Eric Himelright、製品管理担当副社長、民生機器
Eric Himelright、製品管理担当副社長、民生機器
民生機器では、製品寿命の速度 (9 ~ 12 か月) が独特のポイントとなります。これは、強力な製品管理が必要なサイクルなのです。

過去 20 年間にわたる TE での勤務の中で、Eric Himelright は経済学とビジネスに関する専門知識を発揮してきました。 豊富な製品知識と磨き上げられた対人スキルを持ち、比類のないカスタマ エクスペリエンスを提供することに焦点を絞って組織を発展させてきた人物です。移り変わりの激しい相互に接続された世界で民生機器を開発していただけるよう、お客様が必要なときに必要なソリューションについて話し合い、設計し、提供できる高い能力を持つプロフェッショナルで構成されたグローバル チームの指揮を執っています。 

1

民生機器およびデータ デバイスの製品管理におけるあなたの役割を教えてください。

私の仕事は人材を開発し、高いレベルで迅速に能力を発揮できるように支援することです。信頼を構築し、頻繁にコミュニケーションを取り、目に見える形で良い影響を与え、コーチングを行い、成功に対する自信を持たせることで、高い能力を持つチームを作り上げています。また私のグローバル チームは、このアプローチをチームメートやお客様に展開することで、確固たる有益な関係を構築しています。 

2

お客様が成功を求めてあなた (そして TE) を頼るのはなぜですか?

当社が幅広いポートフォリオとエンジニアリングの問題を解決する能力を持っているためです。当社の豊かな革新の歴史についてはお客様もご存じのことですが、より重要なポイントは当社が広範な技術的知識を持っていることです。たとえばアンテナについては、当社では Bruce Bishop をはじめとする卓越したアンテナ関連の人材を世界中に抱えています。また、最近行ったセンサ関連企業の買収も、当社をその分野での世界的な専門企業に押し上げる要因となっています。 

3

チームワークが大きな価値となることは断言できます。詳しく説明していただけますか?

私の経験では、チームに信頼が生まれると物事が速く進むだけでなく、優れた結果も残せるものです。これは、工場から財務やセールスまで当てはまります。チームのメンバーがうまく協力して業務を進められるほど、比類のないカスタマ エクスペリエンスを提供することも容易になります。これは TE の使命であり、私の使命であると考えています。

4

民生機器について驚かされ続けていることは何ですか?

それは小型化ですね。たとえば電話機の中身について考えてみてください。隙間などまったくありませんよ。お客様はバッテリーの駆動時間を気にするものなので、その他の部品はより小さくする必要があります。ここで重要となるのがアセンブリ装置です。そのような小さな部品を手で組み立てることなどできませんから。そして、当社ではそのような驚くほど小さなコンポーネントを製造するために必要なリソースを備えていますから、そこにも私たちがお客様に貢献できる領域が生まれるのです。 

5

気に入っている TE の製品はありますか?

それは間違いなくアプライアンス端末とスプライスです。端子とスプライスは、まさにスタンダード製品のポートフォリオの力が発揮される分野といえるでしょう。TE では、そのような製品を 50 年から 60 年もの間販売してきたのです。当社が最も力を発揮できることの 1 つが、製品を標準化し、スタンプ成形またはモールド成形して出荷するという流れです。このような信頼性の高い部品は、1950 年代の製品カタログを見ても同様のものが見つかるはずです。 

働きがいを高め、比類のないカスタマ エクスペリエンスの機会を生み出す秘訣は何ですか?従業員を大切にし、彼らに心から興味を持つことです。
Eric Himelright,
副社長、製品管理
TEam

200,000

マイル: 2014 年の移動距離

100

泊: 2014 年のホテル宿泊日数

4TEam

Eric が各地に赴く理由

Eric Himelright、製品管理担当副社長、民生機器
Eric Himelright、製品管理担当副社長、民生機器
民生機器では、製品寿命の速度 (9 ~ 12 か月) が独特のポイントとなります。これは、強力な製品管理が必要なサイクルなのです。

過去 20 年間にわたる TE での勤務の中で、Eric Himelright は経済学とビジネスに関する専門知識を発揮してきました。 豊富な製品知識と磨き上げられた対人スキルを持ち、比類のないカスタマ エクスペリエンスを提供することに焦点を絞って組織を発展させてきた人物です。移り変わりの激しい相互に接続された世界で民生機器を開発していただけるよう、お客様が必要なときに必要なソリューションについて話し合い、設計し、提供できる高い能力を持つプロフェッショナルで構成されたグローバル チームの指揮を執っています。 

1

民生機器およびデータ デバイスの製品管理におけるあなたの役割を教えてください。

私の仕事は人材を開発し、高いレベルで迅速に能力を発揮できるように支援することです。信頼を構築し、頻繁にコミュニケーションを取り、目に見える形で良い影響を与え、コーチングを行い、成功に対する自信を持たせることで、高い能力を持つチームを作り上げています。また私のグローバル チームは、このアプローチをチームメートやお客様に展開することで、確固たる有益な関係を構築しています。 

2

お客様が成功を求めてあなた (そして TE) を頼るのはなぜですか?

当社が幅広いポートフォリオとエンジニアリングの問題を解決する能力を持っているためです。当社の豊かな革新の歴史についてはお客様もご存じのことですが、より重要なポイントは当社が広範な技術的知識を持っていることです。たとえばアンテナについては、当社では Bruce Bishop をはじめとする卓越したアンテナ関連の人材を世界中に抱えています。また、最近行ったセンサ関連企業の買収も、当社をその分野での世界的な専門企業に押し上げる要因となっています。 

3

チームワークが大きな価値となることは断言できます。詳しく説明していただけますか?

私の経験では、チームに信頼が生まれると物事が速く進むだけでなく、優れた結果も残せるものです。これは、工場から財務やセールスまで当てはまります。チームのメンバーがうまく協力して業務を進められるほど、比類のないカスタマ エクスペリエンスを提供することも容易になります。これは TE の使命であり、私の使命であると考えています。

4

民生機器について驚かされ続けていることは何ですか?

それは小型化ですね。たとえば電話機の中身について考えてみてください。隙間などまったくありませんよ。お客様はバッテリーの駆動時間を気にするものなので、その他の部品はより小さくする必要があります。ここで重要となるのがアセンブリ装置です。そのような小さな部品を手で組み立てることなどできませんから。そして、当社ではそのような驚くほど小さなコンポーネントを製造するために必要なリソースを備えていますから、そこにも私たちがお客様に貢献できる領域が生まれるのです。 

5

気に入っている TE の製品はありますか?

それは間違いなくアプライアンス端末とスプライスです。端子とスプライスは、まさにスタンダード製品のポートフォリオの力が発揮される分野といえるでしょう。TE では、そのような製品を 50 年から 60 年もの間販売してきたのです。当社が最も力を発揮できることの 1 つが、製品を標準化し、スタンプ成形またはモールド成形して出荷するという流れです。このような信頼性の高い部品は、1950 年代の製品カタログを見ても同様のものが見つかるはずです。 

働きがいを高め、比類のないカスタマ エクスペリエンスの機会を生み出す秘訣は何ですか?従業員を大切にし、彼らに心から興味を持つことです。
Eric Himelright,
副社長、製品管理
TEam

200,000

マイル: 2014 年の移動距離

100

泊: 2014 年のホテル宿泊日数

4TEam

Eric が各地に赴く理由