製品
ストーリー
David Helster 氏の写真
David Helster 氏の写真
シリコン企業の技術の進化は、開発したものが製品となり、開発が重視されるため、大きな影響力があります。

信号技術の最先端を行く。 David Helster 氏はエンジニアリング ディレクタとして、最新技術のみならず将来の技術にも通じている必要があります。TE のお客様は、製品やソリューションが必要になったときではなく、それらが必要になる前から用意されていることを期待しています。

1

現在監督しているプロジェクトは何ですか?

当社のチームには、高度開発グループ、信号品位グループ、システム アーキテクチャ グループなどの複数の職務があります。コンポーネントの高速化設計を行い、お客様において進行している深い技術的問題を知ることで、お客様のニーズを予測して製品を事前に開発することができます。

2

今までに解決した中で最も難しかった技術的問題は何ですか?

最も大きな課題は、機械的信頼性と電気的性能要件を満たす費用対効果の高い設計を確保するには、どう折り合いをつけるかということです。何もかもが小型化され、高速化されつつあるため、より多くのデータと帯域幅の需要が増しています。すべての基本的部分に適した設計にたどりつくことが鍵です。

3

この業界に最も大きく影響する新しい革新は何ですか?

信号技術の進歩です。25 ギガビット毎秒 (Gbps) は、すぐに 56 Gbps に変わります。シリコン企業の技術の進化は、開発したものが製品となり、開発が重視されるため、大きな影響力があります。銅線および光の高速化が次のステップとなります。生産能力および性能が重大です。

4

エンジニアリングへ興味を持ったきっかけは何ですか?

ずっと昔に興味があったのはコンピュータです。高校ではコンピュータ オタクでした。これがコンピュータの構造への興味につながり、コンピュータ エンジニアリングの学校に行き、電気工学へ転身しました。卒業後、高速通信に足を踏み入れてから、常に信号技術の最先端を行くようになりました。

5

御社と御社のお客様が多忙を極めることになる要因は何ですか?

いろいろなことの組み合わせです。お客様は最先端の速度で物事が機能することを期待しています。このことが、私たちにとって、お客様の用途に合うように機能する、信頼性のある部品を製造する上での使命となっています。高性能な製品を設計することはできますが、最終時には量産できない、または売れなければ、仕事をしたことにはなりません。

6

もしこの業界で仕事をしていなかったら、何をしていたと思いますか?

全く違ったことになっていると思います。高校で数学か科学を教えているかもしれません。誰かと知識を交換することが好きだからです。

David Helster 氏の写真
David Helster 氏の写真
シリコン企業の技術の進化は、開発したものが製品となり、開発が重視されるため、大きな影響力があります。

信号技術の最先端を行く。 David Helster 氏はエンジニアリング ディレクタとして、最新技術のみならず将来の技術にも通じている必要があります。TE のお客様は、製品やソリューションが必要になったときではなく、それらが必要になる前から用意されていることを期待しています。

1

現在監督しているプロジェクトは何ですか?

当社のチームには、高度開発グループ、信号品位グループ、システム アーキテクチャ グループなどの複数の職務があります。コンポーネントの高速化設計を行い、お客様において進行している深い技術的問題を知ることで、お客様のニーズを予測して製品を事前に開発することができます。

2

今までに解決した中で最も難しかった技術的問題は何ですか?

最も大きな課題は、機械的信頼性と電気的性能要件を満たす費用対効果の高い設計を確保するには、どう折り合いをつけるかということです。何もかもが小型化され、高速化されつつあるため、より多くのデータと帯域幅の需要が増しています。すべての基本的部分に適した設計にたどりつくことが鍵です。

3

この業界に最も大きく影響する新しい革新は何ですか?

信号技術の進歩です。25 ギガビット毎秒 (Gbps) は、すぐに 56 Gbps に変わります。シリコン企業の技術の進化は、開発したものが製品となり、開発が重視されるため、大きな影響力があります。銅線および光の高速化が次のステップとなります。生産能力および性能が重大です。

4

エンジニアリングへ興味を持ったきっかけは何ですか?

ずっと昔に興味があったのはコンピュータです。高校ではコンピュータ オタクでした。これがコンピュータの構造への興味につながり、コンピュータ エンジニアリングの学校に行き、電気工学へ転身しました。卒業後、高速通信に足を踏み入れてから、常に信号技術の最先端を行くようになりました。

5

御社と御社のお客様が多忙を極めることになる要因は何ですか?

いろいろなことの組み合わせです。お客様は最先端の速度で物事が機能することを期待しています。このことが、私たちにとって、お客様の用途に合うように機能する、信頼性のある部品を製造する上での使命となっています。高性能な製品を設計することはできますが、最終時には量産できない、または売れなければ、仕事をしたことにはなりません。

6

もしこの業界で仕事をしていなかったら、何をしていたと思いますか?

全く違ったことになっていると思います。高校で数学か科学を教えているかもしれません。誰かと知識を交換することが好きだからです。