製品開発エンジニア Ufuk Tüy
製品開発エンジニア Ufuk Tüy
装置間通信の技術は、今後間違いなく私達の日常生活の自然な一部となっていくものと確信しています。

Ufuk Tüy は、製品エンジニアとして、TE の Innovation Award を受賞しています。 きっかけは、お客様が要件によっては実現がきわめて難しいことがあると実感されたことです。若きエンジニアとして Ufuk Tüy は経済的で機能性に優れたソリューションの開発を手掛けました。現在は、この技術は特許申請されています。Ufuk Tüy に大きな刺激を与えたのはトーマス・エジソンです。エジソンは失敗にこそ光を当て、常に新しい可能性を探ることに専念してきました。そして、それこそがエンジニアリングが持つ真の意味であるからです。彼自身が認めるとおり、結果を理解するのはたやすいことですが、正しい道を見出すことに多少の難しさを伴います。

1

最新の革新技術の中で、今後 10 年間に最も大きな影響を及ぼすと思われるものは何ですか?

私の考えとして、今後 10 年間に大きな影響力を持つと思われる革新技術は装置間通信です。人類にとって機械の製造と利用が飛躍的進歩であったのは、まだそれほど古い昔の話ではありません。現在、機械の利用は当たり前のこととなっており、コンピュータ支援なしの機械は考えられません。装置間通信の技術はすでに多くの産業エリアで応用されていますが、私の考えではさらに発達の余地があると思います。これは特に E モビリティの分野に当てはまります。私は装置間通信の技術が、私達の生活に電気車両の分野で影響を与えるだけでなく、生活家電の接続などによって日常生活の一部となるものと確信しています。このセグメントでの進歩は未来を形作り、あらゆる領域で私達の生活に寄り添い、ほぼあらゆるものがより効率的、安全、快適、そして有益にもなるという利点をもたらすのです。 

2

あなたの経歴の中で最も大きな成功といえるものは何ですか?

エンジニアリング部門は通常、ほぼまったく新しい製品の開発が必要となる既存プロジェクトのため、大きな課題に直面しています。場合によっては、要件が最初はきわめて達成困難に思えることもあります。そのようなあるプロジェクトで、お客様が要件の実現に非常な困難を感じていたとき、まだ若いエンジニアだった私が、なんとか有効かつ利益の上がるソリューションを見つけることができたんです。当然、この成果については非常に誇らしく感じました。この発明のおかげで、私は TE の Innovation Award を受賞し、その革新的ソリューションについての特許を申請しました。 

3

どんなエンジニアを理想としていますか、それはどんなことで有名な人ですか?

世界を大きく変えたエンジニアや発明家は数多く存在します。その一人が、トーマス・アルバ・エジソンです。この人物について特に好きなのは、彼が試みの失敗について強調したことです。彼はこのアプローチを、失敗するたび解決策に一歩近づくという考えによって正当化しており、これは誰しも勇気を得られる考え方です。私はいつも彼の次の言葉を念頭に置いています。

&天才とは 1% のひらめきと 99% の努力からなる"

これはエンジニアリングの真の意味というものを表しています。この言葉は、非常に長い製品開発の途上で実際に起こることを示しています。結果を理解することは容易ですが、エジソンの言葉が示すとおり、正しい道のりを見つけることはそれほど容易ではありません。

4

最初にエンジニアリングの仕事をしたいと思ったのはいつですか、そしてそれは何故ですか?

私はいつも家族の中でクリエイティブな人間だったし、あらゆる物事をできるだけ詳細に体験し模索したいタイプでした。特に技術的装置に興味を惹かれたので、そういった装置は私の手元では安全ではありませんでした。装置の内部がどうなっていてどのように機能しているのかという好奇心から、さまざまな装置を (大概は両親の許可なしで) 分解してしまうことがよくありました。エンジニアになろうという決意の主な理由となったのは、簡単に聞こえるかもしれませんが、学校からの帰り道で見た広告のポスターでした。そのポスターには、"エンジニアは世界を変える" とありました。この文章に非常に感銘を受け、その瞬間にエンジニアになろうと決めたのです。そしていまだにこの言葉が、毎日の仕事に情熱を持って取り組む原動力となっています。 

5

エンジニアになっていなかったら何をしていたと思いますか?

