ストーリー
Matt McAlonis
Matt McAlonis
お客様は、小型・軽量で材料適合性を備えた、信頼性の高い高帯域幅ソリューションを求めています。

機械工学の学位を取得 Matt McAlonis は、通信、コンピュータ、デジタル家電製品をはじめ、航空宇宙および防衛産業分野において 18 年以上の経験があります。コネクタ関連の技術で 25 件以上の特許を取得、Lean Design for Six Sigma では Black Belt 認定を受けており、TE Connectivity チームの主要メンバーとして活動しています。 

1

現在の役職を教えてください。

TE の Global Aerospace, Defense and Marine 部門の Senior Development Engineering Manager です。 

私が担当する分野のお客様が用途に適した製品を見つけられない場合、お客様のご相談に応じてそのような製品を開発します。基本的に、お客様のサポートは、TE 製品の機能についてお客様に理解していただく、設計に入る前の段階です。そこでお客様のニーズに適した製品がないとわかった場合に、私のチームがお客様に適した製品を設計します。 

2

最も楽しいと思う業務は何ですか?

「ゼロ・グラビティ」という映画がありますが、この映画の中で、登場人物たちは機能停止した人工衛星から船外活動によって紙のマニュアルを取り出そうとします。私たちがやっていることは、まさにこのようなことなのかもしれません。私たちが手がける電子機器は、故障が許されません。故障すれば、電子機器の性能が非常に大きなリスクにさらされます。

この業界では、多種多様な技術や用途、そして困難を伴う技術的な問題に直面しますが、私たちは、そのような問題を解決するソリューションの一翼を担うことができます。それは、非常にやりがいを感じる経験です。

当社製品の中には、人々の安全確保を目的としたものがあります。私たちは、商用航空機で乗客の安全を確保し、軍隊を支援し、相互連絡を促進し、脅威を取り除くデバイスやシステムに携わっています。これはすべて、一翼を担うことができる機会です。お客様と密接に協力し合う時、技術的な手段によって世界をより良い場所にしていると実感できます。

3

専門分野は何ですか?

新しい意匠を開発中で、それがコネクタだとすると、その技術で重要となるのは、完成度の高さとしっかりと機能することです。当社では、試験やシステム設計を通じて、その業界でうまく活用できる技術を生み出すことができます。  

私が携わってきた技術のひとつに、圧入技術があります。これは不完全なはんだ付け問題を解決し、再作業性を実現する技術です。私の専門は、堅牢な高速コネクタや PCB 相互接続、コンプライアント ピン技術、VME/VPX システム ソリューション分野です。 実際には、パワー コネクタ、信号コネクタとその内部の高速信号、次世代の回路基板アセンブリなどの近傍空間機器を手がけています。当社が取り扱う技術とシステムは幅広く、業務の範囲も多岐にわたります。 

4

どのような業界団体や組織と関わりがありますか?

私は、VITA 作業部会のメンバーです。VITA は、当社が設計した特定のコネクタを使用する、宇宙飛行相互接続に対応した新しい規格を策定する組織です。高耐久組み込みコンピューティングを大きく飛躍させるステップとなるため、その一員を務めるのは楽しいことです。また、AUSA (合衆国陸軍協会) の会員でもあります。

5

最も行ってみたい場所はどこですか?

これまでさまざまな場所を訪れ、さまざまな文化に触れてきましたが、聖地パレスチナに行ってその神秘性と豊かな人間の歴史を肌で感じてみたいですね。 

私たちは、今住んでいる場所の歴史に深く関わっているわけではなく、どうやってここにたどり着いたのかも知りません。でも、エルサレムや 2,000 年前にさまざまな重要な出来事が起こった場所の話は、誰でも知っています。この地域は、人類のゆりかごともいうべき場所であり、千年紀の間同じ場所に存在し続けた道を歩くことを考えただけでも感動を覚えます。

関連資料
Matt McAlonis
Matt McAlonis
お客様は、小型・軽量で材料適合性を備えた、信頼性の高い高帯域幅ソリューションを求めています。

機械工学の学位を取得 Matt McAlonis は、通信、コンピュータ、デジタル家電製品をはじめ、航空宇宙および防衛産業分野において 18 年以上の経験があります。コネクタ関連の技術で 25 件以上の特許を取得、Lean Design for Six Sigma では Black Belt 認定を受けており、TE Connectivity チームの主要メンバーとして活動しています。 

1

現在の役職を教えてください。

TE の Global Aerospace, Defense and Marine 部門の Senior Development Engineering Manager です。 

私が担当する分野のお客様が用途に適した製品を見つけられない場合、お客様のご相談に応じてそのような製品を開発します。基本的に、お客様のサポートは、TE 製品の機能についてお客様に理解していただく、設計に入る前の段階です。そこでお客様のニーズに適した製品がないとわかった場合に、私のチームがお客様に適した製品を設計します。 

2

最も楽しいと思う業務は何ですか?

「ゼロ・グラビティ」という映画がありますが、この映画の中で、登場人物たちは機能停止した人工衛星から船外活動によって紙のマニュアルを取り出そうとします。私たちがやっていることは、まさにこのようなことなのかもしれません。私たちが手がける電子機器は、故障が許されません。故障すれば、電子機器の性能が非常に大きなリスクにさらされます。

この業界では、多種多様な技術や用途、そして困難を伴う技術的な問題に直面しますが、私たちは、そのような問題を解決するソリューションの一翼を担うことができます。それは、非常にやりがいを感じる経験です。

当社製品の中には、人々の安全確保を目的としたものがあります。私たちは、商用航空機で乗客の安全を確保し、軍隊を支援し、相互連絡を促進し、脅威を取り除くデバイスやシステムに携わっています。これはすべて、一翼を担うことができる機会です。お客様と密接に協力し合う時、技術的な手段によって世界をより良い場所にしていると実感できます。

3

専門分野は何ですか?

新しい意匠を開発中で、それがコネクタだとすると、その技術で重要となるのは、完成度の高さとしっかりと機能することです。当社では、試験やシステム設計を通じて、その業界でうまく活用できる技術を生み出すことができます。  

私が携わってきた技術のひとつに、圧入技術があります。これは不完全なはんだ付け問題を解決し、再作業性を実現する技術です。私の専門は、堅牢な高速コネクタや PCB 相互接続、コンプライアント ピン技術、VME/VPX システム ソリューション分野です。 実際には、パワー コネクタ、信号コネクタとその内部の高速信号、次世代の回路基板アセンブリなどの近傍空間機器を手がけています。当社が取り扱う技術とシステムは幅広く、業務の範囲も多岐にわたります。 

4

どのような業界団体や組織と関わりがありますか?

私は、VITA 作業部会のメンバーです。VITA は、当社が設計した特定のコネクタを使用する、宇宙飛行相互接続に対応した新しい規格を策定する組織です。高耐久組み込みコンピューティングを大きく飛躍させるステップとなるため、その一員を務めるのは楽しいことです。また、AUSA (合衆国陸軍協会) の会員でもあります。

5

最も行ってみたい場所はどこですか?

これまでさまざまな場所を訪れ、さまざまな文化に触れてきましたが、聖地パレスチナに行ってその神秘性と豊かな人間の歴史を肌で感じてみたいですね。 

私たちは、今住んでいる場所の歴史に深く関わっているわけではなく、どうやってここにたどり着いたのかも知りません。でも、エルサレムや 2,000 年前にさまざまな重要な出来事が起こった場所の話は、誰でも知っています。この地域は、人類のゆりかごともいうべき場所であり、千年紀の間同じ場所に存在し続けた道を歩くことを考えただけでも感動を覚えます。