Monika Kuklok、イノベーション プラットフォーム & ベンチャー担当シニアマネージャ
Monika Kuklok、イノベーション プラットフォーム & ベンチャー担当シニアマネージャ
イノベーションはアイデアを利益に転換します。

自動化は急速に発展しています。 Monika が見るところでは、今日の産業用デバイスは、工場、ビル、輸送システムなども含め、急速にデジタル ガジェットとなりつつあり、将来はこれらがシームレスに通信するようになります。大枠としての相互運用性を実現するための戦略構想は、この MBA の専門分野です。2010 年の TE 入社以来、Monika はさまざまな部門で業務をこなし、イノベーションの実現と管理のための新たなアプローチを確立して発展させてきました。そこには、TE のソーラー ソリューションの戦略主導と製品管理に携わる間に彼女が見極め、予測したニーズがあります。現在、彼女は、設計、製品管理、事業開発の専門家で構成する多様性に富んだチームを率いています。彼女の指導の下、ヨーロッパと米国を本拠とするこのチームは、アイデア生成段階から市場投入段階まで自動化でのイノベーションの分野をすべて担当しています。Monika が特別な関心を寄せている事柄として、お客様のニーズがどのように拡大していくのかという点、および技術と業界での傾向が、産業面のイノベーション、ビジネス上のパートナーシップ、研究面のコラボレーションにどのように新たな機会をもたらすのかという点があります。現在、Monika は IoT (モノのインターネット) の動向を詳しく見つめています。産業市場のお客様が、工場の生産性向上を実現して想定どおりの結果を得られるように工場システムを自動化するうえで、IoT は大きな可能性を秘めていると Monika は考えています。新たなアイデア形成を可能にする主要な要素の特定で Monika が上げた成果を考慮すると、IoT に関する Monika のアイデアと自動化の将来に IoT が及ぼす効果を追跡することには相応の価値があります。

立派なアイデアがあるだけでは不十分です。お客様がソリューションに価値を見出し、最終的にそのソリューションを実際に使用したときにイノベーションが起きるのです。
Monika Kuklok,
イノベーション プラットフォーム & ベンチャー担当シニアマネージャ
#

1

IoT (モノのインターネット) は、今後の工場にどのように影響するでしょうか?

IoT の総合的な傾向の影響と可能性は、産業市場で最も大きいといえます。将来は、工場に設置されているすべての物理デバイスがデジタル ガジェットとなり、互いに接続されて通信するようになります。これは、すべてのものがよりインテリジェントになるということでもあります。IoT/Industry 4.0 は、工場環境に生産性の飛躍的な向上を実現し、複雑さの度を深めるお客様からの要望に対処することを可能にします (バッチ サイズ 1、翌日配達など)。このような傾向は、コネクティビティ ソリューションの将来にも大きな影響を及ぼします。信頼性のあるイーサネット通信と新たなイーサネット コネクティビティ ソリューションに対して増加するニーズ、あらゆる場所でのセンサの統合に対するニーズ、データの細密度とシステム性能の強化に向けたコネクタ レベルでのインテリジェンスなどが考えられます。

2

今後のデジタル工場に対し、最も長期間にわたって影響を及ぼすと思われる自動化のアイデアは何ですか?

長期的な構想としては、ロボットによるロボットの生産が挙げられます。この構想を実現するために、自動化システムに新たな技術が適用されると思われます。ここでは、環境に適応して自身を最適化できるロボットの設計が主な課題となります。そのためには、センサ浸透の推進、これらのセンサのコネクティビティ強化、生成されたセンサ情報の高度な処理が必要になります。人間とまったく同じようなセンサの皮膚を持ち、生産ラインでオペレータの横で安全に作業できるロボット アームをご想像ください。 

3

今後 5 年間、技術の面でどのような変化が訪れると予想していますか?

すべての産業にわたってイノベーションの速度が劇的に速くなり、技術系組織では思考形態を変える必要性に迫られるようになると思われます。自動化技術とネットワーク技術は、自己最適化型製造という長期的構想の実現に向け、互いに接近する必要が出てきます。IoT 空間でインテリジェントなソリューションを設計するために、電気機械系技術者、電気系技術者、電子系技術者、ソフトウェア技術者には互いに緊密に協力して作業することが求められます。バリュー チェーン全体で専門分野を超えてパートナーとのコラボレーションを展開することが要点となります。 

4

TE で仕事をしていて最も喜ばしいことや興味深いことはどういった点ですか?