もしエンジニアになっていなかったとしたら、間違いなく多くの創造性が要求される職業に就いていたでしょう。特に建築の分野にはいつも強い興味を持っており、いまだに驚異や刺激を感じています。あらゆる設計に見られる美的感覚、そして今や地上高が 1 km にも迫る超高層ビル (たとえば、高さ 829.8 m のブルジュ・ハリファ) を支える設計と建築の技術はいずれも私にとって大いなる感銘です。 

私はいつも家族の中でクリエイティブな人間だったし、あらゆる物事をできるだけ詳細に体験し模索したいタイプでした。
Ufuk Tüy,
製品開発エンジニア
製品開発エンジニア Ufuk Tüy
製品開発エンジニア Ufuk Tüy
装置間通信の技術は、今後間違いなく私達の日常生活の自然な一部となっていくものと確信しています。

Ufuk Tüy は、製品エンジニアとして、TE の Innovation Award を受賞しています。 きっかけは、お客様が要件によっては実現がきわめて難しいことがあると実感されたことです。若きエンジニアとして Ufuk Tüy は経済的で機能性に優れたソリューションの開発を手掛けました。現在は、この技術は特許申請されています。Ufuk Tüy に大きな刺激を与えたのはトーマス・エジソンです。エジソンは失敗にこそ光を当て、常に新しい可能性を探ることに専念してきました。そして、それこそがエンジニアリングが持つ真の意味であるからです。彼自身が認めるとおり、結果を理解するのはたやすいことですが、正しい道を見出すことに多少の難しさを伴います。

1

最新の革新技術の中で、今後 10 年間に最も大きな影響を及ぼすと思われるものは何ですか?

私の考えとして、今後 10 年間に大きな影響力を持つと思われる革新技術は装置間通信です。人類にとって機械の製造と利用が飛躍的進歩であったのは、まだそれほど古い昔の話ではありません。現在、機械の利用は当たり前のこととなっており、コンピュータ支援なしの機械は考えられません。装置間通信の技術はすでに多くの産業エリアで応用されていますが、私の考えではさらに発達の余地があると思います。これは特に E モビリティの分野に当てはまります。私は装置間通信の技術が、私達の生活に電気車両の分野で影響を与えるだけでなく、生活家電の接続などによって日常生活の一部となるものと確信しています。このセグメントでの進歩は未来を形作り、あらゆる領域で私達の生活に寄り添い、ほぼあらゆるものがより効率的、安全、快適、そして有益にもなるという利点をもたらすのです。 

2

あなたの経歴の中で最も大きな成功といえるものは何ですか?

エンジニアリング部門は通常、ほぼまったく新しい製品の開発が必要となる既存プロジェクトのため、大きな課題に直面しています。場合によっては、要件が最初はきわめて達成困難に思えることもあります。そのようなあるプロジェクトで、お客様が要件の実現に非常な困難を感じていたとき、まだ若いエンジニアだった私が、なんとか有効かつ利益の上がるソリューションを見つけることができたんです。当然、この成果については非常に誇らしく感じました。この発明のおかげで、私は TE の Innovation Award を受賞し、その革新的ソリューションについての特許を申請しました。 

3

どんなエンジニアを理想としていますか、それはどんなことで有名な人ですか?

世界を大きく変えたエンジニアや発明家は数多く存在します。その一人が、トーマス・アルバ・エジソンです。この人物について特に好きなのは、彼が試みの失敗について強調したことです。彼はこのアプローチを、失敗するたび解決策に一歩近づくという考えによって正当化しており、これは誰しも勇気を得られる考え方です。私はいつも彼の次の言葉を念頭に置いています。

&天才とは 1% のひらめきと 99% の努力からなる"

これはエンジニアリングの真の意味というものを表しています。この言葉は、非常に長い製品開発の途上で実際に起こることを示しています。結果を理解することは容易ですが、エジソンの言葉が示すとおり、正しい道のりを見つけることはそれほど容易ではありません。

4

最初にエンジニアリングの仕事をしたいと思ったのはいつですか、そしてそれは何故ですか?

私はいつも家族の中でクリエイティブな人間だったし、あらゆる物事をできるだけ詳細に体験し模索したいタイプでした。特に技術的装置に興味を惹かれたので、そういった装置は私の手元では安全ではありませんでした。装置の内部がどうなっていてどのように機能しているのかという好奇心から、さまざまな装置を (大概は両親の許可なしで) 分解してしまうことがよくありました。エンジニアになろうという決意の主な理由となったのは、簡単に聞こえるかもしれませんが、学校からの帰り道で見た広告のポスターでした。そのポスターには、"エンジニアは世界を変える" とありました。この文章に非常に感銘を受け、その瞬間にエンジニアになろうと決めたのです。そしていまだにこの言葉が、毎日の仕事に情熱を持って取り組む原動力となっています。 

5

エンジニアになっていなかったら何をしていたと思いますか?

もしエンジニアになっていなかったとしたら、間違いなく多くの創造性が要求される職業に就いていたでしょう。特に建築の分野にはいつも強い興味を持っており、いまだに驚異や刺激を感じています。あらゆる設計に見られる美的感覚、そして今や地上高が 1 km にも迫る超高層ビル (たとえば、高さ 829.8 m のブルジュ・ハリファ) を支える設計と建築の技術はいずれも私にとって大いなる感銘です。 

私はいつも家族の中でクリエイティブな人間だったし、あらゆる物事をできるだけ詳細に体験し模索したいタイプでした。
Ufuk Tüy,
製品開発エンジニア