パーソナル モビリティの未来

トレンド

パーソナル化の進展

パーソナライズされたオンデマンド輸送の夜明けが近づいています。これは、すべてのものをすべての人につなぐという目標に向けた新たな一歩です。

著者

Wired Brand Lab
画像の著作権: Thomas Porostocky
出典 Wired.com

パーソナル トランジットの時代が到来しました。 ロンドンの地下鉄路線図の芸術的な複雑さや米国州間幹線道路のどこにでも行ける利便性は称賛に値しますが、移動計画を立てるときに最も重視されるのは、夕食やデートの時間に間に合うようにいかに効率的に移動できるかということです。

 

「結局のところ、移動計画は効率がすべてです」。TE Connectivity でセンサ製品知識およびトレーニングの上級マネージャを務める Pete Smith 氏はこのように語ります。.「人は A 地点から B 地点に移動する際、可能な限り短時間で移動できる手段を選びます。」

 

したがって、研究者はいわゆる「ラスト マイル」の交通問題の検討に多くの時間を費やしています。「ラスト マイル」という表現は、物流管理の用語で商品 (このケースでは疲れた旅行者) を目的地に送り届ける際の最終段階を言い表すためによく使われます。これらのパーソナル トランジット ソリューションは、運行スケジュールに従って人の多い地域を通る経路をたどりながら人々の集団を運ぶという公共交通機関の趣旨から外れています。これは大局的に見ると効率的ですが、乗客にしてみれば、次の便が到着するまで無駄な待ち時間が発生し、乗車後も他の乗客のために何度も途中停車します。また、まっすぐ目的地に向かうのではなく迂回路を通ることもあります。
 

ラストマイル ソリューションは多くの場合、電車やバスなどの既存の公共交通システムと連動、およびそれらを補完することで、公共交通機関の経路と個々の旅行者の最終目的地とのギャップを埋めます。このようなソリューションは現在都市部において新しい形で活用され始めています。そこでは、人々は共用の公共交通機関を利用してハブに移動してから、小型車両に乗車します。中には運転手さえ不要な車両もあります。このような移動手段の例には、新しいタイプの電動自転車や電動バイク、アーバン ポッド、小型・軽量自動車、岸辺沿いの水面を疾走する電動サーフボードなどがあります (電動サーフボードについては このビデオをご覧ください).

  1. センサにおける精密工学 (英語)

TE Connectivity のフィールド アプリケーション エンジニアである Mike Marciante が、TE の LVDT (線形可変差動変圧器) の位置センサがいかにして最も厳しい環境に耐えるように精密に製造されているかをご説明します。

技術、交通輸送、エネルギが交差するこの新しいカテゴリには、さまざまな短距離車両が含まれています。 その呼び名は個人移動機器/車両、パーソナル モビリティ、パーソナル ラピッド トランジット (個人用高速輸送システム) などさまざまです。このカテゴリの歴史は、不格好で高価な自己バランス型の乗り物から最近増えている低コスト/低品質のホバーボードまで、変化に富んでいますが、徐々に短距離車両が普及し始めています。動機付け要因には、都市環境への人口移動の増加や、個人所有車の所有と維持にかかるコストの高さなどが挙げられます。

 

また、これらの価格が手頃な選択肢は、孤立した低所得の都市近郊地域にとって新しい機会を切り開く可能性があります。このような地域は経済的および移動面の問題を抱えていて住民が良い仕事、医療、教育を受けることができません。

 

サンフランシスコ市交通局の言葉を借りれば、最終的な目標は「最も環境に優しく手頃な料金の移動手段を 2 分で判断でき、市内のどこにでも 20 分以内に簡単にたどりつける」ことです。

 

主要な推進要因の 1 つはセンサです。「センサはこれらすべてにおいて重要な役割を果たします」。TE Connectivity の Smith 氏はこのように語ります。Smith 氏によると、これらの新しい短距離車両のほとんどはさまざまなセンサや接続コンポーネント を搭載することで、安全かつ効率的で便利な個人輸送を実現します。「喜ばしいことにセンサは至る所にあり、今後もそれが変わることはありません。メーカーが作る製品はスマート化を目指してセンサで覆われるでしょう。」

 

そして、状況はいずれ次の局面へと進みます。TE Connectivity でグローバル センサ アカウント ディレクタを務める Petrina Zaraszczak 氏はこのように付け加えます。「将来、私たちは数多くの多機能センサに取り囲まれます。それらはフットプリントが非常に小さく、微弱な消費電力であらゆるものを測定・収集します」。リチウムイオン バッテリー技術と新たに開発されたコネクティビティおよびセンサ システムによって駆動するこれらの一人乗り車両は、短距離移動のあり方を変革します。

選択肢は数多くあります。 それでも、車を使って長距離ドライブを楽しむ人や、公共交通網が届いていない場所に車で移動する人はいるかもしれません。しかし、専門家は今後 20 年以内に世界中の主要都市でこのような小型個人車両が主な移動手段になると確信しています。それらのうち最も革新的なものを以下にいくつか示します。