TE は、当社が事業を展開している業界では類を見ないユニークな企業です。また、当社が単独で提供する技術やコネクタ、アンテナ、センサ、リレーなどの多くの部品との組み合わせで提供する技術の面から見ても、ユニークな企業といえます。TE をまだご存じではない新たなお客様や業界パートナーとの話し合いでは、多くの場合、まず彼らがここに至るまでにすでに数多くの TE 製品に触れていることを説明するようにしています。たとえば、運転してきた車の中、利用した飛行機や列車の中、使用している携帯電話、彼らの製造設備、彼らのオフィス ビルを初めとして、多くの場面で TE 製品が活躍しています。当社の各組織にはきわめて多彩な才能が揃っており、世界中の当社のお客様に並外れた顧客体験をもたらすことができます。 

5

お客様に提供するソリューションに直結するような形態で、TE はどのようにイノベーションに取り組んでいますか?

まず、何をイノベーションと呼ぶかという点から始めましょう。イノベーションはアイデアを利益に転換します。当社はお客様との協力の中から、お客様が抱える問題のうち、当社が解決できるものは何であるかを把握します。このような問題の見極めから、可能なソリューションに関するアイデアを生み出す創造的な活動が始まります。このようなソリューションは、当社が通暁している多彩な技術を駆使し、最終的にお客様のニーズにお応えします。立派なアイデアがあるだけでは不十分です。お客様がソリューションに価値を見出し、最終的にそのソリューションを実際に使用したときにイノベーションが起きるのです。TE の中心にはイノベーションがあります。当社は、トムソン ロイター トップ 100 グローバル イノベーション アワードを 4 年連続で受賞しています。当社は、イノベーション文化の醸成にも積極的に貢献しています。年次開催の社内 TechCon は、当社のトップ 400 人のエンジニアを 3 日間の会議に招待していますが、私が参加した最も専門的な技術系イベントの 1 つでした。また、年次開催のイノベータ ゲームも、社内でイノベーションの機運を醸成する手法の好例です。 

  1. スマート ファクトリの ARISO Contactless Connectivity (英語)

工場の環境では、ちり、ほこり、水、腐食、振動のすべてが、稼動時間や生産性の最大化に重要な接続の邪魔になります。TE の ARISO Contactless Connectivity は、それらの設計上の制約を克服しました。

Monika Kuklok、イノベーション プラットフォーム & ベンチャー担当シニアマネージャ
Monika Kuklok、イノベーション プラットフォーム & ベンチャー担当シニアマネージャ
イノベーションはアイデアを利益に転換します。

自動化は急速に発展しています。 Monika が見るところでは、今日の産業用デバイスは、工場、ビル、輸送システムなども含め、急速にデジタル ガジェットとなりつつあり、将来はこれらがシームレスに通信するようになります。大枠としての相互運用性を実現するための戦略構想は、この MBA の専門分野です。2010 年の TE 入社以来、Monika はさまざまな部門で業務をこなし、イノベーションの実現と管理のための新たなアプローチを確立して発展させてきました。そこには、TE のソーラー ソリューションの戦略主導と製品管理に携わる間に彼女が見極め、予測したニーズがあります。現在、彼女は、設計、製品管理、事業開発の専門家で構成する多様性に富んだチームを率いています。彼女の指導の下、ヨーロッパと米国を本拠とするこのチームは、アイデア生成段階から市場投入段階まで自動化でのイノベーションの分野をすべて担当しています。Monika が特別な関心を寄せている事柄として、お客様のニーズがどのように拡大していくのかという点、および技術と業界での傾向が、産業面のイノベーション、ビジネス上のパートナーシップ、研究面のコラボレーションにどのように新たな機会をもたらすのかという点があります。現在、Monika は IoT (モノのインターネット) の動向を詳しく見つめています。産業市場のお客様が、工場の生産性向上を実現して想定どおりの結果を得られるように工場システムを自動化するうえで、IoT は大きな可能性を秘めていると Monika は考えています。新たなアイデア形成を可能にする主要な要素の特定で Monika が上げた成果を考慮すると、IoT に関する Monika のアイデアと自動化の将来に IoT が及ぼす効果を追跡することには相応の価値があります。

立派なアイデアがあるだけでは不十分です。お客様がソリューションに価値を見出し、最終的にそのソリューションを実際に使用したときにイノベーションが起きるのです。
Monika Kuklok,
イノベーション プラットフォーム & ベンチャー担当シニアマネージャ
#

1

IoT (モノのインターネット) は、今後の工場にどのように影響するでしょうか?

