一体型モジュール アビオニクスおよび分散アビオニクスの離陸

一体型モジュール アビオニクスおよび分散アビオニクスの離陸

『Military Embedded Systems』からの再掲載

航空宇宙の埋め込み型コンピュータ用途で順応性を実現するには、一体型モジュール アビオニクス (IMA) が重要です。IMA を達成する手段として分散アビオニクスの人気が高まる中で、航空機の設計者は、パッケージングにおける最新の進歩を利用して分散システムの簡略化とコスト効率の向上を目指しています。民間航空宇宙業界は、ARINC 429 などの従来のプロトコルから ARINC 664 や 629 などの高速イーサネットベースのプロトコルに移行しつつあります。同様に、米軍も商業界の膨大な実績を活用するため、イーサネットを幅広く採用しています。もはやアプリケーションの需要はギガビットや 10G の通信速度では対応できず、ミリタリ用途向けの 40 Gb/s イーサネットもリリースされています。

一体型モジュール アビオニクスおよび分散アビオニクスの離陸

一体型モジュール アビオニクスおよび分散アビオニクスの離陸

『Military Embedded Systems』からの再掲載

航空宇宙の埋め込み型コンピュータ用途で順応性を実現するには、一体型モジュール アビオニクス (IMA) が重要です。IMA を達成する手段として分散アビオニクスの人気が高まる中で、航空機の設計者は、パッケージングにおける最新の進歩を利用して分散システムの簡略化とコスト効率の向上を目指しています。民間航空宇宙業界は、ARINC 429 などの従来のプロトコルから ARINC 664 や 629 などの高速イーサネットベースのプロトコルに移行しつつあります。同様に、米軍も商業界の膨大な実績を活用するため、イーサネットを幅広く採用しています。もはやアプリケーションの需要はギガビットや 10G の通信速度では対応できず、ミリタリ用途向けの 40 Gb/s イーサネットもリリースされています。