TE 新製品: DEUTSCH 軽量バルクヘッド フィードスルー

バルクヘッド フィードスルー

DEUTSCH 軽量バルクヘッド フィードスルー

当社の新しい軽量バルクヘッド フィードスルーは、従来の TE スタンダード オス型端子フィードスルーに比べ、最大 50% の軽量化を実現しています。シェル サイズ 17 および 23 が用意されており、取り付け寸法は業界標準の MIL-DTL-38999 と同じです。

June 20, 2017

接続およびセンサの分野で世界をリードする TE Connectivity (TE) はこのたび、新しく開発された DEUTSCH 軽量バルクヘッド フィードスルーを発表しました。このハイパワー コネクタは、バルクヘッド装置を通じた電力の接続に軽量な手段を提供します。民間およびミリタリ航空機と陸上車両の配電における非常に過酷な環境に適合する TE の新しいバルクヘッド アルミニウム フィードスルーは、従来の TE スタンダード オス型端子フィードスルーよりも最大 50% の軽量化を実現しています。

TE の DEUTSCH 軽量フィードスルーは、業界標準の MIL-DTL-38999 フットプリントに基づいているため、省スペースと低コストを実現します。コネクタは、ねじ式端子シェルのサイズ 17 および 23 が用意されています。優れた耐腐食性を備え、高電流処理オプションも用意されています。

TE Connectivity の Global Aerospace, Defense & Marine 部門で Product Manager を務める James Cowap は、次のように述べています。「これらの軽量バルクヘッド フィードスルーは、TE の既存の POLAMCO ブランドのパワーコネクタを補完するために設計されています。軽量バージョンでありながら、最大 500 A の電流が必要とされる過酷な環境の用途に適合し、フットプリントは業界標準の 38999 パネルと同じです。」

軽量フィードスルーは、EMI フィルタおよび EMP フィルタ向けのオプションと合わせ、カドミウム、亜鉛ニッケル、ニッケルのめっき加工、角形フランジまたはジャム ナットのパネル取り付けなど、さまざまな過酷な用途に合わせてカスタマイズすることができます。

TE について

TE Connectivity (NYSE: TEL)は接続技術において世界をリードする年間売上120億米ドルのグローバルカンパニーです。TEのイノベーションへの強い情熱は、自動車、産業機器、メディカル、エナジー、データ・コミュニケーションから スマートホームに至る様々な産業の発展に寄与しています。あらゆる分野に広がるTEのコネクティビティおよびセンサソリューションは、過酷な環境下でも機能が立証されており、より安全で環境に優しくスマートで、より一層つながる世界の創出に貢献しています。7,000名を超える設計エンジニアを含む約7万5千名の従業員を擁するTE Connectivityは、世界150カ国のお客様とパートナーシップを結び、『EVERY CONNECTION COUNTS』(私たちは、すべてのつながりを大切にします)という理念の下、これからも皆さまのビジネスをサポートし続けます。 タイコエレクトロニクスジャパン合同会社は、TE Connectivityの日本法人です– www.TE.com.

詳細を表示