか?

新たなことを学ぶこともあれば、学んだことを繰り返すこともあります。効果があったものは何か、また各プロジェクトで成功裏に実行できたものは何かという点を客観的に把握するようにしています。このようにすることで、私たちの能力を引き上げ、ミスを最小限に抑えることができます。

7

最新の革新的な発見についてお話しいただけますか?

私たちは、より高密度な相互接続を追求していました。その目標は深遠なものではなく、限られた空間により多くの接続を実現することでした。私たちには「データ レートも引き上げることができるだろうか? できるとすれば、速いデータ レートと高密度に伴う熱の問題をどのように解決できるだろうか?」という疑問がありました。TE の技術陣は優れた方策にたどり着き、ここから他社 11 社との microQSFP Multi Source Agreement が始まり、この高密度で高機能な耐熱型 I/O コネクタ ソリューションを市場に送り出すことができました。

8

気に入っている製品はありますか?

常日頃から、FASTON 端子のような無はんだのクリンプ接続コネクタに興味を持ってきました。これは簡潔ながら巧妙な製品です。製品化されたのは 1950 年代ですが、今日でも効果的なソリューションであり続けています。最近の状況に目を移すと、RJ Point 5、ミニチュア イーサネット コネクタ、Coolbit 光学エンジン、STRADA Whisper バックプレーン コネクタといった製品はすべて、新たに湧き起こっているニーズに応えるために TE の技術陣が市場に送り出したものです。きわめて簡潔な機能からきわめて複雑な製品まで、当社の技術に関与していることに喜びを感じています。

私は農村部で育ちましたが、毎日何かが修理や改善を必要としていたように思います。私にとって、問題解決の最初の学習基盤はここにありました。
Nathan Tracy,
ビジネス開発マネージャ、システム アーキテクチャ チーム
Nathan Tracy、Technologist
Nathan Tracy、Technologist
私は、TE のエンジニア達や他の専門家との協力の下、1 件の問題に対して可能な限り複数の対処方法を探し出し、上位レベルで問題を解決することを最上と考えています。

Nathan Tracy は、ノースダートマスにあるマサチューセッツ大学で工学を学びました。成果主義に基づく企業家精神の持ち主であった彼は、その精神に導かれて米国南西部へ移りました。 彼はそこでお客様に直接接しながら問題の解決方法を学ぶ中で、設計作業に向けたビジネス開発が自分に適していることを見出しました。彼は、学業を終えると M/A-COM (以前は TE の一部門) に入り、工場での作業から市場での営業 (ここでは、防衛産業請負業者などのお客様も担当しています) や製品開発まで、社内でのほぼすべての業務を順番に経験しました。TE との興味深い機会を通じ、彼は "ほんの数年間" のつもりでペンシルベニアに赴きました。そして 17 年後、業界標準でのリーダーシップを生かし、Nathan は問題解決者と革新者として常に追い求めていた機会を得ることができました。「TE のリソース、そしてさまざまな分野にわたるエンジニアとの接触を通じ、私たちのチームは、お客様が必要とされる解答を見出しています。これこそ、私が求めていた世界です。」 

1

TE の業界標準での業務のほかに、システム アーキテクチャ チームでは技術者としてどのような役割を担っていますか?

データ通信、データ センタ、ワイヤレスの市場で広範な用途に使用されるコネクティビティ製品に重点を置いています。私の専門領域は、コネクタ、通信システム アーキテクチャ、光ファイバ、高速伝送、無線周波数 (RF) システムなどの信頼性に優れた製品の物理にあります。

2

新しい技術が次々と出現し、要件が変化し続ける現代において、どのようにして時流に乗り遅れないようにしていますか?

変化の速さが加速し続けている状況下では、これはちょっとした難問です。前に進む速度を落とすわけにはいきませんが、お客様と密に接し続けることと大量の新しい情報を吸収することを最優先としています。業界標準の会合からは豊富な情報を入手しています。この会合は、お客様企業やシリコン チップ開発企業のシステム アーキテクチャ専門家と歓談し、前向き思考の方々の意見を拝聴できる絶好の機会です。

3

現在のトレンドで、エンジニアリングに長期的に影響する可能性があるものは何ですか?それはなぜですか。

車載用イーサネットです。自動車は、単なる移動手段ではなく、これまで以上にビジネス ツールと娯楽のハブになりつつあります。データに接続することにより、自動車の中で仕事ができ、自動車の中で子供達を楽しませることができます。また、車線逸脱警告やブレーキ アシストなどの安全システムによる安心感を得ることもできます。このようなことから、車載データ ネットワークを最優先課題としています。

4

データ アクセスの傾向についてもう少し詳しくお話しいただけますか。そのような傾向は私たちにとって何を意味しているのでしょうか?

例として、フィットネスと集団検診のデータを挙げましょう。現在、私は約 5 年分の集団検診データにアクセスできます。また、これらすべてのデータとフィードバックにアクセスできるフィットネス モニタを身に付けています。このことは私にとって、自身のフィットネス データを積極的に維持できることを意味しています。健康増進だけではなく、状況によっては、健康管理に要する経費を削減できることでもあります。

5

御社の他の部門とも普段からお話をされているのですか?

現在では、自動車や自宅の暖房に電話を接続できるようにすべてを接続できる状態にありますから、他のグループに接続するすべての機会を活用して技術上のアイデアを交換し、充実したものにしています。その中から、これまで以上に優れたソリューションも生まれてきます。また、TE 社内の技術会議は、このような活動をフランクな雰囲気の中で進める絶好の場所です。

6

プロジェクトから学んだ教訓を、将来の業績に反映するためにどのように活用していますか?

新たなことを学ぶこともあれば、学んだことを繰り返すこともあります。効果があったものは何か、また各プロジェクトで成功裏に実行できたものは何かという点を客観的に把握するようにしています。このようにすることで、私たちの能力を引き上げ、ミスを最小限に抑えることができます。

7

最新の革新的な発見についてお話しいただけますか?

私たちは、より高密度な相互接続を追求していました。その目標は深遠なものではなく、限られた空間により多くの接続を実現することでした。私たちには「データ レートも引き上げることができるだろうか? できるとすれば、速いデータ レートと高密度に伴う熱の問題をどのように解決できるだろうか?」という疑問がありました。TE の技術陣は優れた方策にたどり着き、ここから他社 11 社との microQSFP Multi Source Agreement が始まり、この高密度で高機能な耐熱型 I/O コネクタ ソリューションを市場に送り出すことができました。

8

気に入っている製品はありますか?

常日頃から、FASTON 端子のような無はんだのクリンプ接続コネクタに興味を持ってきました。これは簡潔ながら巧妙な製品です。製品化されたのは 1950 年代ですが、今日でも効果的なソリューションであり続けています。最近の状況に目を移すと、RJ Point 5、ミニチュア イーサネット コネクタ、Coolbit 光学エンジン、STRADA Whisper バックプレーン コネクタといった製品はすべて、新たに湧き起こっているニーズに応えるために TE の技術陣が市場に送り出したものです。きわめて簡潔な機能からきわめて複雑な製品まで、当社の技術に関与していることに喜びを感じています。

私は農村部で育ちましたが、毎日何かが修理や改善を必要としていたように思います。私にとって、問題解決の最初の学習基盤はここにありました。
Nathan Tracy,
ビジネス開発マネージャ、システム アーキテクチャ チーム