IoT の総合的な傾向の影響と可能性は、産業市場で最も大きいといえます。将来は、工場に設置されているすべての物理デバイスがデジタル ガジェットとなり、互いに接続されて通信するようになります。これは、すべてのものがよりインテリジェントになるということでもあります。IoT/Industry 4.0 は、工場環境に生産性の飛躍的な向上を実現し、複雑さの度を深めるお客様からの要望に対処することを可能にします (バッチ サイズ 1、翌日配達など)。このような傾向は、コネクティビティ ソリューションの将来にも大きな影響を及ぼします。信頼性のあるイーサネット通信と新たなイーサネット コネクティビティ ソリューションに対して増加するニーズ、あらゆる場所でのセンサの統合に対するニーズ、データの細密度とシステム性能の強化に向けたコネクタ レベルでのインテリジェンスなどが考えられます。

2

今後のデジタル工場に対し、最も長期間にわたって影響を及ぼすと思われる自動化のアイデアは何ですか?

長期的な構想としては、ロボットによるロボットの生産が挙げられます。この構想を実現するために、自動化システムに新たな技術が適用されると思われます。ここでは、環境に適応して自身を最適化できるロボットの設計が主な課題となります。そのためには、センサ浸透の推進、これらのセンサのコネクティビティ強化、生成されたセンサ情報の高度な処理が必要になります。人間とまったく同じようなセンサの皮膚を持ち、生産ラインでオペレータの横で安全に作業できるロボット アームをご想像ください。 

3

今後 5 年間、技術の面でどのような変化が訪れると予想していますか?

すべての産業にわたってイノベーションの速度が劇的に速くなり、技術系組織では思考形態を変える必要性に迫られるようになると思われます。自動化技術とネットワーク技術は、自己最適化型製造という長期的構想の実現に向け、互いに接近する必要が出てきます。IoT 空間でインテリジェントなソリューションを設計するために、電気機械系技術者、電気系技術者、電子系技術者、ソフトウェア技術者には互いに緊密に協力して作業することが求められます。バリュー チェーン全体で専門分野を超えてパートナーとのコラボレーションを展開することが要点となります。 

4

TE で仕事をしていて最も喜ばしいことや興味深いことはどういった点ですか?

TE は、当社が事業を展開している業界では類を見ないユニークな企業です。また、当社が単独で提供する技術やコネクタ、アンテナ、センサ、リレーなどの多くの部品との組み合わせで提供する技術の面から見ても、ユニークな企業といえます。TE をまだご存じではない新たなお客様や業界パートナーとの話し合いでは、多くの場合、まず彼らがここに至るまでにすでに数多くの TE 製品に触れていることを説明するようにしています。たとえば、運転してきた車の中、利用した飛行機や列車の中、使用している携帯電話、彼らの製造設備、彼らのオフィス ビルを初めとして、多くの場面で TE 製品が活躍しています。当社の各組織にはきわめて多彩な才能が揃っており、世界中の当社のお客様に並外れた顧客体験をもたらすことができます。 

5

お客様に提供するソリューションに直結するような形態で、TE はどのようにイノベーションに取り組んでいますか?

まず、何をイノベーションと呼ぶかという点から始めましょう。イノベーションはアイデアを利益に転換します。当社はお客様との協力の中から、お客様が抱える問題のうち、当社が解決できるものは何であるかを把握します。このような問題の見極めから、可能なソリューションに関するアイデアを生み出す創造的な活動が始まります。このようなソリューションは、当社が通暁している多彩な技術を駆使し、最終的にお客様のニーズにお応えします。立派なアイデアがあるだけでは不十分です。お客様がソリューションに価値を見出し、最終的にそのソリューションを実際に使用したときにイノベーションが起きるのです。TE の中心にはイノベーションがあります。当社は、トムソン ロイター トップ 100 グローバル イノベーション アワードを 4 年連続で受賞しています。当社は、イノベーション文化の醸成にも積極的に貢献しています。年次開催の社内 TechCon は、当社のトップ 400 人のエンジニアを 3 日間の会議に招待していますが、私が参加した最も専門的な技術系イベントの 1 つでした。また、年次開催のイノベータ ゲームも、社内でイノベーションの機運を醸成する手法の好例です。 

  1. スマート ファクトリの ARISO Contactless Connectivity (英語)

工場の環境では、ちり、ほこり、水、腐食、振動のすべてが、稼動時間や生産性の最大化に重要な接続の邪魔になります。TE の ARISO Contactless Connectivity は、それらの設計上の制約を克服しました。