Rajendra Pai
Rajendra Pai
コネクティビティはあらゆる場所で発生します。朝起きてから寝る時間まで、さらには寝ている間も、ウェアラブル機器が眠りと健康のパラメータを監視します。

製品エンジニアリング マネージャを務める Rajendra R. Pai は、アプライアンスおよびインダストリアル コネクタ製品の製品マネージャとして TE でのキャリアを始めることになります。 現在では TE アプライアンス事業部門のグローバルなエンジニアリング チームを率いています。 2011 年、Rajendra は「Design to Value」(価値を創造する設計) と呼ばれる TE の特別なプロジェクトに割り当てられます。このプロジェクトは、お客様の視点からアプライアンス製品の価値を判断するというものです。求められた目標は、材料コストを削減し、利益率を向上させることでした。この取り組みの結果、Rajendra は 4 年間にわたり 3,000 万ドルものコスト削減を TE にもたらすことになり、これまでに彼が実現した最大の成果と考えられています。 Rajendra の叔父は石油精製所で働いていましたが、彼は幼少期に叔父の職場環境の写真を見せてもらいました。この写真を見て Rajendra はエンジニアリングの世界を志すことを決め、叔父の姿を模範としてきました。設備が整っていることに加え、数学や科学への熱意から、Rajendra は TE に自らの居場所を見つけることになるのです。

1

製品開発におけるあなたの役割と主な担当範囲を教えてください。

現在は 2 つの役割を持っています。まず、端子およびスプライス製品ファミリのグローバル エンジニアリング マネージャを務めていますが、同時に中国のエンジニアリング チームと協力して、5 年先を見据えた新製品のロード マップを策定しています。クロスファンクショナルおよびフィールド エンジニアリングのどちらのチームともやり取りを行いながら、お客様にソリューションを提供し、お客様の要件に基づいた製品を開発しています。 

2

今日のエンジニアリングの課題に対処するためには、どのような個人的特徴が不可欠でしょうか?

プロジェクトをそつなくこなすには、好奇心や危機感、忍耐力、お客様の声にしっかりと耳を傾ける姿勢が求められます。また、物事を論理的かつ実用的に考えることも不可欠です。さらに、ほかの人々と協力できることも重要です。私たちは、それぞれが TE で長年の経験を積み重ねています。ですから、適切な人材を適切なソリューションに割り当てるように努めています。 

3

TE のお客様とのかかわりで実現した画期的な発見について教えてください。

私たちのチームが起こした最近の画期的な出来事は、クリンプの強化に関連するものです。端子は圧着できますが、さらに広範囲なワイヤ サイズを単一のワイヤ バレルに適応させるために、全範囲のワイヤに対応できる単一のクリンパを開発する必要がありました。これを実現するクリンプ製品を作成することで、クリンパの切り替えを低減し、お客様のサプライ チェーンを簡素化することができます。 

4

創造的で革新的な考え方を構築するために、どのような方法を使用していますか?

2 か月に 1 回のペースで、チームのメンバーとブレインストーミング ミーティングを開いているのですが、これがイノベーションを生み出す入口となっているものと考えています。チームは、それぞれが個別の才能を持ったメンバーで構成されています。培ってきた経験は全員が違いますが、それによって私たちが事を成し遂げる道筋が形作られるのです。協調的な環境を作り出すことで、各個人の強みを生かした、より良いソリューションを提供することができます。 

5

開発の指揮をとるタスクに貢献した経験はどのようなものですか?

他者の指揮をとる業務は大部分が芸術であり、科学ではありません。成功を収めている製品開発は、映画の監督を務めるようなものです。チーム メンバーは役者であり、製品開発は映画制作のようなものと考えることができます。つまり、より良くチームの指揮をとることができれば、より良い製品ができるということです。 

3,000 万ドルの

削減

Rajendra は、「Design to Value」(価値を創造する設計) と呼ばれる特別なプロジェクトへの取り組みの結果、3,000 万ドルものコスト削減という形で TE に貢献しました。