  • 短距離用小型車Electra MeccanicaOrganic Transit などの会社が、電気、太陽光、足こぎペダルで駆動する丸いフォルムの小型アーバン カーを生産しています。その今までにない外観は大きなジェリービーンズのようですが、短い移動であればそんなことは気になりません。
  • 電動自転車。「バイクに乗るという純粋な楽しさにかなうものはない」。John Kennedy はかつてこのように述べました。ElbyFlyKly の電動自転車は JFK の言葉をハイテクによって実現したものであり、出費を抑えながら目的地の間を移動できるシンプルな手段です。
    電動スケートボード。子供なら誰しも空飛ぶホバーボードを夢見たことでしょう。Hovertrax、OneWheel、ZBoard などの製品は、映画に登場する磁気浮上ボードにはまだ及びませんが、歩行者を追い越してすばやく移動できる持ち運び可能な移動手段です。
  • パーソナル ラピッド トランジット (PRT)。この未来の輸送システムは、無人運転の自動化された公共交通機関という新しいカテゴリの代表であり、特別に建設された高架軌道ネットワークで運行されます。たとえば METRINO は、ハイテク ポッドで市内各地に乗客を運びます。タクシーと同様に、各ポッドには最大 5 人まで乗ることができ、街中に広がる任意の停留所間を移動できます。現在ドバイ、ニューデリー、その他いくつかの都市で運行が計画されています。
  • 電動バイク。モータを作動させてハイウェイに繰り出すことができます。もう 1 つの魅力的なオプションは、バイクのハイテク バージョンです。たとえば STORM Wave は、オランダの学生チームが世界中の持続可能な交通手段のイメージアップを図ることを目標に開発しました。このバイクは、特別なバッテリー パックと TE Connectivity の高耐久コネクタおよびリレーにより、1 回の充電で 380 キロメートル走行できます。
  • 短距離用小型車Electra MeccanicaOrganic Transit などの会社が、電気、太陽光、足こぎペダルで駆動する丸いフォルムの小型アーバン カーを生産しています。その今までにない外観は大きなジェリービーンズのようですが、短い移動であればそんなことは気になりません。
  • 電動自転車。「バイクに乗るという純粋な楽しさにかなうものはない」。John Kennedy はかつてこのように述べました。ElbyFlyKly の電動自転車は JFK の言葉をハイテクによって実現したものであり、出費を抑えながら目的地の間を移動できるシンプルな手段です。
    電動スケートボード。子供なら誰しも空飛ぶホバーボードを夢見たことでしょう。Hovertrax、OneWheel、ZBoard などの製品は、映画に登場する磁気浮上ボードにはまだ及びませんが、歩行者を追い越してすばやく移動できる持ち運び可能な移動手段です。
  • パーソナル ラピッド トランジット (PRT)。この未来の輸送システムは、無人運転の自動化された公共交通機関という新しいカテゴリの代表であり、特別に建設された高架軌道ネットワークで運行されます。たとえば METRINO は、ハイテク ポッドで市内各地に乗客を運びます。タクシーと同様に、各ポッドには最大 5 人まで乗ることができ、街中に広がる任意の停留所間を移動できます。現在ドバイ、ニューデリー、その他いくつかの都市で運行が計画されています。
  • 電動バイク。モータを作動させてハイウェイに繰り出すことができます。もう 1 つの魅力的なオプションは、バイクのハイテク バージョンです。たとえば STORM Wave は、オランダの学生チームが世界中の持続可能な交通手段のイメージアップを図ることを目標に開発しました。このバイクは、特別なバッテリー パックと TE Connectivity の高耐久コネクタおよびリレーにより、1 回の充電で 380 キロメートル走行できます。
TE Connectivity は、現在実現不可能なアイデアを未来のすばらしい技術に変えるコネクティビティおよびセンサ ソリューションを構築します。

設計者は大きな夢を描く一方で、大規模な行動実験に期待を寄せています。特に、人々の運転習慣を変えるにはどうすればいいでしょうか?

結局、個人輸送の未来に立ちはだかるのは、技術的側面よりむしろ、人、地域社会、文化的な側面なのかもしれません。 技術は変化を可能にしますが、技術を形作るのは価値です。設計者は大きな夢を描く一方で、大規模な行動実験に期待を寄せています。特に、人々の運転習慣を変えるにはどうすればいいでしょうか?

 

「車は個人所有するもの」という考えを「環境に優しい電気自動車をシェアリングする」という考えに変えるという計画は、机上ではすばらしいことのように思えますが、私たちには自動車に対する簡単には冷めない熱意があります。「大きな問題は「まだ準備ができておらず、時期尚早ではないか」ということです」。TE の Smith 氏は語ります。「私はまだ準備ができていないと思いますが、そこに向かっていることは確かです。テクノロジー プロバイダが顧客の需要を測定し、それに対処するソリューションの構築に取り組み始めたら、数年のうちに西部開拓時代が到来するでしょう。」