タイコ エレクトロニクス ジャパン沿革

沿革

1957年、日本に進出した当社 (旧 : 日本エー・エム・ピー)は、外資100%の日本法人として最も歴史のある会社のひとつです。当時、当社の「圧着端子」は、はんだを使わない接続方式として脚光を浴びました。その後60年間にわたり、様々な機器に当社の電子部品は使われてきました。当社の創立から現在に至るまでの歴史をご紹介します。

1941年

9月

AMP Incorporated(米国親会社)創立    

1957年

7月

在日子会社として日本エー・エム・ピー株式会社設立。本社を東京都港区、
工場を神奈川県川崎市登戸に置く

1969年

9月

静岡工場設立 

1973年

9月

技術センター開設 

1974年

7月

物流センター開設 

1980年

8月

川崎工場増設(技術センター移転)

1984年

12月

静岡物流センター開設

1985年

4月

川崎物流センター開設

1988年

8月

本社を神奈川県川崎市高津区に建設、移転。併せて分室等も移転し、本社各部機能を集結 

1992年

11月

本社(営業部門を除く)・川崎工場・静岡工場でISO9001認証取得 

12月

静岡第二工場設立

1994年

12月

本社営業部門・各支店を含む全社機構でISO9001認証取得 

1996年

10月

静岡工場でISO14001認証取得 

1997年

7月

物流センター(Japan Central Distribution Center)を静岡県大井川町に設立、国内物流倉庫を統合

12月

筑波事業所ISO14001認証取得  

1998年

9月

本社・工場の自動車部門でQS-9000認証取得

1999年

1月

川崎工場増改築に伴い、川崎エンジニアリングセンターに改称  

4月

AMP Inc.、Tyco International Ltd.との合併が完了、タイコ グループの一員となる  

9月

AMP Inc.、Tyco Electronics Corporationに社名変更  

2000年

2月

日本エー・エム・ピー株式会社からタイコ エレクトロニクス アンプ株式会社に社名変更  

2005年

9月

静岡工場ISO/TS16949認証取得 

2007年

6月

Tyco ElectronicsはTyco International Ltd.より独立し、ニューヨーク証券取引所(NYSE)で株式を上場  

2009年

9月

タイコ エレクトロニクスの日本法人を統合し、タイコ エレクトロニクス ジャパン合同会社に社名変更(英語名:Tyco Electronics Japan G.K.)  

2011年

3月

企業ブランドが、Tyco ElectronicsからTE Connectivityになる 

2012年

4月

Deutsch Group (ドイチェ)が、TE Connectivity Ltd.のグループの一員となる 

2013年

5月

掛川工場設立

2014年

4月

SEACON Group(シーコン)が、TE Connectivity Ltd.のグループの一員となる

9月

AST(アメリカン センサ テクノロジーズ)が、TE Connectivity Ltd.のグループの一員となる

10月

Measurement Specialities(メジャメント スペシャリティーズ)が、TE Connectivity Ltd.のグループの一員となる

2015年

2月

AdvanceCath(アドバンスキャス)が、TE Connectivity Ltd.のグループの一員となる

2016年

4月

Creganna Medical Group(クレガナ メディカル)がTE Connectivity Ltd.のグループの一員となる

12月

Intercontec Group(インターコンテックグループ)が、TE Connectivity Ltd.のグループの一員となる

2017年

4月

MicroGroup(マイクログループ) がTE Connectivity Ltd.のグループの一員となる

6月

Hirschmann Car Communication(ヒルシュマン・カー・コミュニケーション) がTE Connectivity Ltd.のグループの一員となる