TE 新製品: ロー プロファイル DDR3 SODIMM

ロープロファイル片面 DDR3 SODIMM コネクタ

ロー プロファイルでピーク性能: 高速用途向けの設計。

当社の新しいロー プロファイル、片面ダブルデータレート 3 (DDR3) スモール アウトライン デュアル インライン メモリ モジュール (SODIMM) コネクタは、高速データ用途でピーク性能を発揮します。

February 04, 2013

TE Connectivity (TE) は、高速データ用途でピーク性能を発揮する新しいロー プロファイル片面 DDR3 (ダブルデータレート 3) SODIMM (スモール アウトライン デュアル インライン メモリ モジュール) コネクタを発表しました。

このコネクタは新しい DDR3 片面 SODIMM を装着できるように設計されており、デバイスの機能、速度、使いやすさを最適化する耐久性の高い接続を実現します。同様のロー プロファイル製品と比較して高さが 35 パーセント低減されているため、最終製品の高さも 5 ~ 10 パーセント低くなります。また、マザーボードの影の部分の面積もおよそ 156 mm2 小さくなります (一般的なデュアルソケット実装の場合は 312 mm2)。この DDR3 SODIMM コネクタは、JEDEC MO268 業界標準に準拠したモジュールに対応し、標準タイプと反転タイプが用意されています。 この製品の利点は以下のとおりです。

  • コネクタの高さを 35 パーセント低減
  • レイアウト スペースを 6 パーセント縮小
  • デバイスの高さを 5 ~ 10 パーセント低減することに貢献
  • 新しいモバイル コンピューティング フォーム ファクタに対応した超ロー プロファイル

特徴

ロープロファイル DDR3 SODIMM
  • 0.6 mm ピッチ
  • 204 ポジション
  • コネクタの高さ: 2.6mm
  • 片面メモリをサポート
  • STD タイプと RVS タイプをご用意
  • 傾斜挿入

用途

  • ウルトラポータブル デバイスおよびノートパソコン
  • デスクトップおよびオールインワン パソコン
  • タブレット

TE について

TE Connectivity (NYSE: TEL)は接続技術において世界をリードする年間売上120億米ドルのグローバルカンパニーです。TEのイノベーションへの強い情熱は、自動車、産業機器、メディカル、エナジー、データ・コミュニケーションから スマートホームに至る様々な産業の発展に寄与しています。あらゆる分野に広がるTEのコネクティビティおよびセンサソリューションは、過酷な環境下でも機能が立証されており、より安全で環境に優しくスマートで、より一層つながる世界の創出に貢献しています。7,000名を超える設計エンジニアを含む約7万5千名の従業員を擁するTE Connectivityは、世界150カ国のお客様とパートナーシップを結び、『EVERY CONNECTION COUNTS』(私たちは、すべてのつながりを大切にします)という理念の下、これからも皆さまのビジネスをサポートし続けます。 タイコエレクトロニクスジャパン合同会社は、TE Connectivityの日本法人です– www.TE.com.

詳細を表示