協調的な環境を作り出すことで、各個人の強みを生かした、より良いソリューションを提供することができます。
Rajendra Pai,
製品エンジニアリング マネージャ
Rajendra Pai
Rajendra Pai
コネクティビティはあらゆる場所で発生します。朝起きてから寝る時間まで、さらには寝ている間も、ウェアラブル機器が眠りと健康のパラメータを監視します。

製品エンジニアリング マネージャを務める Rajendra R. Pai は、アプライアンスおよびインダストリアル コネクタ製品の製品マネージャとして TE でのキャリアを始めることになります。 現在では TE アプライアンス事業部門のグローバルなエンジニアリング チームを率いています。 2011 年、Rajendra は「Design to Value」(価値を創造する設計) と呼ばれる TE の特別なプロジェクトに割り当てられます。このプロジェクトは、お客様の視点からアプライアンス製品の価値を判断するというものです。求められた目標は、材料コストを削減し、利益率を向上させることでした。この取り組みの結果、Rajendra は 4 年間にわたり 3,000 万ドルものコスト削減を TE にもたらすことになり、これまでに彼が実現した最大の成果と考えられています。 Rajendra の叔父は石油精製所で働いていましたが、彼は幼少期に叔父の職場環境の写真を見せてもらいました。この写真を見て Rajendra はエンジニアリングの世界を志すことを決め、叔父の姿を模範としてきました。設備が整っていることに加え、数学や科学への熱意から、Rajendra は TE に自らの居場所を見つけることになるのです。

1

製品開発におけるあなたの役割と主な担当範囲を教えてください。

現在は 2 つの役割を持っています。まず、端子およびスプライス製品ファミリのグローバル エンジニアリング マネージャを務めていますが、同時に中国のエンジニアリング チームと協力して、5 年先を見据えた新製品のロード マップを策定しています。クロスファンクショナルおよびフィールド エンジニアリングのどちらのチームともやり取りを行いながら、お客様にソリューションを提供し、お客様の要件に基づいた製品を開発しています。 

2

今日のエンジニアリングの課題に対処するためには、どのような個人的特徴が不可欠でしょうか?

プロジェクトをそつなくこなすには、好奇心や危機感、忍耐力、お客様の声にしっかりと耳を傾ける姿勢が求められます。また、物事を論理的かつ実用的に考えることも不可欠です。さらに、ほかの人々と協力できることも重要です。私たちは、それぞれが TE で長年の経験を積み重ねています。ですから、適切な人材を適切なソリューションに割り当てるように努めています。 

3

TE のお客様とのかかわりで実現した画期的な発見について教えてください。

私たちのチームが起こした最近の画期的な出来事は、クリンプの強化に関連するものです。端子は圧着できますが、さらに広範囲なワイヤ サイズを単一のワイヤ バレルに適応させるために、全範囲のワイヤに対応できる単一のクリンパを開発する必要がありました。これを実現するクリンプ製品を作成することで、クリンパの切り替えを低減し、お客様のサプライ チェーンを簡素化することができます。 

4

創造的で革新的な考え方を構築するために、どのような方法を使用していますか?

2 か月に 1 回のペースで、チームのメンバーとブレインストーミング ミーティングを開いているのですが、これがイノベーションを生み出す入口となっているものと考えています。チームは、それぞれが個別の才能を持ったメンバーで構成されています。培ってきた経験は全員が違いますが、それによって私たちが事を成し遂げる道筋が形作られるのです。協調的な環境を作り出すことで、各個人の強みを生かした、より良いソリューションを提供することができます。 

5

開発の指揮をとるタスクに貢献した経験はどのようなものですか?

他者の指揮をとる業務は大部分が芸術であり、科学ではありません。成功を収めている製品開発は、映画の監督を務めるようなものです。チーム メンバーは役者であり、製品開発は映画制作のようなものと考えることができます。つまり、より良くチームの指揮をとることができれば、より良い製品ができるということです。 

3,000 万ドルの

削減

Rajendra は、「Design to Value」(価値を創造する設計) と呼ばれる特別なプロジェクトへの取り組みの結果、3,000 万ドルものコスト削減という形で TE に貢献しました。

協調的な環境を作り出すことで、各個人の強みを生かした、より良いソリューションを提供することができます。
Rajendra Pai,
製品エンジニアリング マネージャ