Mike Lockyer、製品管理担当ディレクタ、外部相互接続
Mike Lockyer、製品管理担当ディレクタ、外部相互接続
既に発展した市場、そして発展途上の市場における当社の認知度により、当社は設計と製造の両面でお客様のニーズに迅速に応えることができます。

Mike Lockyer はエンジニアとしてトレーニングを受け、自発的で負けず嫌いという性格の持ち主です (健康維持の実践方法がそれを証明しています)。Mike Lockyer のキャリア パスには、まさに彼好みの機会が用意されていました。 それは、自身の成り行きを自分でコントロールできる機会、絶え間なく学習する機会、そしてお客様の重要なニーズを明らかにするために深く掘り下げる機会です。Mike は、ラップトップやタブレット、スマートフォン、ハイビジョン テレビおよびセットトップ ボックス、AV デバイスなどに対応した外部コネクタを扱うグローバル チームをプロダクト マネージャとして管理しています。

1

TE に入社するきっかけとなったものは何ですか?

私は電子工学について専門教育を受けており、最初にフルタイムで就職した会社も、小さな会社でしたが電子工学関連の会社でした。その後、小さなコネクタ メーカでセールスとマーケティングの仕事をしていましたが、1995 年に TE からオファーをもらい、セールスの経験に基づいて、大規模で世界的なコネクタのメーカに対して革新性やサポートを提供する仕事に就くことになりました。 

2

あなたとあなたのチームが注目されるのはなぜですか?

当社がお客様に提供する他社とは違う価値は、革新性とオピニオン リーダシップが原動力となっています。当社ではお客様が直面する課題に対処できる新製品を開発していますが、これは今日の価値をもたらすことはもちろんですが、予想だにしない将来の問題も解決できるさらに上を行くソリューションを見つけることまで見据えたものです。 

3

お客様が直面する主な課題とは何でしょうか?

小型化、高速なデータ レート、そして増え続ける電力量が、この業界での技術を牽引する主な要因となっています。私が TE に入社した理由の 1 つが、大企業から提供されるリソースです。これはお客様に直接的な利益をもたらすものであり、当社では毎年 6 億 7500 万ドルもの資金が研究開発に投資されています。私のチームでは、お客様のためにこのような研究開発資金を活用した業務を行っています。 

4

現在のトレンドで、外部相互接続に影響する可能性があるものは何ですか?

消費者の立場で言うと、持ち歩かなければならないケーブルの数が多くて煩わしく思います。ですから、さらに標準化が進むことを期待しています。特に USB タイプ C やワイヤレス充電、非接触式のデータに注目しています。 当社の研究は、お客様が直面している主な課題のいくつかを解決するのに役立っています。これは、現在のウェアラブル デバイスのプラットフォームに適合するワイヤレス充電ソリューションに関するものです。当社では間もなく初のワイヤレス充電開発キットを発表する予定で、このような革新によってお客様に貢献できるでしょう。 

5

違った考え方が最も要求されるのは、どのような種類の問題ですか?

私たちは、将来的なお客様の課題に対処し、当社を競合他社から差別化するために革新を続けなければなりません。最も大きな課題はお客様の将来の課題が発生する前に予測しておくことになるでしょう。実際、これこそが製品管理の役割を担う上で最もやりがいを感じる側面の 1 つでもあります。 

6

共有可能なお客様との最近の協力の中で、“素晴らしい” 実績は何ですか?

当社の高速 I/O 製品は、元々は問題の解決を依頼してきたお客様のために、高度な技術プラットフォームとして開発されたものです。そのお客様との強力な関係を構築するのに役立ったのはもちろんですが、その研究は将来の用途にもつながるものだと感じました。その “予感“ は見事に的中し、特に新たなお客様という機会をもたらしてくれました。 

7

クロスファンクショナルによる共同作業がもたらす利点について教えてください。

これは、特に当社のお客様にとって利点となります。最も重要な点は、お客様の課題を解決するために、いつ誰が手を差し伸べるかを決めておくことです。最近の共同作業により、外部のケーブル ソリューションと回路保護を統合した製品開発に至りました。「三人寄れば文殊の知恵」という言葉がありますが、2 つのコンポーネントよりも優れた性能を持つ 1 つのコンポーネントもあります。 

今日の課題に対して、どのような特徴が不可欠でしょうか。それは、適合性、忍耐力、革新性、責任感、勇敢さ、信頼、チームワーク、公正さ、そして誠実さです。
Mike Lockyer,
プロダクト マネジメント コンスーマー向け ケーブル アセンブリ担当取締役
プロダクト マネジメントコンスーマー向けケーブル アセンブリ担当取締役、Mike Lockyer

心と体の調和

Mike の運動に関する記録

チームや取引先との関係構築の合間に、Mike はソーシャル コミュニティの構築と身体的および精神的な健康の増進に努めています。彼は、体力を増強し、体調を整えることを目的としたプログラムに参加しています。このプログラムはあらゆる年齢層と体型の人々を対象とした健康促進プログラムで、健康の改善に努めている人であれば誰にでも勧められるものです。「トレーニングでは、最後まで頑張った人ほど多くの声援を受けることが多いですね。"そういうやり方は好きです。気分よくやれますし、もっと頑張ろうという気になります。」"プログラムを始めてからわずか数年ですが、以下に示すいくつかの Mike の記録からも、彼が成功に向けてどれほど真剣に取り組んでいるかがわかります。

110 kg

ジャークの重量 (242.5 lbs)

30

懸垂の回数

207 kg

デッドリフト重量 (456 lbs)

