Nick Langston
Nick Langston
方式と技術という狭間において、TE が提供するのは、お客様が満足する接続方法です。

Nick Langston, Jr. は、ウェアラブルとは「モノのインターネット (IoT)」を構成する一要素であると説明しています。 "電力とセンシング機能、そしてデータがあれば、人間が摂取する食料について見通しを立てられます。それが未来です。未来は日に日に近づいています。"この未来の革新を生み出すうえで、TE の製品を使っていただくお客様のために、シリコン バレーにおける TE の配置は完璧であると Nick は考えています。"私たちの周囲では、ほぼすべての主要なウェアラブル製品メーカと現地のスタートアップ アクセラレータ (新規事業の推進者) から新規事業、つまりスタートアップの話が舞い込んできます。"

19

2014 年に出荷されたと推定されるウェアラブル デバイスの台数 (単位: 百万)

111.9

2018 年に出荷が見込まれるウェアラブル ユニットの台数 (単位: 百万)

489%

2014 年から 2018 年までのウェアラブル デバイス出荷台数の伸び率

1

TE に入社しようと思った理由は何ですか?

TE には、大規模な企業内でウェアラブル製品の新規事業を本当に初期の段階から立ち上げる機会が用意されていたからです。インフラストラクチャとリソースも用意されており、その場所も完璧です。また、一緒に仕事をしている人たちは本当に知性に溢れています。TE が私を仲間に加えてくれたことに驚いていると冗談で言うのですが、そうしてくれたことには感謝しています。 

2

現在の役割で最も楽しいことはどういった点ですか?

用意された機会から画期的な出来事が生まれる場合があることです。たとえば、お客様が満足できる方法で、ある方式とハードウェアをまとめて提供できるような場合ですね。ウェアラブルは情報との関わり方に変化をもたらす機会を与えてくれます。今後は目的のデータを検索する前に、何が必要なのかをデバイスが予測し、必要なときにそのデータを提供してくれるようになるでしょう。 

3

今日のエンジニアリングの課題に対して、どのような個人的特徴が不可欠でしょうか?

協力して物事を進められること、そしてイノベーションが重要です。当社のチームは毎週、“技術革新の時間” ともいうべきミーティングを行っています。ここでは、どのようなタイプの製品が求められているのか、そしてどのような種類の接続性を当社が提供しなければならないのか、ということについてブレインストーミングを行っています。また、定期的に専門家を招いて関連性のあるトピックについて話をしてもらい、チームに新しいアイデアを吹き込んでいます。 

4

先ほどは、現地のスタートアップ ”アクセラレータ” との協力関係という言葉をいただきました。この点について詳しく教えていただけますか?

ソフトウェア イノベーションの分野におけるインキュベータという言葉は聞いたことがあると思います。資金や業務を行う場所、そして専門家へのアクセスを提供する投資資本家のことです。ウェアラブル デバイスでは、イノベータが試作品を製作し、その製品を製作してくれる企業や、より迅速で優れた方法でその設計を取りまとめて実行に移し、市場に投入する支援をしてくれる企業を探します。これがアクセラレータです。 

5

お客様が TE のウェアラブル技術に大きな魅力を感じるのはなぜですか?

今のところ、ウェアラブルは流行というより一時的なブームです。いつの日か、人々の関心は薄れていくことでしょう。このようなサイクルの ”谷間” を経て、ウェアラブルの生産は完成度が高くなっているはずです。そして、そのときこそ現在のお客様や将来のお客様が消費者に製品を提供できるよう、当社がお手伝いすべきときであると考えています。 

他のイノベータと協力して業務を進め、彼ら独自の製品をウェアラブル デバイス市場に送り出すお手伝いができることによってモチベーションが高まります。
Nick Langston, Jr.,
事業開発および戦略的パートナシップ部門上級マネージャ
TE のお客様を独自のバージョンへと導く
Nick Langston
Nick Langston
方式と技術という狭間において、TE が提供するのは、お客様が満足する接続方法です。

Nick Langston, Jr. は、ウェアラブルとは「モノのインターネット (IoT)」を構成する一要素であると説明しています。 "電力とセンシング機能、そしてデータがあれば、人間が摂取する食料について見通しを立てられます。それが未来です。未来は日に日に近づいています。"この未来の革新を生み出すうえで、TE の製品を使っていただくお客様のために、シリコン バレーにおける TE の配置は完璧であると Nick は考えています。"私たちの周囲では、ほぼすべての主要なウェアラブル製品メーカと現地のスタートアップ アクセラレータ (新規事業の推進者) から新規事業、つまりスタートアップの話が舞い込んできます。"

19

2014 年に出荷されたと推定されるウェアラブル デバイスの台数 (単位: 百万)

111.9

2018 年に出荷が見込まれるウェアラブル ユニットの台数 (単位: 百万)

489%

2014 年から 2018 年までのウェアラブル デバイス出荷台数の伸び率

1

TE に入社しようと思った理由は何ですか?

TE には、大規模な企業内でウェアラブル製品の新規事業を本当に初期の段階から立ち上げる機会が用意されていたからです。インフラストラクチャとリソースも用意されており、その場所も完璧です。また、一緒に仕事をしている人たちは本当に知性に溢れています。TE が私を仲間に加えてくれたことに驚いていると冗談で言うのですが、そうしてくれたことには感謝しています。 

2

現在の役割で最も楽しいことはどういった点ですか?

用意された機会から画期的な出来事が生まれる場合があることです。たとえば、お客様が満足できる方法で、ある方式とハードウェアをまとめて提供できるような場合ですね。ウェアラブルは情報との関わり方に変化をもたらす機会を与えてくれます。今後は目的のデータを検索する前に、何が必要なのかをデバイスが予測し、必要なときにそのデータを提供してくれるようになるでしょう。 

3

今日のエンジニアリングの課題に対して、どのような個人的特徴が不可欠でしょうか?

協力して物事を進められること、そしてイノベーションが重要です。当社のチームは毎週、“技術革新の時間” ともいうべきミーティングを行っています。ここでは、どのようなタイプの製品が求められているのか、そしてどのような種類の接続性を当社が提供しなければならないのか、ということについてブレインストーミングを行っています。また、定期的に専門家を招いて関連性のあるトピックについて話をしてもらい、チームに新しいアイデアを吹き込んでいます。 

4

先ほどは、現地のスタートアップ ”アクセラレータ” との協力関係という言葉をいただきました。この点について詳しく教えていただけますか?

ソフトウェア イノベーションの分野におけるインキュベータという言葉は聞いたことがあると思います。資金や業務を行う場所、そして専門家へのアクセスを提供する投資資本家のことです。ウェアラブル デバイスでは、イノベータが試作品を製作し、その製品を製作してくれる企業や、より迅速で優れた方法でその設計を取りまとめて実行に移し、市場に投入する支援をしてくれる企業を探します。これがアクセラレータです。 

5

お客様が TE のウェアラブル技術に大きな魅力を感じるのはなぜですか?

今のところ、ウェアラブルは流行というより一時的なブームです。いつの日か、人々の関心は薄れていくことでしょう。このようなサイクルの ”谷間” を経て、ウェアラブルの生産は完成度が高くなっているはずです。そして、そのときこそ現在のお客様や将来のお客様が消費者に製品を提供できるよう、当社がお手伝いすべきときであると考えています。 

他のイノベータと協力して業務を進め、彼ら独自の製品をウェアラブル デバイス市場に送り出すお手伝いができることによってモチベーションが高まります。
Nick Langston, Jr.,
事業開発および戦略的パートナシップ部門上級マネージャ
TE のお客様を独自のバージョンへと導く