より小さく軽い薄型のコンピューティング デバイスを前提として設計

要約

個人でもビジネスでも、ネットワーク接続された環境へのアクセスに対する要求が世界中で高まっています。このような要求は、使用する場所や使用する目的とは関係なく増加しています。そのため、大きな労力を伴わずに高速な接続速度を実現できる新しい小型のデバイスが求められています。このような特徴を持つデバイスの設計と開発は、相手先商標製造会社 (OEM) およびコンポーネント製造業者にとって独自の課題となります。

M.2 コネクタの性能上の利点はすでに測定可能ですが、M.2 コネクタ プラットフォーム用に設計されたモジュール カードの市場はまだ初期の段階であるため、当面はコネクタの実際の性能限界が完全にわからない状況が続く可能性があります。モジュール カードの市場は発展と成長を続けているため、M.2 コネクタの性能は、PCIe Mini カード コネクタ プラットフォームを大きく上回ることが期待されています。

この開発において、相互接続ソリューションはさまざまな課題を OEM が解決できるように支援する目的で設計されており、業界のリーダの中でも、この分野では当社が最先端を行く企業です。このような相互接続ソリューションの例としては、モジュール カードや拡張カードが挙げられます。このようなカードは、PC やラップトップ、タブレット、ゲーム機などに、Wi-Fi、WWAN、Bluetooth、GPS、ソリッド ステート ストレージ ドライブ (SSD) といった任意の数の機能を追加する目的で使用します。

より小さく軽い薄型のコンピューティング デバイスを前提として設計

要約

個人でもビジネスでも、ネットワーク接続された環境へのアクセスに対する要求が世界中で高まっています。このような要求は、使用する場所や使用する目的とは関係なく増加しています。そのため、大きな労力を伴わずに高速な接続速度を実現できる新しい小型のデバイスが求められています。このような特徴を持つデバイスの設計と開発は、相手先商標製造会社 (OEM) およびコンポーネント製造業者にとって独自の課題となります。

M.2 コネクタの性能上の利点はすでに測定可能ですが、M.2 コネクタ プラットフォーム用に設計されたモジュール カードの市場はまだ初期の段階であるため、当面はコネクタの実際の性能限界が完全にわからない状況が続く可能性があります。モジュール カードの市場は発展と成長を続けているため、M.2 コネクタの性能は、PCIe Mini カード コネクタ プラットフォームを大きく上回ることが期待されています。

この開発において、相互接続ソリューションはさまざまな課題を OEM が解決できるように支援する目的で設計されており、業界のリーダの中でも、この分野では当社が最先端を行く企業です。このような相互接続ソリューションの例としては、モジュール カードや拡張カードが挙げられます。このようなカードは、PC やラップトップ、タブレット、ゲーム機などに、Wi-Fi、WWAN、Bluetooth、GPS、ソリッド ステート ストレージ ドライブ (SSD) といった任意の数の機能を追加する目的で使用します。