judith-henzel
judith-henzel
男性、女性に関わりなく、重要なのはその姿勢です。人はやりたくないことがあると、言い訳を考え出します。

Andretti Technologies の主要なパートナーとして、TE Connectivity は交代制のエンジニア プログラムを実施しています。このプログラムは、TE の自動車エンジニア 1 名を米国インディアナ州インディアナポリスにある Andretti Autosport ショップに常駐エンジニアとして派遣するものです。 常駐エンジニアは、Andretti Team のパフォーマンスを向上する手段を見出し、レース カーの過酷な環境において TE の新製品を共同で創作してテストするという、高度なエンジニアリングの専門知識が要求されます。

Judith Henzel は、Andretti Formula E チームと肩を並べて働く 4 人目の TE 常駐エンジニアです。この役割を担う以前は、TE の自動車事業部門で Project Manager を務め、OEM 向けのグローバルな技術的インフォテインメント プロジェクトを監督、主にケーブル アセンブリとコネクタを担当しました。Luisthansa Technique でのインターンシップで空港業務と自動車エンジニアリングに興味を抱き、ドイツのウィスバーデン応用科学大学で機械工学の学位を取得しました。

子供のころ、父親と一緒に Formula 1 を観戦してからモータースポーツの虜になり、それからもモータースポーツへの情熱が醒めることはありませんでした。学生時代には、モータースポーツへの情熱にエンジニアリングの専攻を重ね合わせ、大学が主催する Formula Student プログラムに参加しました。このプログラムでは、技術と商業の両面おいてチーム メンバーおよびチーム リーダーとしての役割を担い、パワートレインと燃料消費に取り組む一方で、チームのスポンサーとマーケティング計画も管理しました。

この経験を携えてモータースポーツの世界に戻り、Andretti Technologies とともに新技術と先進イノベーションを共同で生み出しています。現在 Andretti Technologies で担当しているプロジェクトには、アルミニウム電線ハーネスおよびセンサが含まれます。

エンジニアリングの分野に入ったきっかけは何ですか。

A Level (イギリスの高校卒業資格) を取得して、英語を上達するためにイギリスでホームステイをしてからドイツに戻ると、「次は何をするべきか」という重要な決断が待ち受けていました。私が選んだのは、フランクフルト空港の Lufthansa Technique におけるインターンでした。そこではすぐにエンジニアリングに興味を抱くようになりました。エンジニアリングの原理や自動車技術、空港業務についてもっと詳しく学びたいと思い、ウィスバーデン応用科学大学の機械工学課に進みました。あのインターンシップ以来、自分のキャリアに迷ったことはありません。

Judith Henzel
© FSG Botzkowski

モータースポーツに興味を持つようになったきっかけは何ですか。

小さいころから父と一緒に Formula 1 を観戦していました。車とレースに対する内に秘めた好奇心はこのころ芽生えていたのです。専攻科目を決めたあとで大学に Formula Student プログラムがあることを知り、大好きなエンジニアリングとモータースポーツを組み合わることができることがわかって、ますます関心が募りました。Formula Student プログラムに参加すると、すぐにチーム メンバーおよびチーム リーダーとしての役割に夢中なりました。このプログラムでは、パワートレインと燃料消費/オイル供給への取り組み、マーケティング計画、スポンサー、事業計画、原価報告の管理など、技術とビジネスの両面おいてチームとさまざまな経験を重ねました。エンジニアリングと PR の両面に携わることによって、モータースポーツに対する新たな認識を養うことができました。

Judith Henzel
© FSG Grams
小さいころから父と一緒に Formula 1 を観戦していました。車とレースに対する内に秘めた好奇心はこのころ芽生えていたのです。

モータースポーツという男性中心の分野に適応するにはどのような課題がありますか。

エンジニアリングを学んでいたころは、男性の同僚と同じように技術とテクニックに興味があること、よく知っていることを証明しなければなりませんでした。でも、それはどの分野でも同じことです。つまり、興味がなく、努力しなければ、成功しません。私の同僚とチームメートは、この 2 つの要素、つまり情熱と向上心、そして努力する姿勢を認めてくれました。男性、女性に関わりなく、重要なのはその姿勢です。人はやりたくないことがあると、言い訳を考え出します。それが学生時代と職場で得た経験です。それはモータースポーツでも同じことだと思います。

