自動車インフォテインメント

用途

安全性保証用途

TE は、安全性保証用途および超大容量データ用途向けのきわめて堅牢な次世代型データ コネクタ開発の最終段階にあります。これらのコネクタには、膨大な量の未圧縮データを生成する LiDAR および RADAR が含まれます。

安全性リンクには、現在と未来に展開する ADAS (先進運転者支援システム) あるいは自立型運転用途の認識に不可欠とされる、追加要件が伴います。 このリンクのタイプには、高度に機能的な安全性レベルとリアルタイムの処理能力が要求されます。さらに、高解像度カメラで撮影された一次的な大型画像のシーケンスであるセンサ データ、つまり膨大なデータ量を、高リフレッシュ レートで未圧縮のまま配信しなければなりません。現在、安全性リンクは、独自のデータ伝送技術を使った大型のポイント間データ パイプとして設計されています。自動運転車が実用化されるようになると、機能的な安全面のアーキテクチャが必要になります。考えられるソリューションには、リング バス システムに基づくフェイルセーフや冗長的な接続形態があります。さらに、低レイテンシかつ高可用性を備えたリアルタイムのネットワーク技術も必要になります。そのソリューションとしては、オープン プロトコルの TSN (Time-Sensitive Networking) 規格の導入が考えられます。TE では、自動車安全性用途に対応するコネクタ ソリューションを取り揃えています。主な用途および TE の注目製品を以下にご紹介します。

自動車インフォテインメント

用途

安全性保証用途

TE は、安全性保証用途および超大容量データ用途向けのきわめて堅牢な次世代型データ コネクタ開発の最終段階にあります。これらのコネクタには、膨大な量の未圧縮データを生成する LiDAR および RADAR が含まれます。

安全性リンクには、現在と未来に展開する ADAS (先進運転者支援システム) あるいは自立型運転用途の認識に不可欠とされる、追加要件が伴います。 このリンクのタイプには、高度に機能的な安全性レベルとリアルタイムの処理能力が要求されます。さらに、高解像度カメラで撮影された一次的な大型画像のシーケンスであるセンサ データ、つまり膨大なデータ量を、高リフレッシュ レートで未圧縮のまま配信しなければなりません。現在、安全性リンクは、独自のデータ伝送技術を使った大型のポイント間データ パイプとして設計されています。自動運転車が実用化されるようになると、機能的な安全面のアーキテクチャが必要になります。考えられるソリューションには、リング バス システムに基づくフェイルセーフや冗長的な接続形態があります。さらに、低レイテンシかつ高可用性を備えたリアルタイムのネットワーク技術も必要になります。そのソリューションとしては、オープン プロトコルの TSN (Time-Sensitive Networking) 規格の導入が考えられます。TE では、自動車安全性用途に対応するコネクタ ソリューションを取り揃えています。主な用途および TE の注目製品を以下にご紹介します。