コネクティビティの設計に影響を与える 4 つのトレンド (英語)

接続ソリューションの幅広さによって業界トレンドに効果的に対応

「ビッグ データ」やモノのインターネット (IoT) からウェアラブル デバイス、4K テレビ、5G ワイヤレス ネットワークに至るまで、市場原理の働きによって世の中にはより多くのデータをより高速により多くの場所へ送るニーズが広がっています。その結果、製品はますます高速化、小型化され、接続性とエネルギ効率が強化されています。それと同時に、製品の価値寿命は短くなっています。企業はライフスパンの短い製品をより短期間で市場に投入するというプレッシャーに常にさらされており、市場が求める新しい製品を迅速かつ機敏に製造し、展開しなければなりません。データ センタのハードウェアが数十年間使い続けられ、消費者向けデバイスは壊れたときだけ交換された時代は、はるか昔のことです。この新しいデータハングリーな世界において、設計者は同じフットプリント内で簡単にアップグレードできるコンポーネントを求めています。そうすれば、将来のユーザ要件に合わせてコンポーネントを迅速かつ効率的に拡張できます。

コネクティビティの設計に影響を与える 4 つのトレンド (英語)

接続ソリューションの幅広さによって業界トレンドに効果的に対応

「ビッグ データ」やモノのインターネット (IoT) からウェアラブル デバイス、4K テレビ、5G ワイヤレス ネットワークに至るまで、市場原理の働きによって世の中にはより多くのデータをより高速により多くの場所へ送るニーズが広がっています。その結果、製品はますます高速化、小型化され、接続性とエネルギ効率が強化されています。それと同時に、製品の価値寿命は短くなっています。企業はライフスパンの短い製品をより短期間で市場に投入するというプレッシャーに常にさらされており、市場が求める新しい製品を迅速かつ機敏に製造し、展開しなければなりません。データ センタのハードウェアが数十年間使い続けられ、消費者向けデバイスは壊れたときだけ交換された時代は、はるか昔のことです。この新しいデータハングリーな世界において、設計者は同じフットプリント内で簡単にアップグレードできるコンポーネントを求めています。そうすれば、将来のユーザ要件に合わせてコンポーネントを迅速かつ効率的に拡張できます。