TE 新製品: LITESURF 圧入技術用錫フリー電気めっき

LITESURF

LITESURF めっき技術

TE Connectivity の持続可能な新しい LITESURF めっき技術は、自動車用電子部品に発生するウィスカのリスクを最小限に抑えます。圧入めっき用途に適した新しいビスマス (Bi) ベース ソリューションは、錫めっきソリューションに比べ、ウィスカの発生リスクを 1,600 分の 1 以下に抑えることができます。

January 09, 2018

ドイツ、ベンスハイム – 接続とセンサ ソリューションの世界的リーダーである TE Connectivity (TE) は本日、電子部品に短絡を起こし、システム障害の原因ともなるウィスカのリスクを最小限に抑えるために設計された LITESURF めっき技術を発表しました。圧入用途に適した TE の新しいビスマス ベース ソリューションは、錫めっきソリューションに比べ、ウィスカの発生リスクを 1,600 分の 1 以下に抑えることができます。

車両に搭載されるエレクトロニクスの増大に伴い、自動車部品メーカは、プリント基板 (PCB) の接続に圧入技術を利用するようになってきました。ピンにめっきを施すことにより、潤滑が容易になり、酸化やその他の原因で生じる表面損傷から保護することができます。従来、めっきの技術は錫 (Sn) と鉛 (Pb) の合金が主流でしたが、世界的な有害物質の段階的廃止の動きに伴って、ピンのめっきソリューションには主に錫が利用されています。

錫にも、PCB にピンを挿入する間に錫皮膜に応力がかかるとウィスカが発生するリスクなど、それなりに限界があります。錫のウィスカは、他の金属部品との隙間を埋めるほどに成長することがあります。また極端な場合は、電子部品に短絡が生じて、システム障害に至る可能性もあります。結果として、自動車部品メーカは新たな代替品を求めています。

TE Connectivity の R&D 部門のシニア マネージャを務める Frank Schaber は、次のように述べています。「自動車メーカは、圧入など、信頼性の高い無はんだ技術の利点を認識している一方で、ウィスカ発生のリスクも抑えたいと考えています。当社の LITESURF めっき技術は、錫の優れた特性をすべて備え、しかもウィスカ発生のリスクを最小限に抑える無害物質であるビスマスに基づいています。めっきの生産ラインでは、プロセスに及ぶ影響を最小限に抑えながら、容易に錫と入れ替えることができます。」 

TE の LITESURF めっき技術の詳細については、ここをクリックしてご覧ください。

 

メディア広報窓口:

April Klimack

TE Connectivity

+1 717 599-1495

april.klimack@te.com

免責: このドキュメントには、TE Connectivity (TE) の最先端の業績が反映されています。TE は、掲載されている情報の正確性を確保するためにあらゆる合理的な努力を払っていますが、誤りが含まれていないことを保証するものではありません。また、この情報が正確で正しく、信頼できる最新のものであることについて、一切の表明、保証、約束を行いません。TE は、ここに掲載されている情報に関するすべての黙示的保証を明示的に否認します。これには、あらゆる商品性の黙示的保証、または特定の目的に対する適合性が含まれますが、これらに限定されるものではありません。このドキュメントの内容は、通知なく変更される場合があります。最新の寸法と設計仕様については、TE にお問い合わせください。

 

LITESURF、TE、TE Connectivity、TE connectivity (logo)、EVERY CONNECTION COUNTS は、TE Connectivity Ltd. グループ会社の商標です。 

TE について

TE Connectivity社は接続技術において世界をリードする年間売上130億米ドルのグローバルメーカです。最先端の技術開発により、安全で環境に優しくスマートで、より一層つながる世界の創出に貢献しています。TEのコネクティビティおよびセンサソリューションは、75年以上に渡り過酷な環境下において機能が立証されており、自動車、産業機器、メディカル、エナジー、データ・コミュニケーションからスマートホームに至る様々な産業の発展に寄与しています。7,000名を超える設計エンジニアを含む約7万8千名の従業員を擁するTE Connectivity社は、世界約150カ国のお客様とパートナーシップを結び、『EVERY CONNECTION COUNTS』(私たちは、すべてのつながりを大切にします)という理念の下、これからも皆さまのビジネスをサポートし続けます。詳細はwww.te.com や各種SNS (LinkedIn, Facebook, Twitter)をご覧ください。 タイコエレクトロニクスジャパン合同会社は、TE Connectivity社の日本法人です。

詳細を表示