TE 新製品: U.2 ライト アングル リセプタクル

U.2 コネクタ

OCP 準拠 U.2 ライト アングル リセプタクル

新しいリセプタクルによる U.2 コネクタ ファミリの拡張

April 12, 2017

米国ペンシルベニア州ハリスバーグ – 2017 年 4 月 12 日 – 接続およびセンサ ソリューションの世界的リーダーである TE Connectivity (TE) は、本日、新しい U.2 SFF-8639 ライト アングル SAS リセプタクル コネクタを発表しました。このコネクタは、PCIe ベースのストレージ ユニット設計を対象とする Open Compute Project (OCP) Lightning ハードウェア システムの仕様を満たす、高い信頼性を備えています。この新しいライト アングル構成により、TE のこれまでの U.2 SFF-8639 コネクタのポートフォリオがさらに充実し、SAS および PCIe ベースのどちらのデバイスにも対応する設計オプションが提供されます。

 

新しい U.2 SFF-8639 コネクタは、最大定格 12 Gbps で、SFF-8482、SFF-8630、SFF-8680 製品と後方互換性があり、すばやく簡単にシステムをアップグレードすることができます。サーバ、外部ストレージ システム、HDD/HD キャリア、プロセッサ ブレードおよびメザニン カードにおける使用に最適です。

 

TE Connectivity の Data and Devices 部門で入出力 (I/O) 製品のプロダクト マネージャを務める Melissa Knox は、次のように述べています。「TE の高品質な製造プロセスにより、OCP Lightning ハードウェア システムの仕様を満たす、高い信頼性を備えたライト アングル U.2 コネクタが実現しました。この新製品により、さまざまな用途に対応する U.2 コネクタのポートフォリオが拡充されます。」
 

TE について

TE Connectivity (NYSE: TEL)は接続技術において世界をリードする年間売上120億米ドルのグローバルカンパニーです。TEのイノベーションへの強い情熱は、自動車、産業機器、メディカル、エナジー、データ・コミュニケーションから スマートホームに至る様々な産業の発展に寄与しています。あらゆる分野に広がるTEのコネクティビティおよびセンサソリューションは、過酷な環境下でも機能が立証されており、より安全で環境に優しくスマートで、より一層つながる世界の創出に貢献しています。7,000名を超える設計エンジニアを含む約7万5千名の従業員を擁するTE Connectivityは、世界150カ国のお客様とパートナーシップを結び、『EVERY CONNECTION COUNTS』(私たちは、すべてのつながりを大切にします)という理念の下、これからも皆さまのビジネスをサポートし続けます。 タイコエレクトロニクスジャパン合同会社は、TE Connectivityの日本法人です– www.TE.com.

詳細を表示