LITEALUM クリンプを使用する、耐久性の高い AL より線導体の完全自動化された結線

要約

車両にアルミニウム (AL) を使用すると、燃料効率が向上し、車重が低減されるため CO2 エミッションが削減されます。この利点は、材料をハーネスの魅力的なオプションにして、重い銅線導体と置き換えることができます。 ただし、恒久的に信頼できる電気接点を実現するには、結線技術を Al より線導体に合わせて最適化する必要があります。  ここでは、車載用途向けに開発および検証された TE の LITEALUM クリンプについて説明します。完全自動化プロセス用に設計された圧着バレルにより、Al ワイヤの結線に関する既知の問題 (特にクリープ) を回避できます。一般的なファミリー サイズの車両では、AL 導体および LITEALUM クリンプへのシフトにより、境界条件に応じて最大 2 kg または 3 kg の重量を削減できます。これを低い材料コストで実現できます。

LITEALUM クリンプを使用する、耐久性の高い AL より線導体の完全自動化された結線

要約

車両にアルミニウム (AL) を使用すると、燃料効率が向上し、車重が低減されるため CO2 エミッションが削減されます。この利点は、材料をハーネスの魅力的なオプションにして、重い銅線導体と置き換えることができます。 ただし、恒久的に信頼できる電気接点を実現するには、結線技術を Al より線導体に合わせて最適化する必要があります。  ここでは、車載用途向けに開発および検証された TE の LITEALUM クリンプについて説明します。完全自動化プロセス用に設計された圧着バレルにより、Al ワイヤの結線に関する既知の問題 (特にクリープ) を回避できます。一般的なファミリー サイズの車両では、AL 導体および LITEALUM クリンプへのシフトにより、境界条件に応じて最大 2 kg または 3 kg の重量を削減できます。これを低い材料コストで実現できます。