Jim Connors
Jim Connors
主要なプラットフォームに起こりうる新しいテクノロジによる変革は、すべて新しい機会につながると信じています。必要とされるものへの適切な対応が 今後数年間のキーとなります。

アプライアンス フィールド エンジニアリング ディレクタの Jim Connors は、お客様とパートナとなり、製品およびアプリケーション ソリューションを提供しています。 彼は、カストマー エクスペリエンスを全体的に向上するための、アプライアンス事業部門と TE の異なる事業部門との間のチームワークの重要性を強調しています。 1980 年代、Jim Connors は電子部品パッケージ エンジニアで、AMP Incorporated のお客様の軍事製品の設計を担当していました。AMp は 1999 年に TE に買収されました。ジョイント プロジェクトを担当していた彼は、TE の企業文化、イノベーション、専門技術全般に惹きつけられました。 現在、TE での 28 年以上の実績を基に、内部および外部のカストマー サポートを提供し、カストマーをチームの中心ポイントに置き、アプライアンス事業を牽引しています。「カストマー エクスペリエンスを重視することを強調すると、カストマーの声を組織の前面と中心にもたらす機会が与えられます。

1

TE で仕事をしていて最も楽しいことは何でしょう?

私はカストマーとのやりとり、アプリケーションのチャレンジ、カストマーと TE 内のさまざまな部門のチーム メンバとの協力によって革新的なソリューションを見出すことを楽しみとしています。10 年以上大型アプライアンス OEM に携わってきた結果、私はエンジニアリング、購買、工場、そしてオペレーションに没頭するようになりました。チャレンジと同時に、大変役立つ学習体験をしました。 

2

現在の役割でのご自分のマネージメントのスタイルと、その下にあるビジネス スタイルは何でしょうか?

チームワークは成功のキー (鍵) です。アプライアンスとしての私たちの使命は、製品ラインと専門的な能力分野全体からソリューションを導き、フィールド セールス技術チームに包括的なサポートを提供することです。対象となる市場、産業分野、カスタマーが必要としているソリューションが TE にあることを強調し、次の設計プラットフォームに主眼を置くことが戦略となります。 

3

どのような概念やアイディアに魅力を感じますか?

TE ポートフォリオにセンサ製品が最近追加されたことには、注目すべきです。現在のアプライアンスの用途の多くはなんらかのセンサを使用しており、相互接続したソリューションを必要としています。さらに、Connected Home 分野のアプライアンスは引き続き成長し、カストマーに新しい価値をお届けする新規のソリューションを発見することは、非常にわくわくします。 

4

カストマーとの関係を構築する場合に注目すべき点は何でしょうか?

歴史的に、TE の企業文化はカストマーの満足度に貢献してきました。現在、カストマー エクスペリエンスの向上に新たな注目が置かれている中、これを企業全体として次のレベルに進めることができます。「速度への必要性」が現在マーケットを牽引しています。消費者向けのイノベーションを誰よりも先にマーケットにもたらすことは、大変意義があります。 

5

今後 1、2 年のアプライアンス マーケットの状態をどう予測できますか?

私は、未来が見えるようになってきたと感じます。それは、カストマーの統合によって定義される、複数のプラットフォームで使用可能な製品が重視され、短い設計サイクル、新規プラットフォーム追加と再立ち上げの頻繁な繰り返しです。新しいプラットフォーム機会に際しても引き続き高い電力効率に主眼を置き、「スマート アプライアンス」活動を強調していきましょう。 

消費者向けのイノベーションを誰よりも先にマーケットにもたらすことが、勝利に結びつきます。
Jim Connors,
フィールド エンジニアリング ディレクタ
Jim Connors
Jim Connors
主要なプラットフォームに起こりうる新しいテクノロジによる変革は、すべて新しい機会につながると信じています。必要とされるものへの適切な対応が 今後数年間のキーとなります。

アプライアンス フィールド エンジニアリング ディレクタの Jim Connors は、お客様とパートナとなり、製品およびアプリケーション ソリューションを提供しています。 彼は、カストマー エクスペリエンスを全体的に向上するための、アプライアンス事業部門と TE の異なる事業部門との間のチームワークの重要性を強調しています。 1980 年代、Jim Connors は電子部品パッケージ エンジニアで、AMP Incorporated のお客様の軍事製品の設計を担当していました。AMp は 1999 年に TE に買収されました。ジョイント プロジェクトを担当していた彼は、TE の企業文化、イノベーション、専門技術全般に惹きつけられました。 現在、TE での 28 年以上の実績を基に、内部および外部のカストマー サポートを提供し、カストマーをチームの中心ポイントに置き、アプライアンス事業を牽引しています。「カストマー エクスペリエンスを重視することを強調すると、カストマーの声を組織の前面と中心にもたらす機会が与えられます。

1

TE で仕事をしていて最も楽しいことは何でしょう?

私はカストマーとのやりとり、アプリケーションのチャレンジ、カストマーと TE 内のさまざまな部門のチーム メンバとの協力によって革新的なソリューションを見出すことを楽しみとしています。10 年以上大型アプライアンス OEM に携わってきた結果、私はエンジニアリング、購買、工場、そしてオペレーションに没頭するようになりました。チャレンジと同時に、大変役立つ学習体験をしました。 

2

現在の役割でのご自分のマネージメントのスタイルと、その下にあるビジネス スタイルは何でしょうか?

チームワークは成功のキー (鍵) です。アプライアンスとしての私たちの使命は、製品ラインと専門的な能力分野全体からソリューションを導き、フィールド セールス技術チームに包括的なサポートを提供することです。対象となる市場、産業分野、カスタマーが必要としているソリューションが TE にあることを強調し、次の設計プラットフォームに主眼を置くことが戦略となります。 

3

どのような概念やアイディアに魅力を感じますか?

TE ポートフォリオにセンサ製品が最近追加されたことには、注目すべきです。現在のアプライアンスの用途の多くはなんらかのセンサを使用しており、相互接続したソリューションを必要としています。さらに、Connected Home 分野のアプライアンスは引き続き成長し、カストマーに新しい価値をお届けする新規のソリューションを発見することは、非常にわくわくします。 

4

カストマーとの関係を構築する場合に注目すべき点は何でしょうか?

歴史的に、TE の企業文化はカストマーの満足度に貢献してきました。現在、カストマー エクスペリエンスの向上に新たな注目が置かれている中、これを企業全体として次のレベルに進めることができます。「速度への必要性」が現在マーケットを牽引しています。消費者向けのイノベーションを誰よりも先にマーケットにもたらすことは、大変意義があります。 

5

今後 1、2 年のアプライアンス マーケットの状態をどう予測できますか?

私は、未来が見えるようになってきたと感じます。それは、カストマーの統合によって定義される、複数のプラットフォームで使用可能な製品が重視され、短い設計サイクル、新規プラットフォーム追加と再立ち上げの頻繁な繰り返しです。新しいプラットフォーム機会に際しても引き続き高い電力効率に主眼を置き、「スマート アプライアンス」活動を強調していきましょう。 

消費者向けのイノベーションを誰よりも先にマーケットにもたらすことが、勝利に結びつきます。
Jim Connors,
フィールド エンジニアリング ディレクタ