48 ボルトの接続

48 ボルトの接続

48 ボルトをベースとしたマイルド ハイブリッド技術により、車両の効率、運転しやすさ、さらにはオンボード ネットワークの安定性が改善します。TE はいつでもこのような将来のマイルド ハイブリッド化に役立つ相互接続技術に寄与できます。

電力とデータ分配

12 ボルトおよび高電圧送電からの技術の移行

48 ボルト システムを追加して乗用車パワートレインを電化すると、複数の特徴が非常に魅力的に融合します。回生ブレーキの使用中に得られた電気エネルギーは、燃料節約計画や CO2 排出の削減に役立ちます。48 ボルト モータからの追加トルクにより、小型化した燃焼機関でもブースト動作中に出力が上昇します。既存および新しい高電力電気部品を 48 ボルト パワーネットに組み込み、より高い効率で動作させることが可能です。最終的に、蓄積した電気エネルギーにより 12 ボルト パワー ネットワークを安定させることができます。

このような効果がかなりの低価格で得られます。まず、これらの部品はコンパクトで組み込みが簡単です。また 48 ボルト DC システムは、ECE-R 100 規格が示すとおり、本質的に安全なものです。コストがかかるシールドや保護手段は一切不要です。唯一の課題は、この程度の電圧レベルは人間が触れても安全である反面、負荷時の相互接続の切断 (すなわち緊急プラグ抜去) により電気アークが発生してしまうことです。48 ボルト コネクタ技術のもう 1 つの要件とは、電気化学的腐食の防止です。このような理由から、コネクタとリレーは慎重に適合と選択を行い、より高い電圧レベルを扱えるようにする必要があります。

12 ボルト相互接続技術と高電圧コネクタに関する幅広い経験に基づいて、48 ボルトに必要なクリープおよびクリアランス距離を満たした HDSCS (ヘビー デューティー防水型コネクタ シリーズ) 48 ボルト相互接続技術を提供しています。MCON 12 端子技術に基づいて、基礎となる設計を開発しました。この 2 極コネクタ システムは、個別に密封したキャビティにより、水の侵入とそれに伴って発生する電食を防止できることを特長としています。このような設計では、高電圧コネクタ システムよりもコスト効果比に見合った機能が得られます。

関連製品と技術