Erin Byrne、ディレクタ、技術戦略
Erin Byrne、ディレクタ、技術戦略
姿勢こそがカギです – 違いを生み出すことができると確信すること。問題が提示されたとき、私たちは状況を把握し、当社が適応できることを見出して、ソリューションを提案します。

独創的であること。自らを差別化すること。大きな成功を目指すこと。 これらの声明は、Erin Byrne が特にお気に入りの TE 製品、つまり mid-board 光モジュールに当てはまるだけでなく、彼女の素晴らしいキャリアに対するアプローチも言い表しています。Erin にとって、百点満点は十分とはいえません、それより上を目指します。自ら指揮する技術ソリューション グループの中では、批判的な思考スキル、向学心と向上心、そして変化を受け入れる能力を求めます。Erin は、「私自身のキャリアも、グループの従業員のキャリアも、始めたときのようには終わりません。成功とは常に学び、向上し、取り入れることであり、私の役割はこれを従業員に奨励することです」と自信を述べ、あらゆる機会に価値を提供するために努力しています。Erin は議長席に座っていますが、「孤立して優れたソリューションを生み出すことはできない」と信じ、他の従業員に貢献の余地を与えます。

次に渡そう

Erin は、有意義で生産的なインターンシップを通じて新しいエンジニアを育成し、女性エンジニア コミュニティの拡大を支援しています。「TE のプログラムの一環として、私のグループは毎年 1 人か 2 人のインターンをサポートします。インターンには実地作業が与えられ、現実的な期待が寄せられます。」従来の男性中心の職場の中の一女性として、Erin は、より積極的に発言を行い、影響力のあるビジネスの成果を達成することで信頼を獲得するよう、他の女性を励ましています。ここに至るまでの道のりを支援してくれた人たちのおかげであることに感謝し、「率直に意見を言うように励まされ、簡潔さと明確さを学びました。他の人にとってもいいお手本になることを願っています」と述べています。

確信

違いを生み出すことができると確信すること。他の人の意見を聞き、適応できることを見出して、ソリューションを提案すること。

前進

技術的課題でソリューションを前進させるためのカギは、異なる観点で問題を見ること。

向上

成功は、継続的な向上を求め、変化を続ける要件をすばやく取り入れることから生まれる。

1

エンジニアになろうと思ったきっかけは何ですか?

私は 8 歳のときに、両親に顕微鏡と望遠鏡、それに科学実験用品のセットをねだりました。星座から微生物や原子に至るまで、常に自然界に魅了されていました。

2

業界の動向に対応するために、あなたとチームはどのような新しい製品ソリューションに取り組んでいますか?

データ速度と密度が増大し続ける中で、データ センタの長距離通信におけるデータ伝送のギガビットあたりのコスト削減に取り組んでいます。

3

困難な問題にはどのようにアプローチしていますか?

最も手ごわい問題は、多様なエンジニアリングのノウハウに値します。適度に多様な人材を集め、お客様に最も重要な価値を提供する新しいソリューションを開発するように駆り立てます。手を止めて、まったく新しいソリューションに目を向ける時期を知ることが重要です。

4

あなたの動機付けは何ですか?

性能または価格/性能の中の実証された価値をお客様にお見せすることです。新しいソリューションには、既存のソリューションの 10 倍に値する向上を求めます。

5

プロジェクトを担当されているとき、これまでどのような技術的課題に直面し、それをどのように解決しましたか?

歩留まりの問題を解決しなければならないプロジェクトがありました。私たちは、その問題を 2 つの部分に分けました。そのひとつは、スループットを増強するために現在の製造デザインを合理化すること。もうひとつは、性能の向上につながるインパクトの強いデザイン変更に遅れをとらないように、先を見越すことでした。

6

もしエンジニアリングの仕事をしていなかったとしたら、今何をしていると思いますか?