Mike Lockyer、製品管理担当ディレクタ、外部相互接続
Mike Lockyer、製品管理担当ディレクタ、外部相互接続
既に発展した市場、そして発展途上の市場における当社の認知度により、当社は設計と製造の両面でお客様のニーズに迅速に応えることができます。

Mike Lockyer はエンジニアとしてトレーニングを受け、自発的で負けず嫌いという性格の持ち主です (健康維持の実践方法がそれを証明しています)。Mike Lockyer のキャリア パスには、まさに彼好みの機会が用意されていました。 それは、自身の成り行きを自分でコントロールできる機会、絶え間なく学習する機会、そしてお客様の重要なニーズを明らかにするために深く掘り下げる機会です。Mike は、ラップトップやタブレット、スマートフォン、ハイビジョン テレビおよびセットトップ ボックス、AV デバイスなどに対応した外部コネクタを扱うグローバル チームをプロダクト マネージャとして管理しています。

1

TE に入社するきっかけとなったものは何ですか?

私は電子工学について専門教育を受けており、最初にフルタイムで就職した会社も、小さな会社でしたが電子工学関連の会社でした。その後、小さなコネクタ メーカでセールスとマーケティングの仕事をしていましたが、1995 年に TE からオファーをもらい、セールスの経験に基づいて、大規模で世界的なコネクタのメーカに対して革新性やサポートを提供する仕事に就くことになりました。 

2

あなたとあなたのチームが注目されるのはなぜですか?

当社がお客様に提供する他社とは違う価値は、革新性とオピニオン リーダシップが原動力となっています。当社ではお客様が直面する課題に対処できる新製品を開発していますが、これは今日の価値をもたらすことはもちろんですが、予想だにしない将来の問題も解決できるさらに上を行くソリューションを見つけることまで見据えたものです。 

3

お客様が直面する主な課題とは何でしょうか?

小型化、高速なデータ レート、そして増え続ける電力量が、この業界での技術を牽引する主な要因となっています。私が TE に入社した理由の 1 つが、大企業から提供されるリソースです。これはお客様に直接的な利益をもたらすものであり、当社では毎年 6 億 7500 万ドルもの資金が研究開発に投資されています。私のチームでは、お客様のためにこのような研究開発資金を活用した業務を行っています。 

4

現在のトレンドで、外部相互接続に影響する可能性があるものは何ですか?

消費者の立場で言うと、持ち歩かなければならないケーブルの数が多くて煩わしく思います。ですから、さらに標準化が進むことを期待しています。特に USB タイプ C やワイヤレス充電、非接触式のデータに注目しています。 当社の研究は、お客様が直面している主な課題のいくつかを解決するのに役立っています。これは、現在のウェアラブル デバイスのプラットフォームに適合するワイヤレス充電ソリューションに関するものです。当社では間もなく初のワイヤレス充電開発キットを発表する予定で、このような革新によってお客様に貢献できるでしょう。 

5

違った考え方が最も要求されるのは、どのような種類の問題ですか?

私たちは、将来的なお客様の課題に対処し、当社を競合他社から差別化するために革新を続けなければなりません。最も大きな課題はお客様の将来の課題が発生する前に予測しておくことになるでしょう。実際、これこそが製品管理の役割を担う上で最もやりがいを感じる側面の 1 つでもあります。 

6

共有可能なお客様との最近の協力の中で、“素晴らしい” 実績は何ですか?

当社の高速 I/O 製品は、元々は問題の解決を依頼してきたお客様のために、高度な技術プラットフォームとして開発されたものです。そのお客様との強力な関係を構築するのに役立ったのはもちろんですが、その研究は将来の用途にもつながるものだと感じました。その “予感“ は見事に的中し、特に新たなお客様という機会をもたらしてくれました。 

7

クロスファンクショナルによる共同作業がもたらす利点について教えてください。

これは、特に当社のお客様にとって利点となります。最も重要な点は、お客様の課題を解決するために、いつ誰が手を差し伸べるかを決めておくことです。最近の共同作業により、外部のケーブル ソリューションと回路保護を統合した製品開発に至りました。「三人寄れば文殊の知恵」という言葉がありますが、2 つのコンポーネントよりも優れた性能を持つ 1 つのコンポーネントもあります。 

今日の課題に対して、どのような特徴が不可欠でしょうか。それは、適合性、忍耐力、革新性、責任感、勇敢さ、信頼、チームワーク、公正さ、そして誠実さです。
Mike Lockyer,
プロダクト マネジメント コンスーマー向け ケーブル アセンブリ担当取締役
プロダクト マネジメントコンスーマー向けケーブル アセンブリ担当取締役、Mike Lockyer

心と体の調和

Mike の運動に関する記録

チームや取引先との関係構築の合間に、Mike はソーシャル コミュニティの構築と身体的および精神的な健康の増進に努めています。彼は、体力を増強し、体調を整えることを目的としたプログラムに参加しています。このプログラムはあらゆる年齢層と体型の人々を対象とした健康促進プログラムで、健康の改善に努めている人であれば誰にでも勧められるものです。「トレーニングでは、最後まで頑張った人ほど多くの声援を受けることが多いですね。"そういうやり方は好きです。気分よくやれますし、もっと頑張ろうという気になります。」"プログラムを始めてからわずか数年ですが、以下に示すいくつかの Mike の記録からも、彼が成功に向けてどれほど真剣に取り組んでいるかがわかります。

110 kg

ジャークの重量 (242.5 lbs)

30

懸垂の回数

207 kg

デッドリフト重量 (456 lbs)