  1. 可能性を解き放つ

TE では、女性ならではの発想を元に、プロフェッショナルとしての能力開発を通じて、人脈作りやメンターからの助言等、女性が最大限の能力を発揮できるようにしています。(英語)

judith-henzel
judith-henzel
男性、女性に関わりなく、重要なのはその姿勢です。人はやりたくないことがあると、言い訳を考え出します。

Andretti Technologies の主要なパートナーとして、TE Connectivity は交代制のエンジニア プログラムを実施しています。このプログラムは、TE の自動車エンジニア 1 名を米国インディアナ州インディアナポリスにある Andretti Autosport ショップに常駐エンジニアとして派遣するものです。 常駐エンジニアは、Andretti Team のパフォーマンスを向上する手段を見出し、レース カーの過酷な環境において TE の新製品を共同で創作してテストするという、高度なエンジニアリングの専門知識が要求されます。

Judith Henzel は、Andretti Formula E チームと肩を並べて働く 4 人目の TE 常駐エンジニアです。この役割を担う以前は、TE の自動車事業部門で Project Manager を務め、OEM 向けのグローバルな技術的インフォテインメント プロジェクトを監督、主にケーブル アセンブリとコネクタを担当しました。Luisthansa Technique でのインターンシップで空港業務と自動車エンジニアリングに興味を抱き、ドイツのウィスバーデン応用科学大学で機械工学の学位を取得しました。

子供のころ、父親と一緒に Formula 1 を観戦してからモータースポーツの虜になり、それからもモータースポーツへの情熱が醒めることはありませんでした。学生時代には、モータースポーツへの情熱にエンジニアリングの専攻を重ね合わせ、大学が主催する Formula Student プログラムに参加しました。このプログラムでは、技術と商業の両面おいてチーム メンバーおよびチーム リーダーとしての役割を担い、パワートレインと燃料消費に取り組む一方で、チームのスポンサーとマーケティング計画も管理しました。

この経験を携えてモータースポーツの世界に戻り、Andretti Technologies とともに新技術と先進イノベーションを共同で生み出しています。現在 Andretti Technologies で担当しているプロジェクトには、アルミニウム電線ハーネスおよびセンサが含まれます。

エンジニアリングの分野に入ったきっかけは何ですか。

A Level (イギリスの高校卒業資格) を取得して、英語を上達するためにイギリスでホームステイをしてからドイツに戻ると、「次は何をするべきか」という重要な決断が待ち受けていました。私が選んだのは、フランクフルト空港の Lufthansa Technique におけるインターンでした。そこではすぐにエンジニアリングに興味を抱くようになりました。エンジニアリングの原理や自動車技術、空港業務についてもっと詳しく学びたいと思い、ウィスバーデン応用科学大学の機械工学課に進みました。あのインターンシップ以来、自分のキャリアに迷ったことはありません。

Judith Henzel
© FSG Botzkowski

モータースポーツに興味を持つようになったきっかけは何ですか。

小さいころから父と一緒に Formula 1 を観戦していました。車とレースに対する内に秘めた好奇心はこのころ芽生えていたのです。専攻科目を決めたあとで大学に Formula Student プログラムがあることを知り、大好きなエンジニアリングとモータースポーツを組み合わることができることがわかって、ますます関心が募りました。Formula Student プログラムに参加すると、すぐにチーム メンバーおよびチーム リーダーとしての役割に夢中なりました。このプログラムでは、パワートレインと燃料消費/オイル供給への取り組み、マーケティング計画、スポンサー、事業計画、原価報告の管理など、技術とビジネスの両面おいてチームとさまざまな経験を重ねました。エンジニアリングと PR の両面に携わることによって、モータースポーツに対する新たな認識を養うことができました。

Judith Henzel
© FSG Grams
小さいころから父と一緒に Formula 1 を観戦していました。車とレースに対する内に秘めた好奇心はこのころ芽生えていたのです。

モータースポーツという男性中心の分野に適応するにはどのような課題がありますか。

エンジニアリングを学んでいたころは、男性の同僚と同じように技術とテクニックに興味があること、よく知っていることを証明しなければなりませんでした。でも、それはどの分野でも同じことです。つまり、興味がなく、努力しなければ、成功しません。私の同僚とチームメートは、この 2 つの要素、つまり情熱と向上心、そして努力する姿勢を認めてくれました。男性、女性に関わりなく、重要なのはその姿勢です。人はやりたくないことがあると、言い訳を考え出します。それが学生時代と職場で得た経験です。それはモータースポーツでも同じことだと思います。

  1. 可能性を解き放つ

TE では、女性ならではの発想を元に、プロフェッショナルとしての能力開発を通じて、人脈作りやメンターからの助言等、女性が最大限の能力を発揮できるようにしています。(英語)