TE Japan にとって大切なこと – カスタマーファースト

TE Japan にとって大切なこと – カスタマーファースト

当社 は、1957 年以降、日本における外資系企業の先駆的存在として、日本の高度経済成長に呼応して成長し続けてきました。また、最新技術への対応を軸にさらなる飛躍を目指している。

当社 は、60年にわたって、日本における外資系企業の先駆的存在として、日本の高度経済成長に呼応して成長し続けてきました。 各企業と提携し、各企業のビジネス チェーン全体に対し、新しい価値を生みだしてきました。その中で、お客様自身の用途・システム・ネットワークに先進のコネクティビティを組み込める電子コンポーネントを、当社がデザインし製造することができるようになりました。たとえば、当社の Positive Lock コネクタ は、電子レンジなどの家電製品に広く採用されるようになり、日本での事業基盤をより強固にしていきました。当社の ダイナミック シリーズ コネクタ は、より効率的かつ確実に動作するシステム開発を可能にし、産業機器用のデファクトスタンダードコネクタとしての地位を獲得しました。当社は、お客様の成功を手助けすることに注力することで、極めて競争の激しい日本市場で結果を残すために欠かせない強い絆を築いています。当社は日本における 100% 外資の企業としては 2 社目として注目を集め、外資系企業の先駆者として、お客様の壮大なアイディアと迅速に活動を支えていくことが、今後の成功の鍵であると考えております。同時に、世界の安全性、持続性、生産性、接続性を向上させる技術アーキテクチャを開発することによって、その大切な機会を考えながらお客様との提携を行っています。そのことが、当社のお客様が日本を含め世界中で長期にわたって成長する助けになっています。

1957

60 年にわたり、日本各地のお客様が、より安全・持続可能・生産的で、よりつながる世界にする技術を構築できるようにサポートし続けてきました。

FOCUS

当社の掛川工場では、お客様がビジネス チェーン全体に新しい価値の機会を生み出す次世代の自動車向け電子部品の開発とフル生産を行っています。

Terrence Curtin (CEO) と TE ジャパン従業員。東京でのイベントにて。
Terrence Curtin (CEO) と TE ジャパン従業員。東京でのイベントにて。
TE Japan 掛川工場

TE Japan 掛川工場この設備では次世代の自動車向け電子部品の開発および生産を行っています。

     

日本におけるイノベーションの歴史
日本におけるイノベーションの歴史
  1. 未来のためのエンジニアリング

TEのエンジニアは、一見不可能なことをいかに実現できるかに日々チャレンジしています。以前は不可能だったアイデアをいかに可能にするか、TE がどのように貢献しているのかをイメージしたムービーをご覧ください。