もし私が今エンジニアリングの仕事をしていなかったとしたら、おそらくアナリスティクスの起業家か科学の教授、あるいはロック バンドのドラマーの道を目指していたでしょう。

音楽の好きなところは、そのクリエイティビティとクリエイティブであり続けられることです。製品の設計そのもです。終りのない、向上あるのみのイノベーションです。
Erin Byrne,
エンジニアリング ディレクタ、TE の Data and Devices グループ
Erin Byrne、ディレクタ、技術戦略
Erin Byrne、ディレクタ、技術戦略
姿勢こそがカギです – 違いを生み出すことができると確信すること。問題が提示されたとき、私たちは状況を把握し、当社が適応できることを見出して、ソリューションを提案します。

独創的であること。自らを差別化すること。大きな成功を目指すこと。 これらの声明は、Erin Byrne が特にお気に入りの TE 製品、つまり mid-board 光モジュールに当てはまるだけでなく、彼女の素晴らしいキャリアに対するアプローチも言い表しています。Erin にとって、百点満点は十分とはいえません、それより上を目指します。自ら指揮する技術ソリューション グループの中では、批判的な思考スキル、向学心と向上心、そして変化を受け入れる能力を求めます。Erin は、「私自身のキャリアも、グループの従業員のキャリアも、始めたときのようには終わりません。成功とは常に学び、向上し、取り入れることであり、私の役割はこれを従業員に奨励することです」と自信を述べ、あらゆる機会に価値を提供するために努力しています。Erin は議長席に座っていますが、「孤立して優れたソリューションを生み出すことはできない」と信じ、他の従業員に貢献の余地を与えます。

次に渡そう

Erin は、有意義で生産的なインターンシップを通じて新しいエンジニアを育成し、女性エンジニア コミュニティの拡大を支援しています。「TE のプログラムの一環として、私のグループは毎年 1 人か 2 人のインターンをサポートします。インターンには実地作業が与えられ、現実的な期待が寄せられます。」従来の男性中心の職場の中の一女性として、Erin は、より積極的に発言を行い、影響力のあるビジネスの成果を達成することで信頼を獲得するよう、他の女性を励ましています。ここに至るまでの道のりを支援してくれた人たちのおかげであることに感謝し、「率直に意見を言うように励まされ、簡潔さと明確さを学びました。他の人にとってもいいお手本になることを願っています」と述べています。

確信

違いを生み出すことができると確信すること。他の人の意見を聞き、適応できることを見出して、ソリューションを提案すること。

前進

技術的課題でソリューションを前進させるためのカギは、異なる観点で問題を見ること。

向上

成功は、継続的な向上を求め、変化を続ける要件をすばやく取り入れることから生まれる。

1

エンジニアになろうと思ったきっかけは何ですか?

私は 8 歳のときに、両親に顕微鏡と望遠鏡、それに科学実験用品のセットをねだりました。星座から微生物や原子に至るまで、常に自然界に魅了されていました。

2

業界の動向に対応するために、あなたとチームはどのような新しい製品ソリューションに取り組んでいますか?

データ速度と密度が増大し続ける中で、データ センタの長距離通信におけるデータ伝送のギガビットあたりのコスト削減に取り組んでいます。

3

困難な問題にはどのようにアプローチしていますか?

最も手ごわい問題は、多様なエンジニアリングのノウハウに値します。適度に多様な人材を集め、お客様に最も重要な価値を提供する新しいソリューションを開発するように駆り立てます。手を止めて、まったく新しいソリューションに目を向ける時期を知ることが重要です。

4

あなたの動機付けは何ですか?

性能または価格/性能の中の実証された価値をお客様にお見せすることです。新しいソリューションには、既存のソリューションの 10 倍に値する向上を求めます。

5

プロジェクトを担当されているとき、これまでどのような技術的課題に直面し、それをどのように解決しましたか?

歩留まりの問題を解決しなければならないプロジェクトがありました。私たちは、その問題を 2 つの部分に分けました。そのひとつは、スループットを増強するために現在の製造デザインを合理化すること。もうひとつは、性能の向上につながるインパクトの強いデザイン変更に遅れをとらないように、先を見越すことでした。

6

もしエンジニアリングの仕事をしていなかったとしたら、今何をしていると思いますか?

もし私が今エンジニアリングの仕事をしていなかったとしたら、おそらくアナリスティクスの起業家か科学の教授、あるいはロック バンドのドラマーの道を目指していたでしょう。

音楽の好きなところは、そのクリエイティビティとクリエイティブであり続けられることです。製品の設計そのもです。終りのない、向上あるのみのイノベーションです。
Erin Byrne,
エンジニアリング ディレクタ、TE の Data and Devices グループ