LITEFORCE 次世代コネクティビティ

トレンド

LITEFORCE 次世代コンタクト技術

LITEFORCE は、多極数コネクタに伴う大きな挿入力の課題を解決する、画期的な端子リセプタクル コンタクト技術です。

最も一般的なコネクタで、許容電流と耐振動性を向上させながら、挿入力を低減できると想像してみてください。

TE Connectivity の (TE) LITEFORCE は、ピン数の多いコネクタでの大きな挿入力の課題を解決する新しい端子リセプタクル コンタクト技術です。

当社の LITEFORCE 技術は新しい端子設計で、技術的要件と自動車組み立てライン作業者の健康を両立させるのに役立ちます。TE の LITEFORCE 技術では革新的な「波形」のコンタクト形状を採用しており、最も高い電流定格が得られるポイントに機械的な圧力が正確に確実にかかるようになっています。TE の LITEFORCE 技術の波形構造では、従来のコンタクト形状とは異なり、追加の冗長接点を持つ多接点構造を採用しています。このため、高振動時にも最適な電流伝達が実現されます。これによって、コンタクト領域に機械的圧力を加えるスプリング ビームの厚さを薄くすることができ、したがって、必要な全体の挿入力を減少させることができます。また、ビームに交番荷重がかからないため、許容電流および振動抵抗を大幅に増加させることができます。

当社の LITEFORCE 技術は、TE の MQS、AMP MCP、および MCON 製品シリーズに採用される予定です。

当社は、自動車メーカーに、挿入力を増大させずにコネクタのピン数を増加させる、作業者にやさしい方法を提供しています。
Michael Leidner,
TE Connectivity、Senior Principle Product Engineer

50%

当社の LITEFORCE 技術では、コネクタの挿入力が最大 50 % 低減されます。これは、作業者の身体的な負担を軽減し、挿入アシスト機能を使用しないで組み立て工程を加速できる単純なコスト効率の高いコネクタであることを意味します。

25%

LITEFORCE 技術では、より小さな挿入力でも、許容電流を最大 25 % 増加させることができます。この性能の向上により、より高い柔軟性が得られます。つまり、同じコネクタを、より高い電力要件のより多くの用途に使用できます。

LITEFORCE コンタクト形状は、最も高い電流定格が得られるポイントに機械的な圧力がかかるように最適化されています。
  1. LITEFORCE 次世代コンタクト技術 (英語)

このビデオでは、多極数コネクタに伴う大きな挿入力の課題を解決する、画期的な端子リセプタクル コンタクト技術である、TE の LITEFORCE コンタクト技術についてご紹介します。

2x

端子の振動クラスを 2 まで改善したことが LITEFORCE 技術の特徴です。つまり、日々の使用状況において、さらに高いレベルの堅牢性と信頼性をお客様に提供できます。

LITEFORCE 技術の「波形」構造では、追加の冗長接点を持つ多接点構造を採用しています。このため、高振動時にも最適なコンタクトが実現されます。